漫画ネタバレ

ダイヤのA actⅡ219話ネタバレ!沢村が新球を披露!?

2020年7月15日発売の週刊少年マガジン33号掲載の「ダイヤのA actⅡ」のネタバレについてまとめました。

ダイヤのA actⅡの最新話を全部無料で読む方法は?

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

【前回のあらすじ】

準々決勝・創聖戦を制し、市大三高との準決勝へ駒を進めた青道高校。

難敵との戦いを前に練習により一層身が入るナインたちを横目に、麻生が同級生の女子に告白。

浮かれる麻生の一方で、川上の腕に異変が起こっていました。

ダイヤのA actⅡ218話ネタバレはこちら

ダイヤのA actⅡ219話ネタバレ

準決勝まであと3日。

市大三高野球部が練習を行う中、青道の試合を偵察に行った野球部員が田原監督とミーティングを行っていました。

田原監督は今年の創聖は手強いと見ていましたが、青道がそれを一蹴してしまったため、夏の話題を独り占めしていると話します。

偵察した部員は、青道のベンチの雰囲気もかなり良さそうだったと報告しました。

その時、田原監督の前に市大三高OBが現れました。

田原監督は嬉しそうに彼らを歓迎します。

 

一方トレーニングルームに1人でいる天久は、「お互いベストを」という沢村からのLINEの返信を見つめていました。

そんな天久の元にOBの真中が現れ、天久は突然の訪問に喜びます。

真中は差し入れを持ってきたことを伝えつつ、青道戦を投げる天久に調子はどうだと尋ねました。

天久は悪くないと答え、昨日はベンチで休ませてもらったので、選手たちには感謝していると話します。

投げていてもチームメイトたちが点を取ってくれる気がしてきて、野球星人に見えてくるという天久。

薬師との試合で投げた新球のスライも使えることが分かったため、残りの試合を全部投げるつもりでいると決意を口にします。

それを聞いた真中は一瞬天久が変わったのではないかと感じました。

しかしそうすれば自分はヒーローじゃないか、スポーツ紙にバーンと載って、フォロワーも一気にドーンと増えて、ドラフトで自分の取り合いや奪い合いが始まると、いつもの調子で話し出す天久に、変わってないと真中は考え直します。

それでも(でも・・・ま、これがお前か・・・)と、変わらない天久に真中はどこか安心していました。

 

7月24日。

練習に向かう青道の選手たちですが、麻生だけやけにハイテンションで張り切っていました。

そんな麻生を不思議そうに見つめる御幸や倉持たちに、関は麻生が生まれ変わった、恋のハイパーメタルフォーゼバージョン2.0にアップグレードしたのだと説明します。

それでも理解できない様子の倉持に前園は、はしゃぐ麻生の背中を見つめながら「麻生はな、男を見せたんや」と微笑みました。

そんな中、川上は今日は投げず、明日ブルペンで軽くでいいとチームメイトに話しています。

一方沢村は若葉の「26日に神宮に行くよ」というメッセージを見つめていました。

そこには「チームにとっても大一番だもんね!沢村家もみんな行くって。頑張ってね」という言葉も。

 

その頃、監督室では片岡監督やコーチらが集まり、次の試合に向けてミーティングが行われていました。

まず天久が今の市大三高の中心となっているという落合コーチ。

青道打線にも期待するものの、天久から5点も10点も取るのは容易ではないと言います。

すなわちデッドラインは3点。

3点以上の失点は試合が決まりかねないと推測します。

すると太田コーチは、沢村は初戦こそ硬さはあったものの、春の大会で市大三高相手に見せたピッチングを期待していると言いました。

片岡監督も相手に向かっていく気迫や勢いを含めて、沢村には期待していると同意します。

それでも初回から川上や状況によっては降谷も準備させておくつもりでいるようです。

ここを突破できなければ決勝もないので、26日は総力戦で行くと片岡監督は話しました。

 

一方沢村は奥村に約束通りカーブやスライダーを披露していました。

まずはカーブを投げる沢村。

ボールは奥村が構えたところに狙い通り届き、沢村は喜びますが、奥村は曲がってなかったと言います。

そんな奥村の言葉を無視して、今度はスライダーを投げようとする沢村。

真っすぐと違って指に引っ掛けたり抜いたりするのがカーブですが、沢村はそういう手首の使い方が苦手なので、これまで投げてこなかったのではないかと奥村は感じました。

そして沢村はスライダーを投げました。

すると沢村のスライダーは急速にカーブし、驚く奥村。

しかしボールは地面ではねたため、奥村は取り損ねてしまいます。

沢村自身スライダーは全く制御できず、どこに行くか分からないようで、奥村はそれなら使えないと言います。

そんな中、ひそかにその様子を見ていた御幸が、沢村はスライダーを曲げよう曲げようとして、肘の位置も下がってくると話します。

いくら曲がっても他のボールに悪影響を及ぼすなら、投げさせるわけにはいかないという御幸。

それを聞いた奥村は、沢村特有のバックスピンのきいたストレートはリリース時に手首がしっかり立っているからこそ、肘が下がり手首が寝たらストレートの質も変わるため、そのリスクを避けるために投げてこなかったのだと気づきました。

沢村は普段から御幸に口酸っぱく言われているようですが、どうしても肘が下がってしまうとのこと。

そのため自分なりに色々調べて、ストレートに影響しない握りを探っていたという沢村。

試していいっすか?とボールを握り、笑みを浮かべるのでした。

 

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

ダイヤのA actⅡ219話感想

天久に対抗するために沢村が考えた新球とは、どんなものなのでしょうか。

川上の状態も気になりますし、これからどんな展開になるのか楽しみですね!

次回のダイヤのAactⅡ220話が掲載される週刊少年マガジン34号は7月22日に発売されます。

ダイヤのAactⅡ220話ネタバレはこちら

まんが王国で無料キャンペーン実施中!

まんが王国で人気作品が無料で読めるお得過ぎるキャンペーンを実施中です!

この機会に絶対無料登録!期間限定のお得情報はこちらから↓
まんが王国