漫画ネタバレ

女神のカフェテラス42話ネタバレ!白菊が祖母の隼への思いを語る!

2022年1月12日発売の週刊少年マガジン7号掲載の「女神のカフェテラス」のネタバレについてまとめました。

女神のカフェテラスの最新刊1巻を無料で読む方法まとめました!

女神のカフェテラスの最新刊3巻を無料で読む方法まとめました!9月17日発売の「女神のカフェテラス」の最新刊3巻を無料で読む方法をまとめました。 女神のカフェテラスを無料で読むならU-NEXT...

女神のカフェテラスを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

女神のカフェテラスを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ週刊少年マガジンで連載している「女神のカフェテラス」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 女神のカフェ...

【前回のあらすじ】

隼はふとしたきっかけで、祖母がかつて三ツ星レストランのシェフだったことを知ります。

白菊は料理人を辞めた理由は口止めされていると言いますが、隼は彼女が料理人を辞めたのは自分のせいだと考えるのでした。

女神のカフェテラス41話ネタバレはこちら

女神のカフェテラス42話ネタバレ

ご飯を食べ終わった後、少女たちは隼が夕飯もあまり食べておらず、元気がなかったと話していました。

白菊は流星に何か知っているかと聞かれますが、少し俯いて考えた後、「ううん・・・なにも・・・」と答えます。

 

一方店の中にいる隼は、スマホで祖母のことを調べていました。

祖母のプロフィールには18歳で料理の世界に入り、数々の有名店で修業を積み、19年間総料理長を務めたスペインのレストランはミシュランガイドの三つ星を獲得したと書かれています。

その後、スペインのオーナーシェフとしてレストラン「アネーロ」の出店を予定していたようですが、完成直前に建築工事を打ち切り帰国し、消息不明となっているようです。

ちなみにアネーロはスペイン語で「憧れ」という意味です。

祖母がスペインに渡ったのは、隼の父が高校を卒業したくらいの時期。

子育てもひと段落して、やっと憧れの国に行く余裕ができたという頃でした。

しかしその時に隼の両親が交通事故で亡くなり、祖母が隼を引き取って育てることになったのです。

そのためお金が必要になった祖母は、不破に頭を下げて彼からお金を借りることに。

隼はせめて出店の工事を進める前なら、あんなやつに頭を下げることもなかったのにと感じました。

さらに隼は、祖母なら銀座や麻布にもう一度レストランを出すことも、やりたいことを続けることもできたはずだけど、自分がそれを邪魔したのだとつぶやきます。

するとその話を聞いていた白菊は、隼は祖母の邪魔はしていないと否定します。

しかし隼は普通に考えたらそうなると言います。

三ツ星レストランのシェフなら出資してくれる人はいたかもしれませんが、そうなったら隼を育てながら道楽で店をやることはできず、ちゃんと儲かるような人気店にする必要があります。

しかも恐らくこの辺りに店を出したいなんて言っても許されず、東京の一等地でやってくれと言われるはずだという隼。

そうなったら隼は広い家で、いつも一人ぼっちになってしまいます。

仮に借金をしてでもここにレストランを出したとして、恐らく祖母の腕ならすぐ人気店になり、スペインで三つ星をとったシェフだと噂にもなるだろうと推測する隼。

しかしそうなればさすがの隼も祖母がこの街に戻ってきた理由に、簡単に気づいてしまいます。

さらに隼は店に「憧れ」と名前を付けるくらいなので、もし何もなければそのままスペインに骨を埋めるつもりだったのかもしれないと語ります。

孫を一人にさせるわけにはいかない、自分の夢を孫のために諦めたなんて知られちゃいけない、だとしたら貧乏でもどこにでもいる普通のばぁさんになることを選んだのではないかと隼は言いました。

しかし白菊は、祖母がシェフを辞めた理由については、やはり何も語りませんでした。

すると隼は白菊に、付き合った相手とは結婚するくらいの覚悟なのかと唐突に問いかけます。

急に何よと驚く白菊。

隼は以前白菊がたとえ両想いになっても、いつかその人を悲しませるから付き合えないと言っていたため、結婚でもしない限り、白菊の父親が祖母の弟子だったなんて自分は想像できないと話します。

すると白菊は少し拗ねたような顔をしながら、隼が悲しむところは見たくなかったものの、もしそのことを知ってしまったなら、伝えなきゃいけないことがあると思っていたと切り出します。

おばあちゃんに口止めされていないことなら、いくらでも教えてあげるという白菊。

実は白菊はシェフを辞めたことを後悔しているかと、祖母に一度だけ尋ねたことありました。

すると祖母は一度もないときっぱり否定しました。

白菊は料理は祖母の生きがいだったんじゃないかと聞きましたが、祖母はそんなことどうでもいいと思えるくらい、隼と過ごした16年が幸せだったと笑顔で話したのです。

さらに祖母はテーブルの上に書いてある隼の落書きを指しながら、自分からよく見えるその席があの子の指定席だったのだと白菊に教えてくれました。

お客さんもそれを知っていて、どんなに店が混んでいてもそこだけは空けておいてくれたのだとか。

そして祖母は、毎日毎日隼とずっと一緒にいられたので、お金なんてなくても、日々成長していく隼の姿を見ていられることが何よりもうれしかった、本当に可愛くて仕方がない、もし今の自分に生きがいがあるとすれば、それは隼だと語っていました。

そのため白菊は、隼が邪魔なわけじゃないのだと言います。

隼はそんなこと言われたことないと返しますが、白菊はおばあちゃんの性格はよく分かってるんでしょ?と問いかけます。

 

その時、隼は以前祖母が家の縁側に座って桜の木を眺めながら、あと何回あんたとこうして桜を見られるんだろうと話していたことを思い出します。

隼は別に何回でも見られる、ばぁさんは長生きしそうだと言いました。

すると祖母は隼が連れてきた嫁をいびり倒すまでは死んでやらないと言って、笑いました。

 

隼はそのことを思い出しながら微笑み、自分はここでばぁさんから一生分の愛情をもらった、そんな店を絶対潰すわけにはいかないと宣言します。

すると白菊は祖母が亡くなった時に、隼がここに帰ってきてもし店を継ぐと言ってくれたら、その時は自分がどんなことがあっても全力で家族として彼のことを支えようと決めていたのだと話しました。

それを聞いた隼は少し照れ臭そうに、じゃあよろしく頼むと返事をしました。

その時、秋水が突然ドアから飛び出してきて、私も頑張る!と泣きながら叫びます。

どうやら他の少女たち4人もこっそり話を聞いていたようで、流星や桜花も泣いていました。

隼はまた聞いてやがったのかと呆れるのでした。

女神のカフェテラスの最新刊1巻を無料で読む方法まとめました!

女神のカフェテラスの最新刊3巻を無料で読む方法まとめました!9月17日発売の「女神のカフェテラス」の最新刊3巻を無料で読む方法をまとめました。 女神のカフェテラスを無料で読むならU-NEXT...

女神のカフェテラスを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

女神のカフェテラスを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ週刊少年マガジンで連載している「女神のカフェテラス」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 女神のカフェ...

女神のカフェテラス42話感想

結局祖母が料理人を辞めた理由は明かされませんでしたが、恐らく隼が想像した通りの理由だと思います。

しかし祖母がシェフを辞めたことは後悔しておらず、隼と一緒に過ごした時間は幸せだったと語っていたことで、隼も救われたのではないでしょうか。

祖母の思いを聞いて温かい気持ちになりました。

次回はどんな展開になるのか楽しみです!

次回の女神のカフェテラス43話が掲載される週刊少年マガジン8号は1月19日に発売されます。

女神のカフェテラス43話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍