漫画ネタバレ

ゴールデンカムイ248話ネタバレ!犯人は○○を模倣していた!

2020年7月30日発売の週刊ヤングジャンプ35号掲載の「ゴールデンカムイ」についてネタバレをまとめました。

ゴールデンカムイ最新話を無料で読む方法は?

ゴールデンカムイ最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ゴールデンカムイ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
ゴールデンカムイ最新話を読む

【前回のあらすじ】

土方から見せてもらった刺青人皮は、贋作と真作が入り乱れ、アシリパは自分の考えていた法則があっているのかわからなくなってしまいます。

杉本たちは寺で酒盛りをしていました。

その頃、連続殺人犯を追っていた宇佐美は、彼と同じ場所で捜査をする1人の男に目をつけて・・・?

ゴールデンカムイ247話のネタバレはこちら!

ゴールデンカムイ248話教会のネタバレ

深夜、教会で必死に紙に何かを書き込む男に、宇佐美は近寄るといきなり殴りつけます!

男は紙とペンごと地面に倒れ、宇佐美をみてひい!と弱々しい悲鳴をあげました。

宇佐美はおとこに「新聞屋(ブンヤ)だな?」と真顔でつめよります。

「次の殺害現場がわかったってどういうこと?」

そうきかれた新聞屋は答えはいわず、手柄を横取りしようってのか!と宇佐美を睨みつけました。

宇佐美は男が落とした地図を拾いあげようとしましたが、新聞屋は即座にその地図を奪い返すと口の中に詰め込んでしまいます!

宇佐美は表情もかえずに新聞屋の腹を強く蹴り上げました。

新聞屋は必死で喉の中にかくした地図をだすまいと両手で首をおさえます・・・!

そんな新聞屋を、宇佐美は激しく殴り続けました・・・

「土方さんたちにつたえないと・・・!」

新聞屋はそれでも地図を渡さず、必死に逃げようと地面を這います・・・

そんな男をみた宇佐美は「まあいいや」と突然銃をとりだしました!

地図を見ればわかるんだろう、そういうと、宇佐美は銃の引き金をひこうとしましたが・・・

「そこでなにをしている!」

巡回にきていた別の官憲がやってきたため、宇佐美は銃を撃つことはできませんでした。

宇佐美の一瞬のスキをついて、新聞屋の男はその場から逃げ出します。

そして、隠し持っていた地図をビリビリに破き捨てると、ドブの中へと逃げ込みました。

翌日、杉本たちは街へとくりだし殺人を行なっている犯人を捕まえようと次の被害者をさがしています・・・

やってきたのは私娼窟(ししょうくつ)・・・

その場所には何の店かさっぱりわからない小屋や建物が軒を連ね、器量のあまりよくない女たちがこっそりと売春を行っているところです。

杉本たちは、女ばかりをねらう犯人がねらうのは「街娼」だろうと目星をつけていました。

そこで、政府から許可をえてお座敷で客を取る娼婦ではなく、人気のつかない場所で客引きをする娼婦である街娼婦に今夜は外に出ないように、といって回っていたのです。

その頃、刺青人皮と同じ刺青をつけた男は今夜の犯行にそなえてご機嫌にナイフをといでいました・・・

その日の夕方、杉本たちはあまりにも広い街に苦戦しています。

今日この街のどこかで街娼が必ず殺されるはずなのに、すべての街娼に声をかけるなど無理なくらいに街が広すぎたのです!

焦る杉本たちの前に、褌姿の薄汚れた姿の男が現れました!

「石川啄木(いしかわたくぼく)?」

その姿にハッとして駆け寄ると、男はふらつきながらある情報を口にします。

「第七師団に追われて・・・次の殺害現場がわかりました!」

石川は犯人がある有名な連続殺人犯の模倣をしているとつげました。

その殺人犯とは”ジャックザリッパー”・・・

犯行時刻も場所も、選ぶ相手もすべてをジャックザリッパーの模倣をしているのだ、と石川は話します。

みたことのない場所の地図を指差しながら、石川は「ここが豊平川」「ここが教会で・・・」と一行に説明をしました。

土方はすぐに地図のおかしさに気がつきこの街の地図ではないと指摘をします。

すると石川は「ロンドンのホワイトチャペル周辺の記事です」とつげました!

ジャックザリッパーの被害者たちは、セントポルフ教会のまわりで客引きを行って、その近辺で殺されています。

これらの犯行現場を実際の街の地図と照らし合わせると、ぴったりと殺害現場がいっちしました!

石川はホワイトチャペルと似た地形であるこの街で、犯人はジャックザリッパーの模倣をしようとしている!と推理したのです!

このことから、次に殺害現場となる場所・・・それは”札幌ビール工場”であるということが導き出されました!

ぐったりした様子の石川は、蝦夷共和国の話がおもしろそうだったから助力をしたのだ、というのですが・・・

よくよく彼の所持品をみれば、そこには有名な花魁の絵葉書がはさまっています。

「まさか、この事件を解決させた手柄であわよくば花魁にってことか?」

そうきかれた石川は「だって花魁は大金積んででも好かれないとやれないし!」と今までにないほど澄んだ瞳で力説したのでした。

 

ゴールデンカムイ最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ゴールデンカムイ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
ゴールデンカムイ最新話を読む

ゴールデンカムイ248話教会の感想

動機はさておき、石川の協力のおかげで新たな刺青人皮が見られそうです!

これでアシリパの憂いが立ち消えると良いのですが・・・

次回のゴールデンカムイ249話が掲載される週間ヤングジャンプは合併号!36・37号は8月6日の発売です!

ゴールデンカムイ249話ネタバレはこちら!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍