漫画ネタバレ

ゴールデンカムイ246話ネタバレ!刺青人皮に新展開!?

2020年7月2日発売の週刊ヤングジャンプ31号掲載の「ゴールデンカムイ」についてネタバレをまとめました。

ゴールデンカムイ最新話を無料で読む方法は?

ゴールデンカムイ最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ゴールデンカムイ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
ゴールデンカムイ最新話を読む

【前回のあらすじ】

ぐうぜんにも出会うこととなってしまったアシリパ一行と土方・・・

町を破壊しながらすったもんだの大乱闘へと発展してしまいます!

ゴールデンカムイ245話ネタバレはこちら!

ゴールデンカムイ246話アイヌの偶像のネタバレ

ひょんな事から出会ってしまった杉本たちと牛山、そして土方・・・!

牛山ととっくみあいの喧嘩をする杉本は牛山に膝蹴りをきめますが、牛山は意にも介さず杉本を投げ飛ばそうとします!

そんな杉本に加勢するように、海賊が牛山の頭に思い切り机を叩きつけました!

牛山は机にめりこみながらも「海賊、久しぶりだな」と余裕をたもったまま海賊を投げ飛ばします・・・

止められなかった、と壁に叩きつけながらいう海賊。

店を飛び出して乱闘をくりひろげる杉本と牛山にむかって、土方が銃口をつきつけます。

「牛山、離れろ」

そんな土方の前に現れたのはアシリパでした!

彼女は土方にやめるよう片手をあげ、その青い瞳でじっと見つめてきます。

睨み合う土方とアシリパでしたが、牛山と杉本のケンカは止まりません!

そんな2人をみた他のものたちは「止めないと官憲とかあつまってくるぞ!」と慌てています。

近くに尾形と有古がいるはずだから呼んできてくれないかという仲間の声をきいた杉本は、牛山にしめおとされかけながらも「尾形?」と尾形の姿を探そうとしていました。

身動きがとれない杉本は頭巾にむかって「頭巾ちゃん!尾形!お・が・た!」と尾形の存在を探すように伝えます・・・

一方尾形は物見台にのぼって杉本たちをかんししていました。

双眼鏡越しにアシリパを見つめる尾形・・・

銃をかまえると、アシリパをやったら大混乱になるだろうな、と笑みを浮かべます。

そんな尾形の後ろに、一瞬だけ人影があらわれました。

即座に反応した尾形でしたが、振り向いたときにはその人物は消えていたのです・・・

「なんだ?」

不思議そうな尾形でしたが、その正体はわかりません。

その頃、牛山に柔道の寝技をしかけられながら、杉本は土方に怒鳴りつけていました。

「網走じゃよくもはめてくれたな!土方!」

網走で杉本は、土方にいいように扱われ、アシリパとはなればなれになりかけます。

しかも、そのせいで尾形に頭を打たれるなど散々な目にあっていたのです!

そんな杉本に対し、土方は「網走で殺してもよかった」と淡々と言い返します。

「お前は邪魔になると分かっていた」

そういう土方に、杉本は怒りをあらわにしながら震える声で土方に尋ねました。

「のっぺら坊と土方はアシリパさんをアイヌの偶像にして独立戦争の闘士にしたてあげようとしてたじゃねぇか」

その言葉を聞いた土方は「私の考えとは少し違う」といいます。

その表情は乱れず、どこか遠くをみているようでした。

女子供の兵士は必要ない、そう言ったあとに自分の民族の未来がどうでもいいなら山でのんきに暮らしていればいい、と土方は毒づきます。

その言葉にアシリパが反応しました。

「じゃあ2人とも殺し合う必要はない!」

アシリパはじっと土方をみすえ、語りかけます。

「聞いておきたい、土方が考える未来ではアイヌはどうなってる」

アシリパに、土方は自分の考える未来を語りだしました。

北海道の森林資源は近いうちに枯渇してしまうだろう・・・

そのため、蝦夷共和国(えぞきょうわこく)の主力となる売り物は炭鉱でとれる石炭とするつもりなのだと・・・

そして、その炭鉱を開発するためには移民を使う必要があるとも話します。

この時に移民との間に入ることができるのは、古くからロシア人らと暮らしてきたアイヌしかいない、と土方は言うのです。

土方はアシリパを見て、さらに口を開きました。

北海道アイヌ、樺太(からふと)アイヌ、さらに青い目のポーランド人、それら全てが混ざり合ったアシリパこそが、この計画を象徴する主導者として最適なのだ・・・

その土方のことばをきいた杉本は、よりいっそう鋭いめつきで土方を睨みつけました。

アシリパはその言葉を聞いても表情をかえません。

「第七師団にアイヌの埋蔵金を奪われる事態だけは避けたい」

アシリパは土方に自分たちの現状をありのまま伝えます。

杉本がもっていた刺青人皮は鶴見中尉に全て奪われてしまったこと・・・

そしてこちらが把握していない鶴見のもつ人皮、土方のもつ人皮のことは把握していないこと・・・

このことを説明したあと、アシリパは土方にこう提案しました。

「我々は手を組むしかない」

土方相手にどうどうとそう宣言したアシリパは、以前と違いりんとした顔つきです。

そのアシリパの言葉に土方は納得したのか、一度話を聞いてくれることとなりました。

乱闘をやめ話し合うこととなったアシリパと土方は、民家のなかで向かい座っています。

「ボウタロウと松田の刺青人皮を見せるから土方の持っている刺青人皮を見せて欲しい」

まだ全ての人皮がないため暗号はわからないが、それでも一度集まった刺青人皮をみたいというアシリパ。

土方は「アシリパにだけなら」と条件をつけて持っていた刺青人皮を見せてくれました。

アシリパは、今まで見てきた刺青人皮には法則があるといいます。

ところが、あつめた刺青を見た時アシリパは驚きました!

法則としてあると思っていた”ホロケウオシコニ”ではなかったのです・・・!

 

ゴールデンカムイ最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ゴールデンカムイ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
ゴールデンカムイ最新話を読む

ゴールデンカムイ246話アイヌの偶像の感想

誰も死ぬことなく、大怪我をすることもなく大乱闘は収束しました・・・!

が、アシリパの記憶に鍵があると思われていた刺青人皮に、肝心の”ホロケウオシコニ”がないというのです!

悩むアシリパ、その理由が次号にあかされそうですが・・・!?

次回のゴールデンカムイ247話が掲載される週間ヤングジャンプ32号は7月9日の発売です!

ゴールデンカムイ247話のネタバレはこちら!

まんが王国で無料キャンペーン実施中!

まんが王国で人気作品が無料で読めるお得過ぎるキャンペーンを実施中です!

この機会に絶対無料登録!期間限定のお得情報はこちらから↓
まんが王国