ドレスは武装

ドレスは武装【第1話・新連載】ネタバレ!私がモデル⁈

2020年5月2日発売、Sho-Comi11号ドレスは武装【第1話】ネタバレや感想をまとめました。

ドレスは武装最新話を無料で読む方法は?

ドレスは武装最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ドレスは武装最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ドレスは武装最新話を読む

ドレスは武装【第1話】ネタバレ

月野れいと日高嵐

校庭でバレーボールで遊んでいるグループのボールが通路を友達と雑談しながら歩いている「月野れい」のところに飛んでしまいます。

れい、危ないという声が・・・

「えっ」と驚いたれいは振り向いて、次の瞬間、足でキャッチ。しかもアクロバット風な取り方です。

とっても鮮やかだったので、周辺の皆は驚いています。

そして、れいはキャッチしたボールを背中まで回し、腕から掌へそして鮮やかにポーズ・・・。

見ていた友達は大歓声。

流石、新体操部!

そこへ、「月野」と呼んで男子学生が現れます。

外見は金髪ピアスで周りの友達は恐れて早く逃げようと、れいを突っついています。

れいはどうして?と尋ねると、

友達は毎日喧嘩しているっていう噂で・・・見て、あの絆創膏・・・乱暴で有名な隣のクラスの「日高嵐」だよと。

でも、話しがあるって言われたので、れいは聞いてみることにしました。

すると、嵐はまず最初に・・・と、そのスカート脱いでくれないと真顔で言います。

れいは沈黙に入り・・・持っていたバレーボールを嵐の顔面目掛けて投げ、友達に「行こう」の一言。

れいは、なによ、あいつ! ただの変態だわぁと思うのでした。

モデルになって欲しい

放課後、日直の仕事も終わり、日誌を先生に持って行こうとすると、廊下で嵐がりこを待っていました。

りこは顔色が変わり、さっきの変態・・・と口走ってしまいました。

嵐はその言葉に驚き、あれはりこのスカートの裾がほつれていたから、直そうと思って言った言葉だと言います。

何だかわからないけれど、スカートのほつれなら自分で直すと言って、スタスタ嵐から離れて行こうとしました。

すると、嵐がりこを遮り、俺のモデルやってくれないかと唐突に言います。

嵐の顔は真剣です。

りこは顔を赤くしながら、モデル・・・あんた何を唐突に・・・と言います。

嵐は実は服を作っていて、それを着てくれるモデルを探しているのだと言います。

更に、りこだったら絶対できるからお願いと強く言うではありませんか。

りこは、嵐と殆ど話したことないのに、どうしてできると断言するのと言い、私、モデルなんかやらないからと言います。

嵐はまだまだ諦めず、りこなら大丈夫、できると断言します。

りこは、嵐に人の話、ちゃんと聞いていた、もういいから、私帰るから、そこどいてと冷たくつきはなそうとします。

でも、嵐は「本当、まじで頼む! りこにしか頼めないのだ」と言って諦めてくれません。

りこは怒って、もうしつこいと言って手を挙げますが・・・その手を嵐はがしっと掴んで、そのまま離さず、俺の仕事場に行くぞと言って、連れて行かれました。

アトリエで

あるビルの一部屋に連れていかれて、ここが俺のアトリエだと説明します。

帰りたいと思いながら、中を見渡すと、綺麗に整頓された作業場が目に入りました。ミシンや多くの布や出来上がった服・・・。

りこは思わず、「すごい!」という言葉を発してしまいました。

嵐は、早速、これとこれを着てくれと二つの洋服をりこに差し出します。

りこは、ちょっと待って、どうして私なの? こんな可愛い服、私より似合う人いるでしょうと疑問をぶつけます。

嵐は直ぐに、りこは色白だし、新体操しているからスタイルもいいし、それに・・・服を大事にしているからと言いました。

りこは「?」という状態です・・・。

嵐は続けて、何時もりこの制服のシャツは綺麗にアイロンが掛かっているし、そのスカートの裾上げもしていると言います。

嵐によれば、普通、女子はスカートの丈を短くする時、腰のところで折り返している人が多いけれど、りこはちゃんと裾を上げて短くしていると言います。

俺のモデルには、りこのような人にやってもらいたいんだと言います。

りこはその言葉で心が動かされて、じゃあ、1回だけ着ると言って試着室に入って行きました。

もう10分も経ったので、嵐は試着室の前に立って、ちゃんと着ることができたかと尋ねます。

りこは着たけれど、私には似合わないと嵐に言います。

嵐は着たなら開けるぞと試着室のカーテンを開けました。

そして嵐は驚きの顔で立ち尽くします。

りこは真っ赤な顔でちょっと急に開けないでよと言って、もうこれ脱ぐからと怒っています。

嵐はりこに似合っているから、堂々として立ってみろと言います。

このリボン、胸の刺繍がちゃんと可愛く見えないから、ちゃんと立ってみてくれと注文します。

りこは、リボンや刺繍を確認しながら、これを全部嵐が・・・

そして、あんたって凄いねと嵐を褒めると、嵐は照れながら、これも全部「エメリエル」のためだしなと言います。

りこはエメリエル?と言い返すと、

嵐はうちの会社が経営しているブランドだと説明します。

エメリエルの存続

嵐の家はたくさんのブランドを扱っているアパレル会社でした。

エメリエルは母が立ち上げたブランドだと言います。

すると、いつの間にか入ってきていた嵐の父が、そのブランドは不振でもう閉じてしまうのだがなと言います。

嵐の父は嵐に、あれだけ言ったのに、まだ服なんて作っていたのかと問い詰めます。

更に、まだエメリエルを存続させようとしているのかと尋ねます。

嵐は父に当たり前だ・・・だからお願いします。俺の服を店に置いて欲しいと頼みます。

そして、あのブランドを絶対守ってみせるからと強く訴えます。

父はバカかお前は・・・素人の作った服で何が守れると言って、相手にしてくれません。

お前は将来、うちの会社の経営者を継いでくれないと困る。そんなくだらないことは直ぐにやめるんだと嵐に強く言います。

嵐の悔しそうな顔を見たりこは、嵐の父に人の夢をバカにするなんて酷い、嵐の夢をバカにしたことを直ぐに謝ってと凄い剣幕で訴えます。

それを聞いた嵐は父に俺は経営者にはならない・・・悪い・・・その代わり・・・絶対、俺の服で母のブランドを守ってみせるからと宣言します。

嵐の父は、それを聞いても、あのブランドはつぶすからと一言言って、出て行きました。

りこは自分に言われたかのように怒り、むかつくと怒り心頭です。

嵐は、何時もあんな感じだから・・・それにしても、ありがとう、結構嬉しかったと微笑みました。

りこはその笑顔で嬉しくなり、腕を突き出して、私、モデルやるから、お父さんに勝とうと嵐に言います。

嵐はその腕の先のグーに応じながら、勢いよく「おう!」と声を上げるのでした。

ドレスは武装最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ドレスは武装最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ドレスは武装最新話を読む

ドレスは武装【第1話】感想

何かワクワクしてきますね。

いい服を作って、エメリエルを復活させて欲しいですね。

次回、Sho-Comi12号は5月20日(水)発売です!