漫画ネタバレ

不細工の公女になりました51話ネタバレ!魔物が集団でシルビアに・・・!?

ピッコマ漫画掲載「不細工の公女になりました」51話についてネタバレをまとめました。

【前回のあらすじ】

不細工の公女になりました50話ネタバレ!はこちら

シルビアは 今更どうして自分の味方をしようとするの?今までどんなに侮辱されても知らんふりしてきたくせに今更お兄さんごっこでもするつもりですか!?と怒鳴ります

ケードリックはバツが悪くなりながらも、どう思ってもいいから決闘はやめろ、お前よりもチェフ男爵の方が狩りは上手いだろうから・・・心配なんだよ!と説得します

シルビアは、結果は誰にもわからない と言い聞く耳を持ちませんが、去り際に 怒ってくれてありがとうございました とお礼を言うのでした・・・

そしていよいよ狩り大会が開催されます・・・!

不細工の公女になりました51話ネタバレ

シルフィードと連携を取り、次々に魔物を仕留めていくシルビア

このくらい仕留めれば最高記録でしょう、チェフ男爵は軽く超えそう!と喜びシルフィードに感謝するシルビア

シルフィードはどや顔で 自分にはなんでもないことさ!でも感謝の気持ちは今まで通り表してくれ!と言います

シルビアはそろそろ戻りましょうと言いながらも、

魔物たちが突然外の兵舎を襲撃したのは狩り大会が終わる直前だったなと思い出し念のためはやめに戻って準備をしようと思っていると・・・

シルフィードがシルビアを止めます!

マットドッグ10匹が接近している!後方にはオーク8匹、右側から赤熊3頭、左側からスライム20匹・・・接近中!

魔物たちが群れで行動するはずがないのになぜ!?と焦るシルビア

シルフィードが攻撃すれば一発で制圧できるけど 変な傷があれば主催側から疑われるかもしれないし・・・

絶対に自分の矢で倒さないといけないけど数が多すぎる・・・!そう困っていると、

助っ人に現れたのはなんと皇太子でした

シルビアと皇太子はお互いに背中を預け、魔物に向かって攻撃を開始します

シルビアは皇太子に感謝を伝えると、皇太子は手を差し伸べて

お返しに、狩り大会後の舞踏会で以前シルビアが断ったダンスを一緒に踊って欲しい と言ってきます

なんで自分とそんなに踊りたいの?と焦りながらも、面倒なことに巻き込まれたくないシルビアは何も返せず・・・

すると皇太子は、返事を聞く前に見せたいものがあると言い・・・

そこにいたのは、捕縛されたチャフ男爵でした

シルビアを襲撃した魔物たちを見て変だと思わなかったか?と問う皇太子

マットドッグはブレで動く習性があるけど 赤熊は成体になれば独立するし縄張りに敏感で一緒に行動することはあり得ない

スライムは自分より上位の種族を発見したらけして近づかない

そう解析し、その上でこの異常な状況を作ったのがこの男だ とチェフ男爵のことを指して言います

狩りをしないで魔物たちに何かを振りかけているのを偶然見つけ、不思議と魔物たちはチェフ男爵に操られるように動き出し・・・

怪しいから後を追うと、魔物が一か所に集合した場所になんとシルビアがいた

そう言われ、衝撃を受けるシルビア

詳しい経緯を調べようと問いただすも、離そうとすると舌が固まってしまう秘密漏洩防止のための魔法がかかってダメだったことから

こいつの背後には誰かいるようだ と、皇后の事を思い浮かべながら語る皇太子

そしてそれを聞いていたシルフィードは怒り、周囲には風が吹き始めます

皇太子は もしかしてこの風は自分の話を聞いてシルビアの精霊が怒ったのかな?と勘付きます

シルビアは 森に風が吹くのは普通でしょう 涼しくていいですね ハハハ と下手な芝居をしながらも、どうか怒りを鎮めて・・・!とシルフィードの力を収めようとします

シルフィードは悲しい顔をしながら 困らせて悪かったと言い風を収めます

そして皇太子が チェフ男爵を連れ去っていくと、今度は女性の悲鳴が聞こえてきます・・・!

それは兵舎にいるエイリンの声で その目の前には巨大な魔物が・・・!!

不細工の公女になりました51話ネタバレ感想

またエイリン・・・またエイリンが狙われている・・・!

以前のシルビアがエイリンに不幸を呼ぶ魔法とかかけているのでは?と思ってしまいますが・・・

早く助けに向かってシルビア!

不細工の公女になりました52話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍