漫画ネタバレ

ヒットマン102話ネタバレ!連載決定のミシェルが抱える不安とは?

2020年7月22日発売の週刊少年マガジン34号掲載の「ヒットマン」のネタバレについてまとめました。

→ヒットマンの最新話までネタバレまとめはこちら!最終回(予定)まで更新中!

ヒットマンの最新話を全部無料で読む方法は?

ヒットマンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヒットマンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
ヒットマンの最新話を読む

【前回のあらすじ】

見事ミシェルの「オルレアンの乙女」が週マガで連載決定。

ということで早速ミシェルは龍之介と共に連載準備に勤しむのでした。

ヒットマン101話ネタバレはこちら

ヒットマン102話ネタバレ

龍之介とカフェでお茶しながら「クレイジー」だというミシェル。

それはフランス人に週刊で漫画を20ページ描けといえば、言われる言葉だと言います。

フランスに漫画の週刊連載という文化はなく、年間で1冊本を出せれば多作といわれるのだとか。

それを聞いた龍之介は外国人の週間作家が少ないのはそういう考え方があるからかと納得します。

さらに龍之介から週刊連載を目指そうと言われたときは、「ありえない」「私を殺す気?」と思ったというミシェルに、龍之介は謝りつつ、逆にどうしてやる気になってくれたのかと尋ねました。

するとミシェルは、実際に連載作家に会ってみて翼や奈佳が自分と大して歳も変わらない普通の女性だったことに驚いたと言います。

ならば「できない」と思っているのは自分がそう考えているからであって、「できる」と思っている人には出来るのではないかと思ったというミシェル。

そんなミシェルの言葉に哲学っぽい話だと龍之介は言いつつ、ああ見えて連載作家は体力がすごくて体も頑丈なのだと話します。

そして夜もすごいと言いながら、思わずベッドの上での翼の姿を想像してしまう龍之介。

夜?と聞き返すミシェルに、龍之介は慌てて徹夜が平気なのだと誤魔化します。

するとミシェルはそれなら自分も自信があるので大丈夫だと言い、「それに一緒に頑張ると言ってくださったので、龍之介さんが」と付け加えました。

しかしまだ「龍之介さん」と呼ばれることに慣れない様子の龍之介。

それでもミシェルは引き続き龍之介のことを「龍之介さん」と呼びながら、家電と日用雑貨の店に連れて行ってほしいと話しました。

 

その後、とあるマンションを訪れた龍之介。

そこはミシェルにピッタリのスーパー銭湯を兼用するレディースマンションで、偶然にも部屋が空いていました。

しかも秋月の知り合いということで、大家さんも格安で貸してくれたらしく、翼の短期集中連載で色々取材しておいてよかったと龍之介は感じます。

その時、龍之介の前に突然古鷹が現れました。

古鷹は龍之介の顔を見るなり「嘘でしょ?とうとう私の自宅まで突き止めたの?」と怖がっています。

どうやらここは古鷹のマンションでもあるらしく、龍之介が古鷹がここに住んでいると知ってて来たのだと勘違いしています。

そんな中、大家さんに挨拶していたミシェルが龍之介の元に戻ってきました。

古鷹はミシェルに、どうしてこんなところにいるのかと尋ね、ミシェルは来月からこちらのマンションでお世話になることになったと話します。

来月には留学が終わってフランスに帰ると古鷹に話していたミシェルですが、「日本に残って龍之介さんと2人で頑張ることにしました」と報告します。

しかしそれを聞いた古鷹は、ミシェルが龍之介に口説かれてオチたのだとまたも勘違いしている様子。

そして古鷹はミシェル一筋で、これからはやっていくのかと龍之介に尋ねます。

すると龍之介は今まで通り全員平等に接すると満面の笑みで答え、(爽やかにクソ野郎ね!!)と古鷹は嫌悪感を露わにします。

古鷹はミシェルにそれでいいのかと聞きますが、ミシェルはそれは仕方ない、むしろ後から来た自分を平等に扱ってもらえるだけで感謝していると答えました。

それを聞いた古鷹は絶句し、若葉も含めて何をしたらそんなにこの男を好きになるのか、どんな魅力があるのかと動揺します。

さらに古鷹はまだ私のサインも諦めてないのかと婚姻届を頭に浮かべながら、龍之介に恐る恐る聞きます。

そんな古鷹の言葉に、何で急にサインの話になるのかとキョトンとする龍之介。

しつこく頼んできたからだと古鷹が言うと、龍之介はそれで自分のことを怒っていたのかと気づき、あれはもう大丈夫だと笑いながら謝りました。

そんな龍之介の言葉に、衝撃を受けて白目をむく古鷹。

そして龍之介とミシェルは立ち去っていきます。

2人の後ろ姿を古鷹は呆然と見つめながら、勝手に龍之介にいらないと言われた感覚に陥り、謎の敗北感に打ちひしがれるのでした。

 

一方龍之介は家もやっと決まり、在留資格も取得して家具も家電もそろえたので、心おきなく漫画に専念できるなとミシェルに声をかけます。

しかしどこか浮かない表情のミシェルに、何か悩み事があるのかと尋ねる龍之介。

するとミシェルは、あなたはたまに全てを見通す賢者のようであり、何も分かっていない愚者のようでもあると意味深に言います。

そして悩みなどないので心配ないと話すのでした。

 

ある日、編集部の伏見は「ちょっとよろしいですか」と北条の元を訪れました。

伏見は昨日ミシェルの「オルレアンの乙女」が連載予定だとマガジンのHPで告知したようですが、今朝からSNSでものすごい話題になっているのだとか。

作者名が外国人ということもあり、春日や京極が移籍してきたとき以上の盛り上がりのようです。

特にこの作品は若い世代から支持されているため、もしかしたらこの作品をきっかけに若年層の読者を取り込めるかもしれないという伏見。

それを聞いた北条は龍之介を呼び、ミシェルの新連載をマガジン初のフランス人作家として大々的に発表し、ニュースサイトにもリリースを撒くため、記事を準備するよう指示しました。

 

その頃、ミシェルは両親に日本の漫画雑誌で連載することを報告していました。

しかし両親には理解してもらえず、すぐにフランスに戻ってくるようミシェルは告げられるのでした。

 

ヒットマンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヒットマンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
ヒットマンの最新話を読む

ヒットマン102話感想

やはり両親を説得するのが一番難しそうですね。

龍之介はフランスに行って説得してもいいと言っていましたが、どうするのでしょうか。

次回のヒットマン103話が掲載される週刊少年マガジン35号は7月29日に発売されます。

ヒットマン103話ネタバレはこちら

→ヒットマンの最新話までネタバレまとめはこちら!最終回(予定)まで更新中!

まんが王国で無料キャンペーン実施中!

まんが王国で人気作品が無料で読めるお得過ぎるキャンペーンを実施中です!

この機会に絶対無料登録!期間限定のお得情報はこちらから↓
まんが王国