漫画ネタバレ

呪術廻戦140話ネタバレ!乙骨が虎杖を襲う!

2021年3月1日発売の週刊少年ジャンプ13号掲載の「呪術廻戦」のネタバレについてまとめました。

呪術廻戦の漫画が無料で読めてしまう方法!

呪術廻戦 無料 漫画 読む 方法
呪術廻戦の漫画が無料で読めてしまう方法!週刊少年ジャンプで連載している「呪術廻戦」を無料で読む方法をまとめました。 呪術廻戦を無料で読むならU-NEXT! \アニメや映...

【前回のあらすじ】

脹相と共に東京にはびこる呪霊を狩る虎杖。

そこに禅院直哉が伏黒恵を探してやってきます。

しかし伏黒がいないと分かると、直哉は虎杖たちに攻撃を仕掛けてきました。

さらにそこへ圧倒的な呪力をまといながら、虎杖の死刑執行人である乙骨憂太も現れました。

呪術廻戦139話ネタバレはこちら

呪術廻戦【考察】虎杖の”存在しない記憶”考察!3つの可能性有

呪術廻戦【考察】虎杖の”存在しない記憶”考察!3つの可能性有呪術廻戦の主人公、虎杖と対峙した者が発症する存在しない記憶・・・ この記憶を植え付けられたものは、虎杖を親しいものだと認識するよう...

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\全巻無料でお試し読みはこちら/
今なら600円分無料ポイントGET!

U-NEXTで無料で漫画を読む

呪術廻戦140話ネタバレ

虎杖は乙骨を見つめながら、誰だ?とつぶやきます。

脹相が(誰であろうと目的は・・・)と考えていた時、乙骨は突然飛び上がり、コンクリートを破壊して下に降りてきました。

「誰が虎杖くんの何?」と問いかける乙骨。

脹相は彼を見て、やはり虎杖の死刑執行人だと察します。

すると直哉は乙骨を制止し、両手を上げながら味方だとアピールします。

「君、乙骨くんやろ」という直哉。

そんな彼の言葉を聞き、虎杖は乙骨のことを伏黒が言っていた2年生の特級術師だと気づきます。

あなたは?と尋ねる乙骨に、直哉は自己紹介し真希のいとこで、虎杖を殺せと言われていると説明を始めます。

彼らがやり取りしている間、脹相は虎杖に逃げるぞと小声でささやきます。

直哉は種のあるスピードタイプで、彼と追いかけっこは美味くないので脹相が足止めするとのこと。

そのため脹相は虎杖に、乙骨から逃げることだけを考えろと告げます。

彼は五条悟と同じタイプなので、戦ったら死ぬという脹相。

それは虎杖と術師を戦わせず、かつ虎杖が脹相に引け目を感じない完璧な提案でした。

そんな中、直哉は虎杖を殺しても、そのことを上にしばらく黙っててもらえないかと、乙骨に頼みます。

彼をエサに会いたい人がいると直哉は言いながら、伏黒のことを黙っておいたら良かったと肝を冷やしていました。

乙骨は直哉の頼みを承諾し、そっちは任せると告げます。

その時、虎杖が駆け出しました。

それを見てすぐさま乙骨も走り出し、脹相は彼の進路を妨害しようとするも、動きが読まれており失敗。

乙骨は抜き身の刀を持っていても、凄まじいスピードであっという間に虎杖に追いついてきました。

虎杖が乙骨のスピードに驚く一方、乙骨も虎杖を走り出しで潰すつもりだったのに速いと感じている様子。

 

それと同時に直哉は脹相に襲い掛かりました。

そして直哉は先ほど脹相が「赤血操術」を使っていたのを見ていたと話し始めます。

「穿血」以外はそんなに怖くなく、「穿血」を出すには「百斂」デカいタメがいるという直哉。

「あとは言わんでも分かるやろ。詰みや、死ぬで君」

そんな直哉に対し、脹相はお前こそ俺の弟に手を出して、生きて帰れると思っているのか?と睨みつけました。

 

その頃、乙骨に追われる虎杖は横倒しになっている車に向かっていき、それを飛び越えます。

乙骨はすかさず反対側に回り込んで虎杖を刀で斬ろうとしますが、虎杖は車のドアに手をかけて再び車を乗り越え、それを躱しました。

絶対斬ったと思ったのにと感じながら、真希さんみたいだとつぶやく乙骨。

すると次の瞬間、虎杖は車を殴り飛ばしました。

車は反対側にいた乙骨に直撃し、突き飛ばされます。

虎杖は見通しの良いところでは、乙骨からは逃げられないと考え、今のうちに屋内に逃げ込もうとします。

しかし次の瞬間、先ほどの車が虎杖の上を飛び越えて、虎杖の逃げ込もうとした建物の入り口を塞ぎました。

立ち止まる虎杖に、「驚いた?パワータイプには見えないもんね」と言う乙骨。

虎杖はパワーがなくても、とんでもない呪力量だと感じます。

乙骨は実際非力なようで、パワー不足を呪力強化で補っているのです。

みんなやっていることですが、彼がやると、より強力なパワーとなっていました。

自分と真逆だとつぶやく虎杖。

すると乙骨は五条悟より呪力量が多いのだと話し、虎杖は驚きます。

しかし五条には「六眼」があるので、術式を発動した時のロス呪力が限りなく0。

そのため乙骨に呪力切れはあっても五条にはそれがなく、パフォーマンスでは五条が一番なのだと、乙骨は言います。

そして乙骨は、刀で虎杖に襲い掛かってきました。

虎杖は彼の攻撃を躱しながら、東堂が一流の術師ほど呪力の流れが読みづらいものだと、話していたことを思い出します。

それは一流ほど呪力操作の精度が高いため、直前まで攻撃が予測できないという意味です。

しかし乙骨は刀を含め、全身から常に呪力が立ち昇っていました。

動きを読む読まない以前の問題で、全ての攻撃が決定打になり得るうえ、全てのダメージが最小限に抑えられるのです。

そんな中、虎杖の頭の中で七海が死ぬ間際に放った「後は頼みます」という言葉が蘇ります。

すると虎杖は、まだ死ぬわけにはいかないのだと、乙骨を睨みつけるのでした。

呪術廻戦は全巻無料で読める?最短最速安全に読む方法のまとめ

呪術廻戦
呪術廻戦は全巻無料で読める?最短最速安全に読む方法のまとめ「呪術廻戦」は『週刊少年ジャンプ』(集英社)で2018年14号から連載されている大人気マンガでTVアニメとしても大人気作品になっています...
ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\1万7000冊以上まるごと無料!/

初回登録50%OFFクーポンで有料作品も
半額
で読めます!

bookliveで半額で漫画を読む

呪術廻戦140話感想

虎杖が乙骨と戦う雰囲気ですね。

五条の方がパフォーマンスが上とのことですが、五条より呪力量のある乙骨に虎杖は勝てるのでしょうか?

どんな展開になるのか楽しみです!

次回の呪術廻戦141話が掲載される週刊少年ジャンプ14号は3月8日に発売されます。

呪術廻戦141話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍