漫画ネタバレ

呪術廻戦143話ネタバレ!乙骨は味方だった!?

2021年3月22日発売の週刊少年ジャンプ16号掲載の「呪術廻戦」のネタバレについてまとめました。

呪術廻戦【考察】虎杖の”存在しない記憶”考察!3つの可能性有

呪術廻戦【考察】虎杖の”存在しない記憶”考察!3つの可能性有呪術廻戦の主人公、虎杖と対峙した者が発症する存在しない記憶・・・ この記憶を植え付けられたものは、虎杖を親しいものだと認識するよう...

呪術廻戦の漫画が無料で読めてしまう方法!

呪術廻戦 無料 漫画 読む 方法
呪術廻戦の漫画が無料で読めてしまう方法!週刊少年ジャンプで連載している「呪術廻戦」を無料で読む方法をまとめました。 呪術廻戦を無料で読むならU-NEXT! \アニメや映...

【前回のあらすじ】

激闘を繰り広げる脹相と直哉。

脹相は血をコントロールして直哉の隙をつき、彼に大きなダメージを与えました。

しかしそこへ仕留めた虎杖を引きずりながら乙骨が登場。

乙骨は脹相を拳で殴り飛ばすのでした。

呪術廻戦142話ネタバレはこちら

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\全巻無料でお試し読みはこちら/
今なら600円分無料ポイントGET!

U-NEXTで無料で漫画を読む

呪術廻戦143話ネタバレ

辛そうですねと言いながら、倒れている直哉を冷めた目で見下ろす乙骨。

直哉は(見下ろすなや!!)とイラ立ちながら、乙骨を睨みつけます。

しかし次の瞬間、体に毒が回った直哉は、吐いてしまいました。

なんやこれ?と動揺する直哉。

一瞬赤血操術に毒の効果があるのかと考えますが、術式の効果ではないと思い直します。

そして脹相の血液量が尋常ではなかったことから、彼が人間ではなく受肉体だと気づく直哉。

人外の血が入って肉体がそれを拒絶しているのだと察します。

苦しむ直哉に、治しましょうか?と尋ねる乙骨。

乙骨の反転術式は、他人も治せるようです。

その代わり虎杖の死は、直哉の口からも上に報告してほしいと条件を出しました。

 

場面は変わり、仁と呼ばれる男が、赤子を抱いています。

その赤子は虎杖悠仁のようです。

虎杖の祖父が仁に、あの女だけはやめておけ、死ぬぞと警告している様子。

悠仁の前で変な話はやめて下さいと拒絶する仁。

しかし祖父は、お前が香織との間に子供を欲しがっていたことも、それが叶わなかったことも知っていると声を荒げます。

「だが香織が死んだのは・・・」

そう話そうとした瞬間、「お義父さん。何の話ですか?」と香織が現れました。

彼女の額には縫い目がありました。

 

そんな夢を見ていた虎杖が目を覚まします。

近くには乙骨の姿があり、目を覚ました虎杖を見て「よかった~」と心底ほっとしたような顔で笑みを浮かべます。

そんな彼の様子に困惑する虎杖。

すると乙骨は、9月頃に五条から虎杖のことを頼まれ、やむを得ず芝居を打たせてもらったのだと語り始めます。

9月頃、乙骨の前に現れた五条は嫌な予感がするため、自分に何かあったら今の一、二年のことを頼みたいと告げました。

特に一年の虎杖は、乙骨と同じで一度秘匿死刑が決まった身なので、五条は注意を払ってほしいと頼んだのです。

乙骨は他の執行人を立てられたり、虎杖の情報を断たれるよりは、こう立ち回るのがベストだと判断したのだとか。

総監部とは執行人として認めてもらう代わりに、虎杖を「殺す」という縛りを結んだため、一度殺したらしく、乙骨は本当にごめんねと謝ります。

じゃあ何で自分は生きているのかと疑問を浮かべる虎杖に、乙骨は反転術式だと説明します。

虎杖の心臓を止まると同時に反転術式で一気に治癒したようです。

虎杖の死を偽装するのはこれで二度目。

すぐにバレる可能性もありますが、虎杖の死刑はとりあえず執行済みで処理されるとのこと。

「どうしてそこまでして」と動揺する虎杖に、乙骨は自分が大切にしている人たちが、虎杖を大切にしているからだと告げます。

乙骨も一度身に余る大きな力を背負いました。

しかし背負わされたと思っていた力は、自分自身が招いたものだったという乙骨。

その反面、虎杖の背負った力は彼の力ではないのです。

そのため、君は悪くないと乙骨は言います。

しかし自分のせいとかそういう問題じゃないという虎杖。

「俺は人を」と虎杖が話そうとしたとき、横から「虎杖」と呼ぶ声が。

虎杖が振り返ると、そこには伏黒恵の姿がありました。

伏黒はさっさと高専に戻るぞ、と虎杖に告げます。

今高専の結界は緩んでおり、直接顔を見られない限り虎杖が戻っても問題がないとのこと。

しかし虎杖は、当たり前のように受け入れるな、なかったことにするんじゃねぇと声を荒げます。

虎杖は乙骨との戦いで「まだ死ぬわけにはいかない」と話してましたが、乙骨は彼は自分が本当に存在していいか迷っているんだろうと察します。

そのため、自分との戦闘で、最後までボルテージが上がらなかったのだろうと推測する乙骨。

俺のせいで人が大勢死んだんだぞ!と叫ぶ虎杖に、伏黒は俺たちのせいだ、お前独りで勝手にあきらめるなと言います。

そして、俺たちは正義の味方ではなく、呪術師だという伏黒。

俺たちを本当の意味で裁ける人間はいないからこそ、存在意義を示し続けなければならない。

俺たちは自分のことを考えている暇はない、ただひたすらに人を助けるんだ。

これはそもそも、お前の行動原理だったはずだ。

そんな彼の言葉を聞きながら、虎杖は心の中で(それじゃお前は俺が隣にいる限り、ずっと苦しむことになるんだぞ!)と感じていました。

すると伏黒は、まずは俺を助けろと虎杖に告げます。

加茂憲倫が仕組んだ呪術を与えられた者たちの殺し合い”死滅回游”。

その死滅回游に津美紀も巻き込まれているのだと伝えた伏黒は、虎杖にお前の力が必要なのだと頼むのでした。

呪術廻戦は全巻無料で読める?最短最速安全に読む方法のまとめ

呪術廻戦
呪術廻戦は全巻無料で読める?最短最速安全に読む方法のまとめ「呪術廻戦」は『週刊少年ジャンプ』(集英社)で2018年14号から連載されている大人気マンガでTVアニメとしても大人気作品になっています...

呪術廻戦【考察】虎杖の”存在しない記憶”考察!3つの可能性有

呪術廻戦【考察】虎杖の”存在しない記憶”考察!3つの可能性有呪術廻戦の主人公、虎杖と対峙した者が発症する存在しない記憶・・・ この記憶を植え付けられたものは、虎杖を親しいものだと認識するよう...

呪術廻戦143話感想

乙骨が味方で安心しました。

新たに死滅回游という恐ろしいゲームが始まるようですが、今後の展開が楽しみですね!

次回の呪術廻戦144話が掲載される週刊少年ジャンプ17号は3月29日に発売されます。

呪術廻戦144話ネタバレはこちら

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\1万7000冊以上まるごと無料!/

初回登録50%OFFクーポンで有料作品も
半額
で読めます!

bookliveで半額で漫画を読む

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍