漫画ネタバレ

異世界トリップ先で助けてくれたのは、 人殺しの少年でした。3ネタバレ!

DLsiteで配信している「異世界トリップ先で助けてくれたのは、 人殺しの少年でした。3」のネタバレです。

異世界トリップ先で助けてくれたのは、 人殺しの少年でした。3 ネタバレ

異渡人である「安藤めぐみ」を部隊に同行させ、戦争に利用しようとする宰相。

彼女が勇者であろうとなかろうと、ロマーニャ法皇国を揺さぶるのには一番効果的だろう…!

彼はそう呟き、暗闇でニヤリと笑うのでした。


宰相の指示でアレクの部隊に身を置く、安藤めぐみ。

異世界から転移してきた彼女は、何もせず…何も望もうとはしません。

アレクの望むがまま、身を捧げ…体を重ねる毎日を送っていました。

城を攻めるという大事な局面でも、アレクはテントの中でめぐみを抱いています。

しびれを切らした部下がテントに入り、早く準備して下さい!とアレクに告げますが…。

もう一回ヤッてからね…と答えるアレク。

部下は苛立ち、これ以上嫌われたくなければ…やる事やって下さい!と叫びました。

他の誰かにヤラれたら許さないよ?と冷たく言った後、彼を抱きしめて去っていくアレク。

めぐみは戦場に向かう彼を見送りながら、自分は何のためにここにいるのか…と考えるのでした。

 

アレクは娼婦を抱くことはせず、めぐみを「姉さん」と言って抱き続けます。

そんな状況に違和感を覚えつつも、どうにも出来ないめぐみ…。

アレクの傍で何がしたいのか…ちゃんと考えた方がいいですよと部下に言われ、戸惑うのでした。

戦は佳境に入り、目の前の砦を落とそうとするアレク。

攻めづらい地形と戦力を前に、アレクは切り札を使おうと言い出しました。

テントにいるめぐみを呼び、お姉さんが切り札ね!と言い…。

何のことかわからずに戸惑うめぐみを前線に連れて行き、彼女こそが勇者だと宣言したのです。

敵国の崇拝するコカビエル教の勇者がいれば、こっちに手出しできないよね…♪

アレクは敵が動揺している隙に、部隊を砦に集結し…攻撃を仕掛けました。

砦を手に入れるため、利用されためぐみ。

彼女はアレクに「何も考えなくていい」と言われていましたが、本当にそうなのかと悩みます。

戦に勝利したはずなのに、部隊の兵士がめぐみに向ける視線は冷たく…。

アレクに捨てられないように気を付けろ…と、言い捨てるのでした。

 

今夜はアレクは帰ってこないと聞かされ、不安に思うめぐみ。

様子を見ようとテントの外に出ると…目の前に敵国の兵士がいたのです。

護衛の兵を惨殺し、お前が魔女か…と呟く敵兵。

逃げるめぐみを気絶させ、その場を離れるのでした。

 

めぐみが目を開けると、目の前には尋問され…死んだ兵が転がっていました。

ヒィ…!と叫ぶめぐみの前に、大柄な戦士が立ち塞がります。

ロマーニャ法皇国騎士団長・ジャコモと名乗った騎士は、めぐみの事をコカビエル様の名を騙る蛆虫だと罵りました。

めぐみを嬲りながら、我らこそがこの世界に赦された存在なのだ!と憤るジャコモ。

恐怖を抱いためぐみは、何も考えなかった自分を後悔します。

他人に全てを任せた結果がこうなるなんて、思いもしなかった…!

めぐみを犯そうとする部下に押さえつけられていた所に、アレクが飛び込んできたのです。

ジャコモに攻撃をしかけるアレクですが、頑丈な鎧の隙間を突くのがやっと…。

そんな軽い攻撃は効かぬ!と吠えたジャコモの体が、グラリと倒れました。

さっきの攻撃で、毒がーー?

動けなくなったジャコモに近づき、姉さんに何するんだ…!と言うアレク。

兜の隙間から執拗にジャコモの顔を刺し、そのうめき声はめぐみの元にも届きます。

もう止めて…!と、アレクに訴えためぐみ。

アレクは冷たい瞳で、ここは戦場だよ?と答えますが…彼女の要望を聞き入れるのでした。

めぐみを抱き上げ、近くの寝室に入り…ご褒美をちょうだいと言うアレク。

また自分の事を「姉さん」と呼んだ事に気づきますが、めぐみは逆らいません。

前戯もそこそこに、猛るモノを後ろから侵入させるアレク…。

余裕のない行為に応えるかのように、アレク君以外に触られたくないよ!と告げるめぐみ。

それを聞いたアレクは、めぐみの顔が見たい…と言い出します。

仰向きになり、アレクの頭を撫でるめぐみ…。

彼はさっさと続きがしたいといい、再びめぐみのナカに沈みました。

めぐみは激しいピストンに、荒い息をついてイってしまいます。

アレクは面白そうに、今度はアンタが動いて!と言い出したのです。

恥ずかしがりながらもアレクに跨り、恐る恐る秘部をアレクの先っぽに咥えさせるめぐみ…。

アレクはうまくいかずにモタつく彼女の腰を掴み、一気に体を引き寄せました。

急にやってきた快感に、めぐみは身を震わせます。

一生懸命腰を動かし、口づけを交わしながら果てる二人…。

アレクは「頑張ったご褒美ね!」と言い、最後にもう一度めぐみの秘部に指を入れます。

ナカをぐちゃぐちゃにかき回され、雫をまき散らすめぐみなのでした。

 

砦から外に出た二人は、森の中を歩いていました。

ふと、俺の事好きになった…?と聞くアレク。

めぐみはドキドキしながら、「うん」と答えたらどうなるのかな…と悩みます。

照れ臭そうに話題を変え、敵の騎士団長を殺っておけばよかったー!と唸るアレク。

自分を助けるために傷だらけになったアレクを見て、めぐみの心はズキっ…と痛みました。

私に出来る事はないのかな…?と聞くめぐみに、アレクは同じ答えを繰り返します。

俺の姉さんになってくれるなら、他に何もしなくていいよ…。

そういった後、めぐみの背後に異変を感じたアレク。

茂みの中から、毒で倒れたはずのジャコモが姿を現したのです。

お返しとばかりに毒を塗った刃で、アレクに斬り付けるジャコモ。

動けなくなったアレクは攻撃を受け、その姿は血だらけになっていきました。

このままではアレクが…!と思っためぐみは、魔女である私を国に連れ帰って裁いてください!と懇願します。

ジャコモに頭を引きずられながら、アレクに向かって「ありがとう…ごめんね」と呟くめぐみ。

ジャコモは最後に振り返り、アレクに剣を突き立てたのです。

目の前の惨劇を目の当たりにしためぐみは、狂ったように泣き叫ぶのでした…。

こうして連合軍の戦は終わり、ロマーニャ法皇国と和平契約を締結させます。

経済大国フランダースの利権と引き換えに、コカビエル教に新たな勇者が誕生するのでした…。

異世界トリップ先で助けてくれたのは、 人殺しの少年でした。3 感想

ちょっとイッチャってる暗殺者風のアレクが、異世界からやってきためぐみと行動を共にするお話ですが…。

アレクのために何が出来るのか迷うめぐみが、翻弄されて…切なかったです。

濡れ場はアレクが陽気なので暗くはないですが、戦争が絡んできてお話自体は重くなっていました。

続きもあるみたいで、先が気になるお話でした!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍