漫画ネタバレ

ハコヅメ~交番女子の逆襲~157話ネタバレ!一家心中か自殺!?

2021年6月3日発売の週刊27号掲載の「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」についてネタバレをまとめました。

【前回のあらすじ】

昌也とちぐはぐな関係を続ける川合は、父親を恋しく思うように・・・

そんな時に自分の父親と同じ年齢の男性が性被害にあい!?

ハコヅメ~交番女子の逆襲~156話のネタバレはこちら!

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\月額ポイント全額返還あり/
半額クーポンもらえる

コミックシーモアで漫画を読む

ハコヅメ157話後悔先に立たずのネタバレ

かずき

小学校から帰っている途中の男の子、樹は偶然やってきた父親に驚いた様子です。

まだ仕事の時間じゃないの?と尋ねる子供に、父親は今日はもうこれから在宅でいいらしいから、と微笑みました。

「甘いものでも食べに行こうよ」

いつもは禁止されている甘いものを一緒に食べようと父親は話し、2人きりで話がしたいんだと言い出したのです。

「え、でも・・・」

樹は気乗りしない様子でした・・・

雪江さんという女性も一緒で話さなくていいのかと心配する樹でしたが・・・

突然急加速したワゴン車が2人につっこんできたのです!

あわてて父親は樹を抱きしめ、2人はなんとか事故に合わずにすみましたが、その背後から慌てたように警察官が2人駆け寄ってきます。

「大丈夫でしたか!?」

藤と川合の2人が偶然見かけた2人の親子に近寄ってきたのでした。

藤はとっさに子供に目線をあわせながら話を聞くと、無線機をいじりながらふと樹の足首を見てあ!と声を上げます。

「足ひねっちゃったかな?腫れてるよ」

父親はその言葉に慌てて、ひとまず全員は公園に向かうことに・・・

公園のベンチにすわった樹は、足首の腫れの具合を川合に見てもらうことになりました。

川合はそこで樹に学校の話を聞こうとしていたのですが、そこへ父親が割って入ります。

「今ちょうど、その事を2人きりで話そうと言っていて・・・」

一ヶ月前、この父親は職場の部下と再婚したのだといいます。

樹は新しい母親とうまくつきあっていくことができずにいて、その事を彼は危惧していたのでした。

「僕、雪江さんのことキライなんだ・・・おもちゃもお菓子もなんでも1つずつっていわれるから・・・」

雪江はマイペースな人だからと父親は語り、警察官もそれは教育を考えての方針かもしれませんねとうなずきます。

父親は少し焦った様子で樹にもう一緒に甘いもの食べに行こうと促しますが、息子は乳の異変を感じ取ったのか、警察の人怖いの?と尋ねてきました。

この前一緒に歩いていたときに交通違反をしている人に対して取締をしている警察官を見て、彼は「こわ~」とつぶやいていたと樹は言うのです。

慌てて否定する父親に、川合は「いいんですよ!大丈夫です!」と笑顔を見せました。

樹の足の腫れはひどくなってきているようでしたが、それでも父親は強引にこの場から逃げ出そうとします・・・

樹はそれを断ろうとして、ついに暗い表情のまま口を開きました。

「僕、今日はお父さんと雪江さんと3人で過ごしたい」

本当は2人で過ごしたいという樹ですが、彼はこの前、雪江と雪江の両親が話をしているところをきいてしまったのだといいます。

3人は樹はその場にいないと思ったのか、ああでもないこうでもないと父親のことを悪く言っていたというのです。

「あんな奴とっとと別れて戻ってこい」

責任もとらない、ヘラヘラしたしょうもないやつだ、そう祖父母たちは口にしていたといいます。

雪江はそれに対して否定するでもなく、父親のダメなところをあげつらねニコニコと笑いながら話を始めたらしいのです。

結局別れる気がなさそうな雪江にあきれて祖父母は帰ったというのですが、樹はその話を聞いて父親が家の中で萎縮しているのではと心配になってしまっていました。

更に、最近樹は学校でいじめられはじめているというのです。

ところが、今日の帰り道友達のサトシくんが、一緒に明日はサッカーやろうと話しかけてくれたのだといいます。

「だから僕頑張るんだ、これからは学校も頑張るし、雪江さんとも仲良くなる」

だから自分のことは心配しないでほしい・・・樹はそういって無理やりに笑ってみせました。

「そっか・・・じゃあお父さんは1人で食べに行ってくる、お前は先に家に帰りなさい」

彼はそういうと、公園をあとにしようとしたのですが、川合と藤がそれを引き止めました。

川合が樹を、そして藤が父親と少し離れた位置で話し合うことに・・・

「・・・カバンの中身、見せてもらってもいいですか?」

藤はそういうと、樹の父親、各務原のかばんに手を伸ばしましたが・・・

二人の間に割ってはいったのは宮原でした。

かばんの中には丈夫そうなロープが一巻入っています・・・

「コレいつ買ったの?」

藤は後ろで申し訳無さそうに、もし刃物を持っていたら暴れるかもしれなくて時間を引き伸ばすことしかできなくて・・・とつぶやきました。

そう、藤はあえて各務原の名前をだして、親子と公園へと向かうという会話内容を無線に流していたのです。

「ああ・・・警察に見つかるなんて・・・」

各務原はそういってうなだれ、婦警2人に見つかったのは偶然だと思ったとぼやきました。

実は彼は、ひき逃げ事件の犯人として逮捕されていたのです。

昨日やっと保釈され一旦家に帰れるようになってから、各務原はまず自宅に戻り遺書をしたためました。

そして、そのまま姿を消していたのです・・・

「最期に樹とうまいもんでも食べて、そのあと首をくくろうと・・・」

彼が殺した相手は、樹と同じ年齢の子をもつ父親でした。

自分が信号無視をして轢き殺してしまったばっかりに・・・彼の命を奪ってしまった・・・

これからは雪江にも樹にも犯罪者の家族というレッテルがはられてしまう。

「過去に戻れたらと何度も・・・」

そういって涙を流す各務原をみて、宮原はいいます。

「時は巻き戻りませんが、奥さんおっしゃってましたよ」

遺族の方への償い、そして樹の養育、これからの生活は苦しくなるだろうけれど、1つずつ1つずつ、家族3人向き合っていきたい・・・

奥さんらしい言葉に、各務原はその言葉をきいて更に涙を流します。

その様子を眺めながら、藤と川合は、交通事故は遺族にも加害者にも苦しみを与えるのだと実感していました。

自分たちもまた、できることを積み重ねていくのみなのだと藤と川合は考えます・・・

ハコヅメ157話後悔先に立たずの感想

交通事故の加害者はけして乱暴者や無法者だけなどではなく、その大多数が善良な一般市民なのだということがわかる話でしたね。

やってしまったことは1つの道となって続いていく・・・それぞれの道が途切れず続く事を願うばかりです。

次回のハコヅメ158話は週間モーニング28号は6月10日掲載となります!

ハコヅメ158話のネタバレはこちら!

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\1万7000冊以上まるごと無料!/

初回登録50%OFFクーポンで有料作品も
半額
で読めます!

bookliveで半額で漫画を読む

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍