漫画ネタバレ

実は私が本物だった37話ネタバレ!「もう一度言ってみなさい」・・・?

ピッコマ漫画掲載「実は私が本物だった」37話についてネタバレをまとめました。

【前回のあらすじ】

実は私が本物だった36話ネタバレはこちら!

パーティーにやってきたとある男と少女。

そして周囲もザワザワとします

まさか子どもが埋めなくて追い出された女の・・・?

よくも堂々と現れたものだ

そんな声が交差する中・・・

キイラは“ついに来たわね”

そう思いながら、冷ややかな目線をアイザックの後ろにいるコゼットに向けるのでした・・・

そしてコゼットは前を向くと・・・

笑いながら「こんにちは」と言うのでした・・・

「実は私が本物だった」37話ネタバレ

キイラは笑顔で「こんにちは!」と返します。

するとコゼットは二ヤッとして前に出てきながら

「十数年ぶりに家族に会えてうれしいです」と言います。

そして「公子様!私が年上の姉だと伺っているので気楽にお話ししてもよろしいですか?」と言ってきます。

ジークは怒りで顔を赤らめながら、何を訳の分からないことを!と言います。

するとアイザックが、自分が準備した特別なプレゼント、公子様の実の姉でございますというと、キイラを一瞥して「偽物」ではなく「本物」のと言うのです。

キイラは回帰する前と同じ展開だと思い返します。

怒ったジークはアーサー卿にこの狂った二人を追い出さず何をしているんだと怒鳴ります。

コゼットに手を伸ばすアーサー卿に、コゼットは手を払いのけて「触らないでください!」と言います。

自分は紛れもない大公家の血筋です、大公閣下が自分を娘として認められたらこの無礼に対する処分は免れませんよと言い、アーサー卿は慌てます。

するとそこに、パルビス大公閣下が登場します・・・!

皆が2階にいる大公閣下に敬礼をする中

「初めましてお父様 前大公妃ロエナの娘であり大公閣下の長女」と言いながらぺこりとお辞儀をし

「コゼットと申します」と言います。

閣下は、君が自分の娘だと言うのか?と確認するとその通りですと堂々とした態度をとるコゼット。

周囲は

確かロエナ・バインベルクは子供が産めない体で追い出されて死んだと聞いたが・・・

そういえばエディンバラ侯爵に濡れ衣を着せられたって噂も・・・

大公閣下に似ているし本当に娘なんじゃ・・・

そんな声が聞こえてくる中、“やっぱり変だ・・・”と思うキイラ。

コゼットを見ると、白い肌に傷一つない綺麗な手、そして何よりも平民が一体どうやったらこんなに多くの貴族たちの視線に平然としていられるのか。

そして自分の身分を知らずに田舎で育ったというところも怪しいと、コゼットを睨みつけながら思います。

「少し遅れてしまいましたがお会いできて本当に嬉しいですお父様」

というコゼットに、「お父様・・・?」と返す閣下。

そして周囲はざわつき始めますが閣下は騒ぐ声を睨みつけ目で一喝すると

「君が私の娘だと証明できるか?」と聞きます。

チャンスさえいただければ、と返すコゼット。

そして、一言一行前回と同じだと思いながらこの後の展開を思い胸を痛めるキイラ。

それは・・・

「いいだろう証明して見なさい 大事なのはどっちが私の実の子であるか確かめることだからな」

という言葉でした・・・

もう経験済みだしまた傷ついたらそれこそただのバカよねと思うキイラですが、父の言葉は意外なものでした。

「・・・もう一度言ってみなさい」

え?と言うコゼット。

ビクッとするキイラ。

「最初の挨拶だ」と言われ、「初めましてお父様?」とコゼットが言うと、ビクッとする閣下。

その顔は、なぜかハッとしたもので・・・

その後も周囲がざわつきますが、

「ここは息子の誕生日を祝う場だ 今すぐ結論をだせない問題だから今日はパーティーを楽しむとしよう」

そう提案すると、ジークのパーティを邪魔する気がないならこの話はここまでだと括ります。

回帰前ではこんな展開ではなかった。

まさか・・・そう思いながら閣下を見るキイラ。

「何か話でもあるのか?キイラ」と閣下に言われ

まさか閣下にも回帰前の記憶が残っているのでは?と思うキイラなのでした。

実は私が本物だった38話ネタバレはこちら

「実は私が本物だった」37話ネタバレ感想

流石二回目、キイラはコゼットを見てしっかり分析が出来ていますね。

父が「大事なのはどっちが実の子であるか」というくだりは、読んでいるこっちも胸が痛かったのですが・・・

閣下のまさかの対応に、救われる思いがしましたね。

どうか今後の展開が好転しますように・・・!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍