漫画ネタバレ

ザ·ファブルThe Second Contact14話ネタバレ!いわし缶の男たち····。

2021年10月25日発売の週刊ヤングマガジン48号掲載の【ザ·ファブル】についてまとめました。

【前回のあらすじ】

美人なのに酒癖が悪いのが残念なヨウコ。

昨日からの二日酔いがやっと回復し起床。

2階から降りてくると1階にはソファーでぐっすり眠る3人の男達が!

なかでもユーカリは夢にうなされていました。

そう、昨日はレンタルおっちゃんで変態野郎と洋服交換をしていたのです。

互いのパンツまで交換した変身タイム···あの悪夢は忘れられません。

“パンツはやめとけ!お前ギンギンだろ!”と何やら相当重症な様子。

トラウマに悩まされるおっさんはさておき、ヨウコがテントのほうを見ると、そこから見知らぬ男が出てきました。

紅白組から身を守る為に、居候させてもらっている青年·川萩です。

川萩はヨウコにやけに丁寧に接してきます。

クロちゃんから姉さんが女神のような女性だと念押しされていました。

事情を知らないヨウコは戸惑っていましたよ。

ここで場面は佐藤がヨウコに頼んだリストを、閲覧しているところに切り替わります。

それはヨウコと組んで以降、一年間で消した人間は24人が記載されたリスト。

残された人にせめて罪滅ぼしがしたい。

“俺はちゃんと殺し屋をやめたんだ’

仕事をしたことは後悔していないが、ミーたんに出会ってから佐藤は変わりました。

ミーたんは佐藤のそういったところが大好きです。

さて場面は前組長の浜田との会話を思い出していた海老原に切り替わります。

浜田も紅白組の松代を危険視していました。

しかし紅白にはルーマー、真黒にはファブル。

迂闊には動けない事情があったのです。

でも紅白組を背負って立つ海老原は思います。

松代の奴をこのままにはしておけねえ!

拳銃を取り出した海老原は皆の命を守る為、覚悟を見せようとしました。

ザッ·ファブルThe Second Contact13話のネタバレはこちら

緊急事態発生!?その様子を見て楽しむ姉さんは仕掛人なのか?

場面は倉庫に居候している川萩の怪我の具合を、ユーカリとアザミが見ているところから始まります。

顔の腫れも引いてきてこのままなら明日にもここを出れる状況。

二人には感謝している川萩。

しかし真黒組のド変態の水野を通じて、クロが川萩の元カノをソープに紹介したことを恨んでいました。

クロとしては仕事でキャバクラを紹介しただけ···。

余程ド変態で有名な水野に紹介されたことが、癪に触ったんですね。

ともあれクロと川萩は仲違いしたままです。

一方のユーカリはアクセスと意味不明なことを言いながらくしゃみ!

これは誰かの噂なのか?

アザミは例のパンツ野郎だと指摘。

以前のユーカリなら彼とパンツ交換など我慢出来るわけがなし!

佐藤の影響で最近は丸くなりました。

さてクロはというと、佐藤兄さんに会えずイライラ上昇中。

いつもすれ違いばかりでなかなか再会出来ず···。

縁と運に見放されたクロは相変わらず精神不安定気味です。

しかも運の悪いことに腐っているイワシ缶を食べたクロはトイレに急行。

先に川萩がトイレに行ったので、地獄の我慢を強いられることに。

直後にアザミも腹痛が発生し、二人の男は苦しみ出します。

その様子を2階の事務所から双眼鏡で観察していたヨウコは忍び笑い。

あの缶詰が危険なブツだと知っていたようです。

マイケルジャクソンのようなポーズで肛門を絞り上げ、祈りを捧げるアザミ。

トイレの前で騒ぐクロ。

腹下しの男達の夜は熱くなる予感です。

ザッ·ファブルThe Second Contact14話いわし缶の男たち····。の感想

タイトルを見た時何のことかと思いましたが、腐っているイワシ缶を食べて腹下しが発生した男達の物語でした。

ヨウコも知っているなら教えてあげればいいのに、男達の様子を見ながら楽しんでいるだけ。

忘れたのか意図的なのかは不明です。

腹痛で我慢出来ない男達が踊るように身体をせわしなく動かす夜。

確かに熱い夜になりそうですね。

アザミとクロの無事を祈ります。

ザッ·ファブルThe Second Contact【15話】が掲載される週刊ヤングマガジン2021年49号は11月1日に発売されます。

ザッ·ファブルThe Second Contact15話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍