漫画ネタバレ

神獣医1話ネタバレ!神獣プロジェクト開始、神を治す獣医とは!?

2020年7月9日発売の別冊少年マガジン8月号掲載の「神獣医」についてネタバレをまとめました。

神獣医最新話を無料で読む方法は?

神獣医最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、神獣医最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
神獣医最新話を読む

神獣医1話ネタバレ

内閣府特命防災局では、中央アルプスの火山活動が急激に活発化している現状を受け、

対策を練っています。このままいくと間違いなく噴火が起こり、それによる死者は100名以上を超える見込み。

気象庁の観測を待っていては、対策が遅れてしまうと「神童 新(しんどうあらた)」は伝えます。

局長は本当に止められるのか?と、少し訝しげですが・・・。

神童はきっぱりと「必ず。彼ならきっと、いやあれを治療できるのは彼だけです。」と言い切るのでした。

・・・その彼とは、「朝井 尊(あさいたける)」、都内大学病院に勤務する動物好きの獣医だと言います。

 

タケルは、リハビリを終えた犬を抱きかかえて、犬と対話するかのようにそのリハビリの努力を労います。

この犬の症例は、首ヘルニアが足の麻痺を引き起こしていたため、

ベントラルスロット術といってお腹側に穴を作り、そこから首のヘルニアを取るという

かなり難しい手術だったようです・・・。しかし当の本人は、これは犬の頑張りによるものと主張します。

犬の後ろ脚を触診して、犬にかじられてしまうタケル・・・。

すごい獣医のはずなのに、どこかだらしなくてヌケていると院内で噂されています

しかし無事退院を終えた動物たちを見つめながら優しく微笑むタケルなのでした。

 

ところがタケルが休憩のため処置室を離れものの数十秒、いきなり後ろから屈強な男に顔を覆い隠され

何と・・・・・誘拐!?パニックになるタケルですが、手は拘束されていないことに気がつき

恐る恐る顔の覆いをとってみるとそこには、かつての先輩「神童」が。

しかもその神童との突然の再開でかつ、内閣府で働いていると知って頭はパニックに。

そんなタケルの様子を見て「そいつがお前の言っていた獣医か 随分と間抜けた顔だが・・

本当にそいつで大丈夫なのか?」と言う巫女の格好をした謎の女。

そこで神童は、タケルに「お前に診てほしい患者がいる」と、事の経緯を説明し始めるのでした。

最近の中央アルプスには霊気の乱れがあり、それにより山々に異変が起きていると。

その乱れの中心に患者がおり、それは犬や猫なんかではなく、神なのだと言います・・・。

神と聞かされ、しかも今にも噴火しそうな山に近づくにつれて、どんどん訳がわからなくなっていくタケル。

これ以上は見た方が早いと、医療道具一式を持って山歩きを開始する事にした神童。

神童の傍若無人ぶりは相変わらずだと不平を漏らすタケルですが、

そう言いながらも一所懸命頑張ってくれるタケルの様子も変わっていないと微笑む神童。

 

歩きながら、何かを感じ取った巫女の女は突然走り出し

「大変に・・・お待たせ致しました麒麟様・・・」と、呟きます。

すると突如として現れた大きな麒麟・・・中国古代から伝わる応龍・鳳凰・霊亀と並び称される四霊獣の中の獣類の長。

威厳たっぷりに現れた人智を超えた存在との遭遇に思わず腰がひけるタケルですが、

巫女に先週から腹を患っていると聞かされ、それが自分がここにつれて来られた理由なのだとようやく理解します。

神童の長年の研究は、神と自然災害の関係だったとし

「タケル!お前が霊獣の病を治療できれば災害を未然に防ぐことができると言うことだ!」と説得にも熱がこもります。

呆然とするタケルに、やはりタケルでもダメなのか・・・?そう思う2人でしたが

タケルはすぐに麒麟にそっと手を当て、巫女に病状の通訳をお願いし処置を開始するのでした!

 

しかしエコーを取るにも硬い鱗が邪魔して一苦労。

体の大きさも相まって、状況を正しく把握することだけでも時間がかかります。

その間に今にも噴火しそうな火山・・・麒麟は危機を察し「駆けつけてくれただけで十分だ」と3人を逃がそうとします。

しかしタケルは、麒麟が龍の頭を持ち胴は鹿、牛の尾に牛の蹄を持つ点に着目しついに「第四胃変位」と診断します。

これは牛などの反芻動物特有の病気だそうで、ガスが溜まる事で第四胃が膨張して

本来の胃がズレてしまう結果、消化障害を起こすものだと説明します。

治療法は手術のみですが、ここには手術を想定した設備はありません。

しかしタケルは目の前の患者を救う事が僕の使命だとし、この場で手術を行うことを決めます。

冷静に行なっているように見えるタケルですが、牛とは桁違いの大きさの麒麟。手探りで部位を探します。

もう少しだからね・・・そう自分と麒麟に言い聞かせながら・・・

しかしそこでタケルの頭に隕石が落下し、一瞬気を失いかけます。

その間にタケルはかつて神童に言われた「命に違いなどあるものか」という言葉を思い出すのです。

2人も助けられながら何とか縫合も完了し、手術終了・・・!

すると一瞬で麒麟は火山を鎮めるのでした・・・。

 

その後、タケルは普段と変わらない口調でお薬を処方し、術跡のアドバイスします。

「世話になった、勇気のある者達よ 感謝する」と言われ、照れくさそうに「獣医なので!」と笑うタケル。

全員で麒麟の後ろ姿を見送ります。

疲れてその場で寝転がるタケルに、神童は「神は霊獣麒麟だけではない」とニンマリ笑うのでした。

世界の命運はタケルに託された!?神獣プロジェクト、ここに始動・・・・!

 

神獣医最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、神獣医最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
神獣医最新話を読む

神獣医1話感想

普通の獣医モノかと思いきや文字通り「神スキル」と「神様」の治療をする漫画なのですね・・・!

ファンタジー(?)要素がちりばめられつつも、神獣の特徴を生かした処置や治療法などを展開し面白かったです!

次回からどんな神獣達に会えるのでしょうか!?

神獣医2話のネタバレはこちら

 

まんが王国で無料キャンペーン実施中!

まんが王国で人気作品が無料で読めるお得過ぎるキャンペーンを実施中です!

この機会に絶対無料登録!期間限定のお得情報はこちらから↓
まんが王国