漫画ネタバレ

ザ·ファブルThe Second Contact13話ネタバレ!あっという間の男····

2021年10月18日発売の週刊ヤングマガジン47号掲載の【ザ·ファブル】についてまとめました。

【前回のあらすじ】

場面は愛鳥カシラを取りに、佐藤が会社倉庫を訪れるところから始まります。

留守中カシラの面倒は忠実なる弟子?のクロちゃんが見てくれました。

しかしどうしたことでしょう···まだ明るいのに倉庫の鍵を閉めていたではありませんか···。

これには理由があり、元紅白組の川萩を匿う為です。

さてヨウコはといえば、二日酔いでまだ上で寝ていました。

ヨウコは佐藤の元相棒で、クロちゃんにとっては女神のような人。

彼女をよく知らない川萩にはそう紹介していましたよ。

因みに佐藤はまさに神のような尊敬する兄貴!

しばらく兄貴に会えなかったので、再会を楽しみにしていました。

ところが運悪く佐藤が帰還した時、クロちゃんは外出中で···。

結局再会する機会を逃してしまったんですね。

前回のザ·ファブルの一番の見所といえば、ユーカリと変態男子学生のやり取り!

大学で芸術関連のサークルを作り、その活動の一貫として他人と服を交換して、写真撮影がしたいと要望してきました。

実はこれ、初めてのレンタルおっちゃんの仕事。

張り切っていたのは呼び出しを受けたカラオケボックスに到着するまで。

男子学生はサークル内でも洋服交換をしていたそうですが、パターン化するのが嫌で外部の人に協力を要請することにしたそうです。

ユーカリを抜擢したのは、ズバリ···ドレッドヘアーで自信たっぷりの笑顔があるから!!

知らない世界を持つこの人と世界を共有してみたい!

たった千円の報酬とはいえ、やっとゲットした仕事を手放したくないユーカリは、無理やり自分を納得させます。

·男の汗の付いたシャツやトランクスまで交換し、最後は記念撮影をして終了。

綺麗な女性と洋服交換したかった?

それも変態ですが世の中そうは上手くいきません。

屈辱に耐えて千円の報酬を手に入れたユーカリはよく頑張りました。

でも普通は嫌がることを我慢したユーカリには、一万円ぐらい渡してあげてほしかったですね。

会社に帰宅したユーカリに感想を聞いたアザミ。

写真を見せてもらうとそこには二人の変態男の姿が!?

その場はアザミの笑い声に包まれていました。

ザッ·ファブルThe Second Contact12話のネタバレはこちら

紅白組の松代の思惑と敵の切り札ルーマーとは一体!?

場面は二日酔いから回復したヨウコが目覚め、2階から降りてくるところから始まります。

ヨウコが目にしたのは、1階のソファーでぐっすりと眠る3人の男達。

そのなかでユーカリは、夢にうなされていました。

“パンツはやめとけ!お前ギンギンだろ!”と何やら相当重症な様子。

昨日のレンタルおっちゃんは、それはもうトラウマだったんですね。

さてヨウコがテントのほうを見ると、見知らぬ男が出てきました。

紅白組から身を守る為に、居候させてもらっている青年·川萩です。

既にクロちゃんから女神のような女性だと念押しされているので、凄く低姿勢でヨウコは戸惑います。

場面は切り替わり佐藤宅。

彼はヨウコに依頼していた、自らが今までに消した人が書かれているリストを見ていました。

ヨウコと組んで以降、一年間で消した人間は24人。

仕事をしたことは後悔していないが、残された人の為に何か罪滅ぼしがしたい。

“俺はちゃんと殺し屋をやめたんだ’

とそれをきちんと伝える方法はないか···。

佐藤は頭を悩ましていたようです。

こういう考えになったのは、これからの人生をミーたんと幸せに過ごしたいと思ったから。

それを聞いたミーたんは嬉しくなりました。

ここで場面は切り替わり組事務所で一人、前組長の浜田との会話を思い出していた海老原。

紅白組の松代は危険な人物。

今のうちに潰しておいたほうがいいと進言するも、浜田はそう簡単な話ではないと言いました。

真黒にはファブル、紅白組にはルーマー。

組織にはそういう黒い影がちらつくから簡単に動けないが、強気でいることは大切だ。

実際にルーマーというのがどういうものかは分からない。

松代は恐らく上部団体にルーマーのことを知らせず、独り占めにするだろう。

彼のことだから真黒がファブルと縁を切ったことを、嗅ぎ付けているに違いありません。

それなら尚更松代をこのままにしてはしておけない。

浜田から情報を得た海老原は、拳銃を取り出し意地と覚悟を見せようとしました。

ザッ·ファブルThe Second Contact13話あっという間の男····の感想

何やら紅白組の動きが活発になってきましたね。

組長の話を聞くと、松代を放置していたままなら真黒にも危険が及ぶでしょう。

そもそもルーマーとは一体何なのか?

松代が雇った殺し屋という可能性もありますね。

いずれにせよ紅白組の動きは放っておけません。

真黒組の海老原は命懸けで、これから紅白に立ち向かうような雰囲気でした。

犠牲者が出るようなことにならなければいいのですが···。

海老原の今後の行動に注目したいです。

ザッ·ファブルThe Second Contact【14話】が掲載される週刊ヤングマガジン2021年48号は10月25日に発売されます。

ザッ·ファブルThe Second Contact14話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍