漫画ネタバレ

呪術廻戦117話ネタバレ!伏黒が最強の式神を呼び出す!

2020年8月11日発売の週刊少年ジャンプ36・37合併号掲載の「呪術廻戦」のネタバレについてまとめました。

呪術廻戦の最新話を無料で読む方法は?

呪術廻戦の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、呪術廻戦の最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
呪術廻戦の最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...
【前回のあらすじ】

宿儺と漏瑚の戦いは、宿儺の勝利に終わりました。

そんな中、戦いの終わった宿儺の前に「お迎えに上がりました」と言いながら、裏梅という謎の人物が現れます。

一方甚爾との戦闘後、呪詛師に背後から斬られ負傷した伏黒。

しかし倒れた伏黒の側では、なぜか慌てている呪詛師の姿がありました。

呪術廻戦116話ネタバレはこちら

呪術廻戦117話ネタバレ

呪詛師から斬られて負傷し、ボロボロの伏黒。

苦しみながらも自分の「十種影法術」について、最初に2匹の玉犬だけが術師に与えられるのだと語り始めます。

それ以外の式神を扱うには、まず術師と玉犬で調伏を済ませなければならず、手持ちの式神を増やしながら、それらを駆使して調伏を進めることで十種の式神を手にすることができるのだとか。

そんな話をしながら、ボロボロの状態で道玄坂の109前を歩く伏黒。

それでも呪詛師に近寄るスキを見せない伏黒に対し、若いのにすごく強いと呪詛師は言います。

しかし伏黒の出血はひどく、ついに道端に倒れてしまいました。

すると伏黒は立ち上がろうとしながら、調伏は複数人でも出来るんだと話を続けます。

ただ複数人での調伏はその後、無効になるようです。

つまり当の術師にとっては意味のない儀式になりますが、意味はないなりに使い方があるという伏黒。

 

以前、五条は伏黒になぜ五条家と禪院家の仲が悪いか知っているかと問いかけました。

そもそも仲が悪いのを知らなかったという伏黒。

五条によると江戸時代の当主同士が御前試合で本気で殺り合い、両方死んだのだとか。

その時の当主は五条と同じ、六眼持ちの無下限呪術使い。

そして相手の術式は伏黒と同じ「十種影法術」だったようです。

そんな五条の言葉に驚く伏黒。

五条は「僕の言いたいこと分かる?」と問いかけました。

 

伏黒はそのことを思い出しながら、だからってアンタに勝てる術師になれるかよとつぶやきます。

その当主も、こういう使い方をしたんだろうなと考える伏黒。

一方ブツブツつぶやく伏黒に、しびれを切らした呪詛師がもういいね?と問いかけます。

しかし次の瞬間、地面が揺れ始めました。

呪詛師は辺りを見回し戦闘が行われているのを確認すると、派手だなと軽く笑います。

すると伏黒は続きだと言いながら、身構えました。

その呪力に驚く呪詛師。

要は式神は調伏しないと使えないが、調伏するためならいつでも呼び出せるんだという伏黒。

歴代十種影法術師の中に、これを調伏できた者は一人もいないと言います。

それを聞いた呪詛師は、何かに勘づき「待て!!」と慌てます。

すると伏黒は「布瑠部由良由良」「八握剣異戒神将魔虚羅」とつぶやき、式神を召喚しました。

制御不可能なほどの強力な式神、その調伏の儀式を2人で強制的に始めやがったと焦る呪詛師。

今から呪詛師と伏黒で、この化け物を倒さなければなりません。

しかし伏黒はすでに限界の状態。

心の中で虎杖に謝りながら、伏黒は「先に逝く。せいぜい頑張れ」と笑みを浮かべました。

次の瞬間、式神に突き飛ばされ意識を失う伏黒。

そんな伏黒を呪詛師は呆然と見つめ、式神を前に激しく動揺するのでした。

 

一方漏瑚との戦いを終え、別の場所にいた宿儺も式神の存在を感じ取っていました。

そして宿儺は裏梅に急用だと言います。

自分が自由になるのもそう遠い話ではないため、ゆめ準備を怠るなと伝え、「またな裏梅」と別れを告げて立ち去る宿儺。

そんな宿儺に対し、裏梅は頭を下げつつ、「お待ちしております」と返しました。

 

その直後、呪詛師は式神の攻撃を受ける間一髪のところを、宿儺に救われていました。

そこで宿儺は伏黒が仮死状態であることに気づき、呪詛師を見つめながら、やはりこのゴミを助けたのは正解だったと感じます。

恐らく道連れの形で調伏の儀に巻き込んだのだろうと察する宿儺。

呪詛師も死ねば儀式は終了で伏黒の死も確定してしまいます。

すると宿儺は「死ぬな。お前にはやってもらわねばならんことがある」と言いながら、伏黒に呪力を与えました。

伏黒を生かすには異分子の宿儺がこの式神を倒し、調伏の儀をなかったことにする必要があります。

そのため宿儺は「・・・味見といったところだな」と言いながら、戦闘態勢に入るのでした。

 

呪術廻戦の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、呪術廻戦の最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
呪術廻戦の最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

呪術廻戦117話感想

とんでもなく強い式神と宿儺の勝負になりました。

どんな戦いになるのか、とても楽しみです!

次回の呪術廻戦118話が掲載される週刊少年ジャンプ38号は8月24日に発売されます。

呪術廻戦118話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍