漫画ネタバレ

怪獣8号51話ネタバレ!繋ぐ希望を、未来へ・・・

ジャンプ+掲載「怪獣8号」51話についてネタバレをまとめました。

怪獣8号を無料で読む方法を徹底調査しました!

怪獣8号を無料で読める方法はこんなにあります!少年ジャンプ+で連載中の「怪獣8号」を無料で読む方法をまとめました。 怪獣8号を無料で読むならU-NEXT! \アニメや映画も見...

怪獣8号を全巻無料で一気にお得に読む方法を徹底調査しました!

怪獣8号
怪獣8号を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ少年ジャンプ+で連載中の「怪獣8号」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 怪獣8号を配信している全部の...

【前回のあらすじ】

怪獣8号50話ネタバレはこちら!

「キコルのこと めいっぱい甘やかしてあげてね パパ」

笑顔で妻からそう言われ、ここで長官の回想は途切れ・・・

脳天に喰らった一撃を踏ん張りながら抑えると

「父親らしいことなど何もしてやれなかった」と言いながら、その拳をググッと持ち上げます

補佐官「体内に超高レベルの電磁エネルギー!?これって・・・」

長官「せめてこの一撃で この恐るべき厄災を あの子の未来に残さぬよう」

そう思いこめ、拳を9号に向けて打ち込んで・・・!?

「怪獣8号」51話ネタバレ

強烈な一撃を怪獣9号の腹部に食らわせる長官

9号の体には大きな穴が開きます

来栖「指向性エネルギー攻撃・・・!?」

それは、かつて札幌を壊滅させた怪獣2号の主攻撃力<メインバースト>でした

しかし、人間の体でそんなものを放てば身が持たない・・・!と周囲は懸念します

9号はその一撃にかろうじて耐えていますが、裂けた腹部から核が露出します

いけるーそう来栖が思ったとき

9号「素晴ら・・・しイ けどねボクはコレに耐える進化<じゅんび>をしてきた」

そういうと・・・

凄まじい音とともに、9号の形状が変化していきます

防御に全肉体を極振りする気か!!と来栖が思ったとき

9号「残念ダッたねー・・・え?」

9号が長官を見ると、その拳は固く握られていて・・・

9号「人間にそんなこトできる訳・・・」

言うな否や、長官はまた強烈な威力の2発目を打ち込みます・・・!

その力は、9号だけでなく、その後ろにそびえたつ大きなビルにも大きな穴をあけ、次の瞬間にはビルは吹っ飛んでしまいます・・・!

その風圧たるや、周りにいた隊員たちは立ち上がることもできず、ただ叫ぶのでした

その風圧のすさまじさに、駆け付けたカフカも驚きます

「な・・・なんだこれ・・・」

そして、その横には鳴海長官も・・・!

倒れた来栖が起き上がり、長官はどうなったとドローンで様子を見ようとすると・・・

そこには、肉の塊と化した9号と、その前に立つ長官の姿が・・・

しかし、9号は倒れていませんでした・・・

9号「あー・・・」

「強化したボクの肉体・・・でも耐え切れ・・・ないトはね」

そう言いながら、ボロボロと身が崩れていく9号

来栖はその様子を見て、やった・・・と喜びますが・・・

すべての肉がそげたにも関わらず、核とわずかな骨格で立つ9号の姿が・・・

9号は、けど残念、これが人間の限界、もしも長官の体が怪獣だったら自分の負けだったのに、と話します

来栖は泣きながら長官退避を・・・と言いますが、何かに気づきます

長官は・・・

もうボロボロな中、一撃、あと一撃・・・とつぶやきながら9号に立ち向かっていきます

そしてすでに9号はまた身体を回復させて、さあ2号、怪獣に戻ろうというと・・・!?

場面は変わって、カフカと鳴海は長官を探しています

そして、煙の間から出てきた長官の足元には、倒された9号が横たわっていて・・・!?

怪獣8号を無料で読む方法を徹底調査しました!

怪獣8号を無料で読める方法はこんなにあります!少年ジャンプ+で連載中の「怪獣8号」を無料で読む方法をまとめました。 怪獣8号を無料で読むならU-NEXT! \アニメや映画も見...

怪獣8号を全巻無料で一気にお得に読む方法を徹底調査しました!

怪獣8号
怪獣8号を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ少年ジャンプ+で連載中の「怪獣8号」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 怪獣8号を配信している全部の...

「怪獣8号」51話ネタバレ感想

倒れていますが・・・本当に倒せたのでしょうか・・・?

長官は、立ち尽くしていますが意識はあるのでしょうか・・・?

次回がとても気になりますね・・・!

怪獣8号52話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍