漫画ネタバレ

独り身ですが何か?20話【最終回】ネタバレ!瑠衣が悠のプロポーズを断る!?

2021年10月8日発売のプチコミック11月号掲載の『独り身ですが何か?』についてネタバレをまとめました。

独り身ですが何か?を無料で読む方法を徹底調査!

独り身ですが何か?を無料で読む方法を徹底調査!プチコミックで連載中の「独り身ですが何か?」を無料で読む方法をまとめました。 独り身ですが何か?を無料で読むならU-NEXT! ...

【前回のあらすじ】

悠の父親から交際を阻害されていた瑠衣。

しかし悠を信頼する気持ちが通じ、彼の母親とは和解しました。

そして二人の関係を模索する瑠衣に、悠はプロポーズするのでした。

独り身ですが何か?20話【最終回】ネタバレ

結婚してほしいと瑠衣にプロポーズした悠。

父親のことも迷惑かけたけど、もう気にしなくて大丈夫だと悠は言います。

しかし瑠衣は、悠がこれまで結婚に対して嫌悪感を出していたため、その気持ちは残ったままのはずなのにそれでいいのかと戸惑いました。

そのため瑠衣は悠に感謝しつつも、無理してプロポーズしてくれなくても大丈夫だと言いました。

私が結婚したいと言っちゃったから、悠にたくさん悩ませちゃったよねという瑠衣。

そして瑠衣は、正直結婚したいのかそうじゃないのか自分でも分からなくなっているのだと言い、悠といられるだけで十分だから気にしないで!と明るく告げました。

 

後日、悠は乾をバーに呼び出し、瑠衣にプロポーズしたら、サラッと流されたことを話しました。

無理していってると思われてしまった、自分なりに真剣に言ったつもりだったという悠に、乾は今まで散々結婚しないと言ってきたツケが回ってきたんだろうと返します。

すると悠は、ちゃんと信じてもらえるように、もう一度プロポーズすると決意を口にします。

俺と同じように断られないといいなという乾。

そこで悠は初めて、乾が瑠衣にフラれたことを知ります。

さらに乾は福岡出張の時に瑠衣の母親に会って、自分が彼女の婚約者だと名乗ってしまったことを白状しました。

悠はもうそんなことはさせないと怒り、次は絶対プロポーズを成功させると宣言しました。

 

一方瑠衣は仕事場から帰りながら、あのまま自分も「結婚しよう」と言っていたら、その流れになったりしたのだろうかと考えていました。

しかし瑠衣は結婚していいのか、分からなくなっており、何かが自分の中で引っかかっているような感じがしていました。

その時、悠の父親が突然瑠衣の前に現れます。

少し話がしたいという父ですが、瑠衣は次は何を言われるのかと警戒します。

すると父は悠とは連絡がつかないため、妻との離婚協議が始まったことを伝えてほしいと瑠衣に頼みました。

「ざまあみろと思っているだろう」という父に、瑠衣は動揺しながら「まぁ・・・多少は・・・」と正直に答えます。

お互いにメリットのある契約婚だったのに、このザマだという父。

そんな彼に瑠衣は、本当にそこに愛は1ミリもなかったのかと問いかけます。

すると父は、そんなものに期待するほど愚かじゃない、愛なんてものはしょせん錆びるんだと言いました。

それを聞いた瑠衣は、この人は形に見えないものが怖いんじゃないかと感じ、これからの自分たちを見ていてほしいと告げます。

瑠衣は、悠がとても愛情深い人だと父に伝え、今まで見て来なかった悠のことを知る努力してくれないかと訴えます。

「なんで君にそんなことを・・・」と怪訝な表情を浮かべる父に、瑠衣は謝りつつも、知れば悠の印象は変わると話しました。

すると父は、これからが見ものだなと言って、少し笑みを浮かべました。

その時、瑠衣は家族の温かさを教えてあげたいと思っていた自分が、悠と家族を決別させるのは違うと思ったからモヤモヤしていたのだと気づきました。

 

その後、自宅に帰った瑠衣の元に母親から電話がかかってきました。

すると母は瑠衣に、婚約者の乾とも順調なのか、結婚式はいつするのかと尋ねます。

母が乾を結婚相手と勘違いしていることを思い出した瑠衣は、ちゃんと伝えなきゃいけないと考え、来週連休だからそっちに行くと話しました。

するとその話を聞いていた悠が、自分も一緒に行くと言い出しました。

 

ということで瑠衣と悠は一緒に福岡に行きました。

そこで母と3人で食事をしながら、悠は本物の婚約者だと自己紹介します。

本物の婚約者は乾ではなく悠だったことを知った母は、騙された~と笑います。

瑠衣はすぐに本当のことを言えなくてごめんと謝りますが、母も自分がはしゃいでしまったから言い出せなかったんだろうと瑠衣の気持ちを察し、謝り返しました。

そして母は、結婚はいつするのかと瑠衣に尋ねました。

瑠衣は母にガッカリされるかもしれないと思いつつも、自分は結婚しようと思っていないのだと伝えます。

そんな彼女の言葉に驚く悠。

何か問題でもあるのかと心配する母に、瑠衣は結婚だけが幸せの形じゃないと思うと話します。

紙の約束がなくてもメリットなんかなくても、一緒にいられるだけで幸せと思えることの方が自分にとっては大切なのだという瑠衣。

彼女は悠の父に、終わらない愛もあるということを認めてもらいたいと考えていました。

瑠衣はごめんねと謝りますが、母は瑠衣が自分で選んだ道なら、胸を張って笑っておきなさい!と笑顔で受け入れてくれました。

家族の言葉は何よりも心に響く、かけがえのない存在だと瑠衣は改めて思いました。

 

その後、食事を終えた瑠衣と悠はホテルに向かいました。

すると悠は、もしかして俺の父親と何か話したのかと瑠衣に問いかけます。

悠は瑠衣が先ほど彼女らしくないことを言っていたため、父と話したことに気づいたようです。

そこで瑠衣はこの間、悠の父が会いに来て、離婚協議が始まったと言っていたことを伝えました。

悠は少し暗い顔で「そうか・・・」とつぶやき、それより何か嫌なこと言われなかった!?と尋ねます。

すると瑠衣は、悠のお父さんのことがそんなに苦手じゃなくなったかもしれないと言いました。

そんな彼女の言葉に、なんで!?この間も最低な目にあったのに!?と驚く悠。

瑠衣はそれは腹が立ったと言いつつも、すごく不器用な人だと思うと話します。

きっと悠も知らないことが多いと思うという瑠衣。

だから時間をかけてでも自分たちの絆を見せつけて、お父さんに認めてもらいたいと思ったのだと瑠衣は言いました。

それを聞いた悠は、だから瑠衣が結婚しないと言ったのだと気づき、本当は今日もう一回プロポーズするつもりだったのだと告げます。

もしかしてこの前のも結構本気だった?と驚く瑠衣に、結構どころかバリバリ本気だと話す悠。

しかし今は彼も瑠衣と同じ気持ちだと言います。

さらに悠はこれを受け取ってと言いつつ、指輪を取り出しました。

瑠衣は喜びながら、悠とペアリングを互いの指にはめます。

そして悠は誓いの儀式のように、この先楽しいことも苦しいことも共に分かち合い、助け合うことを誓いますか?と瑠衣に問いかけました。

瑠衣は「もちろん誓います」と答え、誓いのキスを交わしました。

どんなことがあっても、自分たちなら乗り越えていけると瑠衣は思いました。

 

4年後、悠はフリーランスをやめて、会社を立ち上げました。

そして悠と父親は少しずつ和解し、食事する機会が増えました。

悠と父が気さくに話すようになったことを、瑠衣は嬉しく思っていました。

そんなある日、父は食事の席で悠と瑠衣に、結婚は考えないのか?と問いかけました。

こんなこと言うのは恥ずかしいが、もう十分愛を証明してくれたと思うという父。

そんな彼の言葉に瑠衣と悠は喜びました。

 

その後、瑠衣と悠はようやく結婚式を挙げました。

そして瑠衣は、これからも悠との絆を信じて生きていくことを決意するのでした。

独り身ですが何か?を無料で読む方法を徹底調査!

独り身ですが何か?を無料で読む方法を徹底調査!プチコミックで連載中の「独り身ですが何か?」を無料で読む方法をまとめました。 独り身ですが何か?を無料で読むならU-NEXT! ...

独り身ですが何か?20話【最終回】感想

瑠衣が引っかかっていたのは、悠と父親のことだったんですね。

最終的には悠と父親が和解し、すっきりした状態で結婚することができてよかったです。

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍