漫画ネタバレ

不細工の公女になりました34話ネタバレ!過去の契約・・・?

ピッコマ漫画掲載「不細工の公女になりました」34話についてネタバレをまとめました。

【前回のあらすじ】

魔物討伐団であれば、3か月前にはもう帰ったはずで、次の討伐団が来るのは後1か月あるはずだし服装も違うみたい・・・と怪しむシルビア。

そして、男たちが倒れているオークを見つけるとそれがたった一人によってやられたものではないかと言います。

「一人で!?そんな怪物がなぜこの実験室の周りをうろうろしてるんだ!」と言ったことで、

“魔物であふれる森に作られた実験室・・・怪しすぎる”と思うシルビア。

更に男の一人が、オークを倒せる実力のある者って、ひょっとしてダニエル・アトランテが来てたんじゃ!?と言います。

ダニエル・アトランテ。

つまり、シルビアのお兄さん・・・!?

不細工の公女になりました34話ネタバレ

シルビアのお兄さん、ダニエル・アトランテは、後続者教育で忙しく、邸宅にいることが少なく、

実の兄妹にも関わらず気まずい関係なのでした。

幼少期、会うといつもシルビアに優しく接してくれたダニエル。

「シルビア退屈してるの?兄さんと遊ぼうか?」そう微笑みかけるダニエルに、しどろもどろとしながらも嬉しかったシルビア。

しかし彼の断続的な優しさは、シルビアにとってはむしろ毒になるものだったのです。

人に蔑まれ苦しみながら生きている中、そのわずかな希望を捨てられなくなってしまったために・・・

だから中々会えない中で、また久しぶりに会えたとき、笑顔で接してくるダニエルの手を泣きながら振り払ってしまうのでした。

もうその時には、傷とトラウマで心を閉ざしていたのです。

もしも、あの優しいダニエルがずっとシルビアの側にいてくれていたとしたら、少しは状況が変わったのかもしれませんが・・・

そんなダニエルは、アカデミー卒業後すぐエルラムの魔塔へ行き、古代遺跡を調査する口実のもと全大陸を歩き回ったと聞いているシルビア。

もしも大人しく古代遺跡の研究をしているのだとすれば、こんな怪しい連中がダニエルを探すはずがないと怪しむシルビア。

すると、男たちの一人が

「逆にあいつならちょうどいいんだ!どうせ殺そうと思っていたしな。今までよくもネズミのように逃げやがって捕まえることもできなかったからな!」と言うと

「このあたりをくまなく探せ!」と他の男たちに指示するのでした。

今日こそあいつをずたずたにして殺せそうだと笑う男を見て、シルビアは怒りがわいてきます。

“あいつら・・・よくもダニエルお兄さんを・・・”

シルビアが拳をギュッと握ると、シルフィードがシルビアの頭に手を置きながら「君の兄弟を脅かす者たちか?じゃあ生かしておけないな」と目を光らせます。

そして、「おいそこの不細工ども」と話しかけると、男たちはシルフィードの気配に気づきます。

実験室の正体が何かは分からないが、君たちをそこに閉じ込めて殺してやると言うと、右の手のひらから光がでて、

一瞬で男たちの顔面に一撃を食らわせます。

すると、先ほどダニエルを殺してやると言った男は構わずポケットから何かを出し、それを壊すと近くから爆発音が聞こえてきました・

爆発音に驚くシルフィードとシルビア。

そして男は「この地に暗黒の力を・・・」と言いながら、ブルブルと震える手で持っていた毒を飲み自害します。

他の男たちも同様に自害していて・・・

情報が漏れないように毒を飲んで自害を?捕まったからってすぐさま死を選ぶなんて・・・と焦るシルビア。

そんなシルビアに、この3人の男たちが同じペンダントを持っていたと報告するシルフィード。

中に何か入っていることに気づいたシルビアに、自分のマナを流してみれば他の魔力に反応して開くだろうというシルフィード。

さっそくシルビアがペンダントを握りしめて自分のマナを流すと・・・

中には、どうやら男たちが言っていた実験室の位置が記された地図が入っていました。

そしてさっそく地図の場所へ向かうのですが・・・

もうその場所は火事が発生していたのです。

そう、あの時の爆発音はこの火災だったのです。

魔力のかかった火炎で瞬く間に実験室を燃やし証拠隠滅を図ったようです。

一体この実験室で何が・・・?

手掛かりはこのペンダントだけ・・・

そう思っていると、急に強い頭痛がシルビアを襲います。

気を失いかけるシルビアに、もしシルビアが気絶してしまうと自分は精霊界に戻されてしまうのだと焦るシルフィード。

そしてシルビアを抱えると、家に連れ帰ってやるからもう少し頑張ってくれ!と言います。

そして・・・

意識を失ってしまったシルビアが目を覚ますと、そこは夢の中で・・・?

そこには、悪魔のような者がかごの中に入った人間(恐らく昔のシルビア)に「過去に戻れるなら何がしたい?」と話しかけます。

ぼそぼそと人間が何かを言うと、

「それがあなたの望みなのね。忘れないでね私との契約を・・・あなたが過去に戻ったら・・・」

そういうと、鋭い視線をシルビアに向け、その瞬間シルビアははっと目を覚まして・・・!?

不細工の公女になりました34話ネタバレ感想

過去に戻ったら・・・?

まさか昔のシルビアは悪魔と契約をしていたのかもしれませんね・・・?

不細工の公女になりました35話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍