漫画ネタバレ

実は私が本物だった48話ネタバレ!大叔母様のところへやってきたキイラとコゼット

ピッコマ漫画掲載「実は私が本物だった」48話についてネタバレをまとめました。

【前回のあらすじ】

実は私が本物だった47話ネタバレはこちら!

パルビス家のディナーにコゼットが加わりました

コゼットはキイラが専属メイドの件を一任することを嫌がり閣下にすがるような目をしますが、閣下は見向きもせずさっさと席を外します

その後コゼットを口で負かせると、バツの悪くなったコゼットも退散します

ジークはキイラに抱き着いて、姉さんかっこいい!ホント最高だったよ!と褒めたたえます

キイラはジークの頭をなでながら、こういったことは回帰前にも何度かあったけどあの怒りで歪んだ顔を見るのはやっぱり痛快ね!と思うのでした・・・!

そして、笑顔で食事の続きをする2人なのでした。

「実は私が本物だった」48話ネタバレ

大叔母様のところへやってきたキイラとコゼット

コゼットが大叔母様に挨拶をすると、大叔母様はその容姿に驚きを隠せません

“驚いたわ 本当に瓜二つね ラディック(閣下)が女の子に生まれていたらこんな顔だったかも・・・”

そう思いながら、正直まだ戸惑っているけれど一番驚いたのはあなたたち二人よね、ここにいる間はゆっくりしてちょうだい と言います

キイラは今回の滞在は2日くらいですと言うと、また夕食で話しの続きをしましょうと言い、一旦部屋へ向かうキイラ達

その途中・・・

コゼット「キイラ!庭園見た?」とはしゃぐコゼット

キイラはホントおしゃべりね・・・と内心思いながらうんざりします

するとコゼットは急に、ベアトリーチェの精霊石を見たことがある?とキイラに聞きます

これにはさすがに足を止め戸惑うキイラ

なぜ精霊石について知っているの・・・?

精霊石がどうしたの?と聞くキイラに、コゼットは やっぱり見たことあるんだ!パルビスの公女として育てられたんだから当然よね と言います

見たことはないけど?と返すキイラに、笑いながら 信じられないけどそういうことにしておいてあげるわと言うコゼット

そしてキイラの方に顔を近づけながら

聞いたことはあるでしょう?精霊石を身に着けると精霊術が使えるって話・・・

そう言います

キイラは そんなことができるなら、誰でも精霊士になれるってことだからパルビス家が優遇されるわけないでしょ?その精霊石にすごく関心があるのね と言います

コゼットもニヤリと笑いながら、今まで一度も公開されたことがないからその精霊石に何か特別な力が秘められているかもしれないじゃないと言います

キイラは少し怒りながら、公開していないのにはそれなりの理由があるからよと言うとまた歩き出します

コゼットは後ろからついてきて、触ったことはあるの?とまだ聞いてきます

あまり話に乗ってこないキイラに、わざと怒るような言い方をしますが

「コゼット 無駄口をたたいている暇なんてないんじゃないの?」と振り返りながら言い、

「私だったらテーブルマナーのお勉強で忙しかったと思うけど?」と、ふっと憐れむような顔をしながら笑うと

本当の公女になりたいなら相応のマナーを身に着けなさいととどめを刺すキイラ・・・!

コゼットもさすがになにも返せず、顔を赤くするのでした

キイラが去ると、やってきたメイドに泣きついて「キイラに嫌われている可哀想な私」を演じるコゼット

そして腹の中ではキイラのことを、

平静を装っていたけどきっと不安なはず 焦らず時を待つのよ 人間は自分自身を疑いはじめると確信を取り戻すため証拠を必ず探すんだから・・・!と思うのでした

その夜、キイラは部屋でコゼットが大叔母様のところへ来た目的について考えます

ベアトリーチェの精霊石を見に来たのかしら?

石に触れるだけで精霊士になれるわけないのに・・・

前回の訪問時に見た先代の日記のように姉妹の共鳴ならまだしも・・・

そう考えながらも、何を企んでるのかまだわからないけれど絶対思い通りにはさせない!と意気込むのでした・・・!

「実は私が本物だった」48話ネタバレ感想

・・・あれ?

姉妹の共鳴・・・この二人も姉妹だから 回帰前に共鳴をしてキイラも覚醒したのでは・・・?

この二人がどちらも正当な公女である可能性もありますよね・・・?

真実とは・・・!?

実は私が本物だった49話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍