漫画ネタバレ

輝夜伝42話ネタバレ!苦難を乗り越え、結ばれる月詠と梟…!

2021年9月28日発売の月刊flowers11月号に掲載の「輝夜伝」42話についてネタバレをまとめました。

輝夜伝ー無料で読む方法まとめ

輝夜伝の最新8巻を無料で読む方法まとめ!月刊flowersで連載中の「輝夜伝」を無料で読む方法をまとめました。 輝夜伝を無料で読むならU-NEXT! \アニメや映画も見...

 

[前回のあらすじ]

月詠を助けるため、冷然院に潜入した梟たち。

治天の君に天女について聞きたいと言われ、ついて行くと…?!

「輝夜伝」41話のネタバレはこちら

輝夜伝42話 ネタバレ

治天の君は梟を別室に案内し、彼がかつて自分に仕えていた本物かどうかを確認します。

梟の両目は確かに白くなり、目が見えていない事を示していました。

目の前の男が本物の梟であると確信した治天の君は、まるで不死身だな…と呟いたのです。

月詠に出された条件を叶えるために、月詠の母の事を話せと迫る治天の君。

月詠は叔父の娘で、失踪した母の代わりに私が育ててきたと梟は答えました。

しかし治天の君は、母親の行方は知らないという梟の言葉をに偽りを感じ…納得しなかったのです。

 

その頃…月詠を助けるために、竹でできた扉に向かう大神と凄王。

刀を携え、居眠りしている見張りをあっという間に昏倒させました。

月詠の前に立ちふさがる竹の扉も一閃で切り裂き、無事に月詠に出会う事が出来たのです。

二人の顔を見て、嬉しそうに駆け寄る月詠。

一緒に白龍と琵琶を連れて脱出しようとしますが、肝心の梟の姿がないことに気づきます。

兄者は?と不安げに聞く月詠に、梟は別行動だが…彼の強さがあれば大丈夫だと大神は言うのでした…。

 

屋敷の中が騒がしくなったことに気づき、辺りを見回す治天の君。

梟は一瞬をの隙を突いて、治天の君の人質にとる事に成功します。

治天の君は首に刀を当てられながらも、お前は私を殺せぬ!と言いました。

月詠を守るためには私の守護が必要なはず…と考えた治天の君。

彼は梟に交換条件として、月詠の母親探しに協力するよう話を持ちかけたのです…。

 

部屋から抜けだした途端、見張りの兵に囲まれる月詠たち。

月詠は仕方なく、天女の力を使い…フワリと空に舞い上がりました。

下を見下ろすと…梟に刀を突きつけられた治天の君が、月詠を必死に呼び止めています。

私から逃げられると思うのか?と迫る治天の君に、私の願いを叶えてくだされば戻ります…と答える月詠。

その約束…本当に契るか?と問われ、月詠は毅然とした態度で「はい」と返事をしたのです。

治天の君はしばらく月詠を見つめたかと思うと、全員を解放するように家来に命じたのでした。

去り際、梟に何かを手渡し…また参れと言い残して…。

 

無事に月詠を救出し、外へ出た一同。

大神は、月詠の願いを叶えれば治天の君のものとなる…と約束したことを心配しています。

しかし月詠は月を見上げ、きっと母者は月に帰った…と呟くだけでした…。

 

しばらくして、御所・滝口に到着した一行。

帝とかぐやに迎えられ、月詠はしばらく淑景舎で過ごすようにと言い渡されました。

しかし月詠は、目の見えない梟の世話をしたいと申し出ます。

淑景舎に罪人である梟を置くことは、認められないと訴える滝口の長。

すると凄王と大神が、ぜひうちの館に!と手を挙げました。

しかし、以前警備の不備などがあった事もあり…この案は却下されます。

何処ならいいのかと考えていると、滝口の長が梟を預かると立候補したのです。

彼は代々陰陽道に精通し…武道にも秀でている我が家なら、彼らを守ることが出来ると訴えました。

こうして梟は滝口の長の家に行くことが決まり、梟の世話をするために月詠も同行することになったのです…。

 

輿に乗り、滝口の長の家まで向かう月詠と梟。

輿の中で体を寄せ合っていた月詠ですが、天女が月に帰らないで済む方法があると言いだしたのです。

それは…?と聞く梟に、私とややを作って!とお願いする月詠。

ややを孕んだ天女は、月に帰れない…。

それを聞いた梟は黙ってしまいますが、否定することもせずに月詠を抱きしめるのでした。

 

滝口の長の屋敷・賀茂家にたどり着いた二人。

目の見えない梟の手を引いて、月詠は甲斐甲斐しく世話をします。

二人の姿を見た滝口の長は、仲の良い兄妹だ…と話しかけました。

部屋に案内し、今日は休めと言って去る滝口の長。

部屋にはお湯が用意されていて、月詠は梟の体を清めるために服を脱ぐように言います。

梟の広い胸を丹念に布で拭き、烏帽子に手を掛けようとすると…。

月詠の手を梟の手が優しく捕らえます。

梟を見上げ、ずっと昔から大好き…と呟く月詠。

梟は何も言うな…と、月詠の唇に自分の唇を重ねました。

そのまま二人は、互いの想いを確かめるように抱き合うのでした…。

輝夜伝42話 感想

月詠が治天の君と、約束をしてしまったシーンは驚きました。

好きでもない男のものになんて、絶対ならない性格ですもんね。

しかし、もう策を打っていたんですね…。

やっと両想いの二人が結ばれて、ラストはとってもロマンチックでした!

次回の「輝夜伝」43話が掲載される月刊flowers12月号は10月28日発売予定です。

輝夜伝43話ネタバレはこちら

 

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍