漫画ネタバレ

輝夜伝30話ネタバレ!死んだはずの兄は生きていた!?

2020年9月28日発売の月刊flowers11月号掲載の【輝夜伝】についてまとめました。

輝夜伝の最新話を全部無料で読む方法は?

輝夜伝の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、輝夜伝を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
輝夜伝を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

【前回のあらすじ】

死んでしまった兄·竹速は二度と目を覚ますことはありませんでした。

それでもまだ兄を生き返らせようと必死な月詠を、大神は都に連れて帰ろうとします。

すると突然彼らの前に森の守り神として知られている「真神様」が現れました。

月詠が兄の遺体を安全な場所に運ぶよう頼むと、真神様は竹速の遺体を咥えて森の奥に消えていきます。

さて月詠を上皇治天の君がいる冷然院に案内した大神ですが、彼に渡す気はなく自分の側にいてほしいのが本音。

その為顔を汚し髪をくしゃくしゃにします。

月詠を天女だと疑う上皇は彼女の汚れた顔を見て、少し残念そうな表情を見せました。

しかし一度美しい姿の月詠に会っていた彼は、美しく着飾らせれば天女となるはずだと話しました。

「この者は滝口の武者、滝口にて裁きを受けさせるのが筋」と引き下がらない大神。

ならばと太刀を抜く上皇は「まこと天女ならこの一撃かわせるはず」と迫ります。

咄嗟に彼女を庇った大神は以前この者を渡す約束をしたこと、それに比叡山に行ったことを忘れるなと伝えます。

ここまで言われたら流石の上皇も手を出せない様子。

滝口に戻った二人は当主から滝口の方針に背いた罰を与えられました。

上皇の下で四面の武者になった大神は元より滝口を辞する覚悟。

それだけではでは償えきれない罪だと自覚しているのか、自分を上皇の間者だと考えてくれと提案。

滝口を離脱し上皇の下に逃げ込むという体なら、何かあれば当主に知らせることが出来ます。

当主にはこれまで辛い時も支えてもらい感謝しかありません。

絶対に秘密を漏らさないことを条件に、大神への罰は滝口から辞することに決まりました。

月詠はといえばやはり上皇の手先になったり、宮中の守りの武者と騒ぎを起こした罰として滝口の任を解かれます。

とはいえ自由の身なったわけではなく、かぐやを守るお役目から開放されたわけではありません。

早速かぐやから挨拶に来るよう知らせが届いたようです。

かぐやの館に呼ばれた月詠は正式に専属の供侍に任命され、白い共侍の装いを着せられます。

舞って見せよと言うので高速で回転したら、目を回し気分を悪くしてしまいました。

かぐやは皆を下がらせ自ら月詠の看病をしてくれます。

月詠は兄のいないこの世に未練はないので、月に連れて帰ってほしいと頼みますが…。

帝のことが気になるかぐやはまだ帰るつもりはありません。

どうやら帝に恋しているようで本人にもその自覚はある様子。

だったら一人でも帰ろうと思った月詠ですが、今でも兄が何故生き返らなかったのか不思議です。

かぐやによるとそれは「半人前」だからとのこと。

とにかく竹速を愛していることには変わりません。

ここで兄に恋心を抱く自分にやっと気付いたのです。

それを聞いたかぐやは…。

兄を生き返らせられなかったのは新月に近かったせいではないか?月は満月ほど力が大きいと教えてくれました。

実は死んだと思われた竹速は何処の館でかぐやが「ツクヨミ」と言っている夢を見ていました。

この夢は月詠の目を通して見ている夢?

竹速はなんと失敗したと思われた月詠の能力で生き返っていたのです。

輝夜伝29話のネタバレはこちら

恋する天女はやがて月へ帰る運命…しかし帝の思いは永遠

仏像の前で手を合わす月詠はこの仏像がかぐやにどこか似ていることに気が付きました。

さて「帝」のお渡りを告げたのは五位の中将凄王(すさのお)です。

そして大神は屋敷にあった月詠の荷物を持ってきました。

「かぐや様は息災か?」と聞いてはいるものの、月詠のことが気になる様子。

そこに現れたのは凄王、二人が何をしていたのかいぶかしみます。

用は済んだと言った大神は帝は毎日この時間にお渡りになるのかと確認しました。

凄王は大神の質問を無視し上皇に御注進に来たのだと悟りました。

上皇の間者という呈で相手を探りに来たようです。

去ろうとする大神は月詠のにとって兄を殺した憎い人物、一発殴ろうとするもそれを止めたのは凄王。

恋する女から殴られたら立ち直れないから自分が代わりにと言いつつ、大神に平手打ちを食らわし追い返します。

その後帝はかぐやと対面し遊び相手になるものの、内容が難しく不機嫌になるかぐや。

覚えた頃にはもう妾はおらぬと言われるとなんだか悲しい気持ちになりました。

でもちょっとふざけただけで二人にはいつもの笑顔が戻ります。

因みに一番易しい勝負は勝ちか負けかサイコロの目を問うものです。

一に近ければ帝の勝ち、二に近ければかぐやの勝ち、帝が勝ったら願いを一つ聞いてもらうことに。

共侍として凄王と外に待機中の月詠は、男装をしていても正体を知っている彼にはその美しさが隠せません。

凄王は毎日のようにこの屋敷に帝が通うので、かぐやと夫婦になったのか聞いてきました。

それは下衆な質問というもの。

でも帝が恐れているのはかぐやが大人になることです。

帝自身手を出さないと決めていました。

気の毒なことですがかぐやは以前より体が大きくなった気がします。

それを説明するには先ほどのサイコロ勝負に戻る必要があり、結局かぐやには負けてしまい背比べをさせられました。

かぐやが少し背が高くなったのは既に帝より年上だったからです。

背が高くなったということは月に帰る日が早くなったということ、そして帝の願いは「月に帰らないで欲しい」ことのみ。

「まだ参らぬ」と答えたかぐやは月に帰るその時までは帝の女御。

そんなかぐやを帝は仏の姿に残したいと思っています。

日の本一の仏師にかぐやに似た仏像を作ってもらうつもりです。

凄王が思うに月の姫達は己に恋する男に残酷で、それに気付いていない様子があります。

話を振られた月詠は何故未だに宮中にいるのか分かりません。

かぐやには恩義を感じているのは事実ですが、またすぐに比叡山に行き兄が本当に死んだのか確認し、数珠の手掛かりを探りたい気持ちもありました。

天女の力は凄まじきもの!だから悪用しようとする人間もいる

冷然院にいる上皇は帝とかぐやの仲について大神から報告を受けます。

このままいけば早々に月からかぐやの迎えが来るはずです。

月詠はどうしたと聞かれた大神は殴ろうとされたことを打ち明けます。

「情けない顔をしおって」と笑う上皇は退屈しのぎに遊びに付き合えと言いました。

大神の真意が今一分からない上皇は、この遊びによって彼の考えを読み取ろうとしている様子。

負けた者は自らの秘密を暴露しなければならない厳しいルール。

上皇は月詠が天女であるのかを一番知りたいと思っています。

ではもしこちらが勝ったのなら上皇が何故不死になったのか教えてほしいと大神。

それはもし負けたらの話です。

そもそも人なのかどうか、帝と婚礼の儀をあげた月詠は何故姿を消したのか?

秘密の暴露は一つと約束した上皇ですが、大神が溝口と関わりがあることを知っています。

信用されたければ真実を語れと強気な上皇。

ここで七より大きな目が出れば彼の勝ち…サイコロの目は四と九、つまり大神の負けとなりました。

勝った代わりになにゆえ月詠がかぐやの身代わりになったと問い詰めます。

「それは上皇治天の君さまの不死の薬を舐めたせいで、幼子戻ってしまったのです」と答えた大神。

今は元のかぐやに戻りつつあり屋敷にいる姫は本物とのこと。

上皇は少しだけ大神の話に納得したようです。

さてそのかぐやは遊び疲れて帝と仲良く手を繋いだまま寝てしまいました。

犬の太郎丸は散歩してもらいたいようですが、満月の夜に外出し月の光を浴びるわけにはいきません。

兄にそう戒められて育ったからです。

しかし満月の夜に一番天女の力が強くなるなら竹速を蘇らすことが出来たはず!

何故それが出来なかったのか不思議です。

前の夜は確かに新月に近い月が出ていたので、兄を蘇らすことは出来ていたと確信する月詠。

自ら屋敷の池に入り月に向かい祈りを捧げます。

その祈りの力は都から離れた場所で意識朦朧としていた竹速にも届きました。

月詠がふと水面を見ると神々しい光で満ちていて、比叡山の数珠もそれに反応しています。

これこそが天女の真の力なのか?

そしてこの力を使えたのは兄が生きてる証なのかと思いました。

 

輝夜伝の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、輝夜伝を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
輝夜伝を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

輝夜伝30話死んだはずの兄は生きていた!?の感想

上皇の近くに身を置くことは相手の出方を探ることにも繋がりますが、自らの身を危険に晒すことにもなります。

一筋縄ではいかない相手に流石の大神も苦労していました。

ですが月詠が天女である秘密は守れたようで良かったです。

今後の上皇の動きやかぐやの成長も気になりますが、生き返った竹速の行動にも注目したいですね。

なるべく早く月詠と再会してほしいと思いました。

次回の輝夜伝【31話】が掲載される月刊flowers12月号は10月28日頃の発売です。

輝夜伝31話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍