漫画ネタバレ

九条の大罪25話ネタバレ!【自殺の心境】その3

2021年6月28日に発売されたビッグコミックスピリッツ30号に掲載された「九条の大罪」25話のあらすじとネタバレを紹介します。

大人気長期連載だった「闇金ウシジマくん」の作者である真鍋昌平が、とうとう新作をスタートさせました!そのタイトルは「九条の大罪」。

前作の連載は漫画も人気、映画化もされたウシジマくんで、その内容は現実社会で無いようであるような【裏側の闇】を具現化していましたが・・・今回の連載「九条の大罪」は、弁護士が主人公です!

現実に起こりそうな事件を弁護士、九条がどんなふうに解決するのか・・・または、どんなふうに切り抜けるのか。

第1シリーズでは「ひき逃げ事故」をめぐって加害者側から見たストーリーになっていました。

第2シリーズでは「弱者の人生」を描き、衝撃のラストを迎え、第3シリーズでは「家族と介護施設」に巡っての在り方を描き・・・。

第4シリーズの今回は、自分自身の中で孤高に戦う「自殺」がテーマ!

なぜその人は自殺をするのか、その心境は・・・?そしてそんな心境になる原因は何なのか?

今回はそんな「九条の大罪」25話のあらすじとネタバレを紹介します。

九条の大罪の漫画が無料で読めてしまう方法!

九条の大罪の最新刊3巻が無料で読めてしまう方法!8月30日に発売する「九条の大罪」最新刊3巻を無料で読む方法をまとめました。 九条の大罪を無料で読むならコミック.jp! \登録...

前回の九条の大罪のあらすじは?

新シリーズ「自殺の心境」も、はやくも3回目を迎えました。

前回は何故か烏丸(からすま)弁護士が高級ホテルの1室にいるところから始まり、倹約家のイメージがある烏丸弁護士が?と、意外な1面が現れた始まり。

烏丸弁護士は九条弁護士事務所で、居候弁護士として働いている、いわゆるイソベンです。

烏丸は新人イソベンになったころ、同窓生である「有馬」とこの東京の街並みをホテルから見下ろしていました。

大学で主席を争った烏丸と有馬。

現代の世界に嘆きながらも過去の思い出に浸っているときは楽しそうでしたが・・・。

なんだか有馬の不穏な雰囲気に気づけず、烏丸は九条弁護士のもとに仕事で戻っていきました。

有馬がホテルの浴槽で自殺したのは、その夜の事。

その1年前の出来事でしたが、烏丸は有馬が亡くなった浴槽で物思いにふけります。

そして有馬との謎めいた過去も匂わせながら・・・。

友人の1周忌をそんな風に過ごした烏丸は、後日九条の事務所に出勤しました。

しかし九条の事務所には、空き家で自殺した植田さんの件で、嵐山刑事から連絡が入ります。

植田さんは、片付けが全くできていない空き家であるゴミ屋敷で、自殺していた人物です。

もともとその空き家は植田さんの住居でしたが、奥さんを亡くし、ギャンブルに明け暮れ、借金苦になった植田さんは、家を抵当に入れられてしまったのです。

そしてとうとう家を追い出されてしまった上田さんは、窓ガラスを割って、空き家となったかつての我が家に侵入。

そのまま首をつって帰らぬ人となったのでした・・・。

嵐山刑事は九条弁護士にどんな話をするのでしょうか?

九条の大罪24話のあらすじはこちら

九条の大罪25話のネタバレ

突然、嵐山刑事から電話がかかってきた九条弁護士。

嵐山刑事とは、第3シリーズの「弱者のいちぶん」で、被害者とも加害者とも考えられる曾我部(そかべ)の聴取を行っていた刑事です。

その事件は殺人事件まで発生し、嵐山刑事が疑っている人物である壬生(みぶ)の顧問弁護士であるのが九条弁護士。

だから九条弁護士も怪しい・・・と嵐山刑事はにらんでいるようでした。

「自殺した植田の件で話がある」

という内容から始まった嵐山刑事との会話。

なんでも、植田さんが借金で抵当に入れた家を、抵当権付きで購入したのが壬生だった・・・。

そしてその物件を、また植田さんに賃貸として貸していて、そのうち植田さんは亡くなった・・・。

「これはヤクザ物件だ」

と嵐山刑事は言うのです。

しかし「そうではない」と言葉巧みに主張する九条弁護士。

そんなふうに堂々と逃れようとする九条弁護士を、嵐山刑事は含みのある言葉で黙らせました。

「競売物件も暴力団の資金源になっているからな・・・」

という会話を、九条弁護士との電話を切った後で後輩とする嵐山弁護士。

どうやら嵐山刑事は、壬生に目をつけて離さないようでした。

しかし嵐山刑事の本命は、「伏見組の若頭、京極(きょうごく)」という人物。

壬生はこの京極の手下という存在だったのです。

そんなとき九条弁護士はソーシャルワーカーである仁美と久々に話していました。

「植田さんの自殺には九条弁護士も関係しているのでは・・・」

と仁美は問題提起をしますが、九条弁護士は助けるも何も、家の裁判のときにも表れない植田さんが悪いのでは?という態度。

そんな九条弁護士を、仁美は「冷たい」と思っているようです。

そしてまたしても、植田さんの家の前には壬生と烏丸の姿がありました。

植田さんの遺骨と位牌の処置に困った壬生。

家も取り壊すし、「遺失物」として警察に届けるようです。

烏丸は、植田さんがどんな人だったのか?と壬生に尋ねました。

壬生は、植田さんの事を懐かしく思い出すように語りながら、とんでもない【この事件の真相】を回想していたのです!

九条の大罪の漫画が無料で読めてしまう方法!

九条の大罪の最新刊3巻が無料で読めてしまう方法!8月30日に発売する「九条の大罪」最新刊3巻を無料で読む方法をまとめました。 九条の大罪を無料で読むならコミック.jp! \登録...

九条の大罪25話の感想

今回は嵐山刑事と九条弁護士の【会話での駆け引きの闘い】がかなりの見どころになっていました!

お互いが、言葉巧みに相手の痛いところをつつくような攻防戦が、ハラハラするところでもあります。

そして久々に登場した仁美も、別の角度から見て、「九条弁護士は冷たい・・・」と表現していました。

前回のシリーズでは、驚くようなギャップのある人間性を見せた九条弁護士だけに、もしかしたら仁美の言葉は【心に刺さった】かもしれませんね!

そして植田さんの自殺の真相も衝撃的!

次回の九条の大罪も見逃せません!

次回の九条の大罪26話は、2021年7月5日に発売されるビックコミックスピリッツ31号に掲載される予定です!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍