漫画ネタバレ

実は私が本物だった49話ネタバレ!まんまと騙されたキイラ・・・!?

ピッコマ漫画掲載「実は私が本物だった」49話についてネタバレをまとめました。

【前回のあらすじ】

実は私が本物だった48話ネタバレはこちら!

キイラは部屋でコゼットが大叔母様のところへ来た目的について考えます

ベアトリーチェの精霊石を見に来たのかしら?

石に触れるだけで精霊士になれるわけないのに・・・

前回の訪問時に見た先代の日記のように姉妹の共鳴ならまだしも・・・

そう考えながらも、何を企んでるのかまだわからないけれど絶対思い通りにはさせない!と意気込むのでした・・・!

「実は私が本物だった」49話ネタバレ

「ねえ キイラ・・・ベアトリーチェの精霊石・・・見たことある?」

昼にコゼットにそう言われたことを思い返すキイラ

まさかコゼットがベアトリーチェの精霊石のことを知っていたなんて・・・

回帰前、彼女がここを訪れた目的はそれ?

精霊石に触れたら能力が早く発現すると思ったから・・・?

そう考えつつも、他に何か思惑があるのでは?となにか引っかかるキイラ

そんなことを考えていたら、部屋にメイドのロゼが入ってきました

キイラが探していたお洋服を持ってきました!と楽しそうに入ってくると、キイラがベッドの上でなにか読んでいるのを見て

ひょっとして以前自分がお貸しした小説ですか!?と話しかけます

実はキイラはコゼットが読めないように、精霊士に関する本を全部持ってきていたのですがそうとは言えず、本を隠しながらも

うん、と答え小説について色々話してくるロゼに適当に相槌を打ちます

そしてロゼが そういえば頼みがあるとおっしゃってましたよね?と言うとキイラは・・・!?

場面は変わって、地下室へ行きたいと屋敷のメイドに頼むキイラ

こんな夜に地下室にですか?と驚かれるも、

ワインを飲みたいだけ、というキイラの頼みを聞き、手続きを省略してキイラに鍵を渡すことを躊躇していると

キイラは こんな夜中にワインを飲みたいと言ったらきっと大叔母様に怒られちゃうだろうからこうして直接お願いしに来たのよ、と言います

するとメイドは、ひょっとして地下室にある「あれ」を探していらっしゃるのですか?と言うと、それなら・・・と小声でキイラに何かを耳打ちをします

キイラは 分かったわ、大叔母様には内緒にしてね と言います

ロゼはそわそわし、本当に大丈夫でしょうか?あとで問題でもおkたら弱点を握られるかもしれませんよ?と怖がりますが

キイラは、大丈夫だから心配しないで と言い ちらっと後ろを見ます

そこには「ある者」がいて、この状況を見るなり逃げだします

そしてその者は、コゼットの部屋のドアをドンドンと叩きながら コゼットお嬢様!と叫びます

中からコゼットが出てきて、こんな時間にどうしたの?とその者に聞きます

その者とは、コゼット付きのメイドになったエミリーでした・・・!

先日コゼットがエミリーに キイラがジョアンナ様に内緒で何か企んでいる様子だったら報告してほしい と言っていたので とエミリーが伝えると

ゾッとするような 笑みを浮かべて喜びコゼット

エミリーはそれを見てビクッと怯えますが、聞かれて状況を説明します

それを聞いて、地下室にベアトリーチェの精霊石に通じる秘密通路があるのね!とハッとすると、コゼットはようやく尻尾を出したわねと言わんばかりに喜びます

そして、屋敷中に聞こえるような大声を出しながら

「侵入者よ! 邸宅に侵入者がいるみたいなの!」と言います

侵入者は地下室に言ったそうだから早く警備兵を呼んで!と叫ぶコゼット

驚いたメイドがコゼットに一体何があったのか説明してくださらないと・・・とコゼットを止めようとしますが、

とりあえず侵入者を捕まえるのが先よ!と取り合いません

メイドは侵入者だなんて…と思いますが、地下室の鍵がなくなっていることに気づくと、帳簿にも借りた人の名前も理由も書いてないのに・・・と焦り

他のメイドたちも本当に侵入者が!?と焦りだします

コゼットはそれを見て内心大喜びです

“キイラが能力を発現させるためにこっそり精霊石を取りに行ったんだわ!”と思いながら、

自分の作り話にまんまと騙されたのね 絶対にやってはいけない過ちを犯したのね

そうワクワクしながら警備兵とメイドたちを地下室へやり、

「入口は完全に包囲したわ 大人しく出てきなさい!」と言うコゼットに・・・!?

「実は私が本物だった」49話ネタバレ感想

新年早々、ものすごく性格の悪いコゼットが見られましたね・・・!笑

さぁキイラは何をしていたのでしょうか・・・?

次回が気になります!!

実は私が本物だった50話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍