漫画ネタバレ

呪術廻戦123話ネタバレ!釘崎も真人の天敵だった!?

2020年9月26日発売の週刊少年ジャンプ43号掲載の「呪術廻戦」のネタバレについてまとめました。

呪術廻戦を無料で読む方法は?

今ならまんが王国で「呪術廻戦」の1巻を大増量で試し読みができます。

呪術廻戦

通常価格418ptが大増量で読めるこの機会にぜひ試し読みしてみてください!

また2巻以降も会員登録でもらえる半額クーポンでお得に読むことができますので、ぜひ活用してください!

今すぐまんが王国に登録して
呪術廻戦を読む

まんが王国
まんが王国の特徴とメリット・デメリット!アプリ評判や退会方法まで紹介人気の電子書籍漫画配信サービス「まんが王国」の特徴とメリット・デメリット、アプリ評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

呪術廻戦の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、呪術廻戦の最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
呪術廻戦の最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

【前回のあらすじ】

真人は虎杖を探すため、分身を作り二手に別れていました。

その1人は虎杖と戦い、そしてもう一人は釘崎と遭遇しバトルに。

そんな中、釘崎が虎杖と親しいことを知った真人は彼女の死体を晒して虎杖の魂を折ることを考えるのでした。

呪術廻戦122話ネタバレはこちら

呪術廻戦123話ネタバレ

駅構内で虎杖と交戦中の真人は、3人の人間をまとめて串刺しにしました。

そしてもう少し陀艮に人間を残してもらえばよかったかなと考える真人ですが、「ま、十分か」とつぶやきながら、階段を上がってきた虎杖に向けて人間を投げつけます。

虎杖は不意を突かれて避けきれず、人間たちと一緒に倒れ込みました。

人間のことを心配し、大丈夫か!?と聞く虎杖。

その人間は「うん!!」と答えますが、その顔は膨らんでおり、次の瞬間パァンッと弾けて血が飛び散りました。

虎杖の顔にも血が付着し、視界を奪われてしまいます。

しまったと虎杖が焦っていると、背後から右腕を棘つきの武器に変えた真人が迫ってきました。

 

一方真人の分身は街中で釘崎と交戦中でした。

釘崎が自分の両手を警戒していることに気づき、七三術師から報告を受けてるんだろうと察する真人。

しかし釘崎と戦っているのは真人の分身なので、本体のように自分の形は変えられても改造人間をイジったり、他者の魂に干渉はできません。

ただ相手は虎杖ではないため、体の形は変え放題。

真人は自在に形を変えて釘崎に襲い掛かります。

釘崎はハンマーで対抗しようとしますが、軽い傷を負ってしまいました。

そんな釘崎に真人は「だからさぁ効かないんだって」と言います。

しかし釘崎は、分かっててもやらなきゃならない時があるのだと返しました。

それに対し、馬鹿にしたような態度で煽り続ける真人。

すると釘崎は二本の釘を投げました。

真人はそれをひょいと体を軽く傾けて避けますが、釘崎はその間に素早く建物の上へあがります。

そして「やるよ」と言って、手のひらをパッと開いて釘を一本落としました。

釘は真人の足元に落ち、釘崎が指を鳴らすと地面で「簪(かんざし)」が発動しますが、真人は特にダメージを負っていません。

さらに建物から降りて来ようとする釘崎の行動に、何がしたいんだと真人は首をかしげます。

しかし釘崎が再度「簪」を発動すると、足元にばら撒かれていた釘が真人の体に次々に突き刺さりました。

どうやら一度目の「簪」は落ちていた釘の先端を上に向けるためのものだったようです。

すると釘崎は真人の肩に乗って、額に釘を突きつけました。

それでも真人は余裕の表情を見せます。

しかし真人の術式を聞いた時から、コレは効くんじゃないかとずっと考えていたと話し始める釘崎。

その時、真人は先ほどの釘崎の「分かっていてもやらなきゃならない時がある」という発言が、無策を装うためのブラフだったと気づきます。

そして次の瞬間、釘崎は「共鳴り」を発動。

真人の額に釘が突き刺さりました。

 

すると時を同じくして虎杖と戦っていた真人本体の胸元に長い棘のようなものが突き刺さり、真人は口から血を吐きます。

それを見て驚く虎杖。

釘崎は「共鳴り」で真人の肉体を通し、魂を撃ち抜く算段でした。

結果「共鳴り」は分身を通して本体の魂を捉え、本体の受けた魂のダメージは再び分身へフィードバックしました。

分身の真人は胸元を抑え、口から血を吐き出します。

そして自分の天敵は虎杖だけではなかったと、予想外の事態に驚きを隠せない真人。

そんな中、釘崎は少し離れたところで、自分の呪力が爆ぜる感じがしたとつぶやきます。

そして真人の呪力の圧も半端で、攻撃された時もガッツリ触れなかったことから、分身で術式を使えないのだと気づく釘崎。

そんな釘崎に対し、真人は「・・・正解」と答えて不敵な笑みを浮かべるのでした。

 

2020年9月26日発売の週刊少年ジャンプ43号掲載の「呪術廻戦」のネタバレについてまとめました。

 

今ならまんが王国で「呪術廻戦」の1巻を大増量で試し読みができます。

呪術廻戦

通常価格418ptが大増量で読めるこの機会にぜひ試し読みしてみてください!

また2巻以降も会員登録でもらえる半額クーポンでお得に読むことができますので、ぜひ活用してください!

今すぐまんが王国に登録して
呪術廻戦を読む

まんが王国
まんが王国の特徴とメリット・デメリット!アプリ評判や退会方法まで紹介人気の電子書籍漫画配信サービス「まんが王国」の特徴とメリット・デメリット、アプリ評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

呪術廻戦の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、呪術廻戦の最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
呪術廻戦の最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

呪術廻戦123話感想

まさか釘崎も真人の天敵だったとは驚きでした。

このままの流れだと真人を倒せそうですが、まだ最後の余裕そうな表情が気になります。

どんな展開になるのか楽しみです!

次回の呪術廻戦124話が掲載される週刊少年ジャンプ44号は10月5日に発売されます。

呪術廻戦124話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍