漫画ネタバレ

彼の耳には角がはえている6話【最終回】ネタバレ!遂に両想い…!

めちゃコミックで配信中の「彼の耳には角がはえている」6話のネタバレです。

【前回のあらすじ】

告白をしても聞こえていない大彌に不貞腐れる千蔭。

しかし大彌は過去を思い出し、思わず涙を溢れさせていました。

ふざける千蔭に遂に怒った大彌は…?

彼の耳には角がはえている5話ネタバレはこちら!

彼の耳には角がはえている6話【最終回】ネタバレ

ネクタイを取られたとき、男友達と居た時、好きだと言われたとき。

ナニモカンガエヨウトシナイ、ボクノキモチナンテ、と大彌は感じていました。

聞こえない、聞き取れない、なんて言ってるか解んない、と言う千蔭。

しかしその言葉は、子供の頃授業で発言した時にクラスメイトから言われ、笑われた言葉と同じでした。

キコエマセーン、キキトレマセーン、ナンテイッテルカワカンナイ、そんな事を言われてきた大彌。

千蔭は大彌、落ち着いてゆっくり話して、私が悪かったから、と大彌を抱き締めます。

反省してる、大彌の本心を聞かせて、そう言われて静かに目を閉じる大彌。

ばっと千蔭を突き放しますが千蔭はそれにしがみつき、大彌を押し倒してしまいます。

ばーか、頭でっかち、分からずや、と泣く千蔭。

ダイヤ、スキダヨ、アナタヲアイシテル、大彌の耳元で千蔭は本心を伝えます。

けれど同時におぼろげな母の事を思い出す大彌。

ダメ、ヨクナイ、そう大彌は言いますが、千蔭はその大彌の唇を塞ぎます。

好きなんだし仕方ないっしょ、抱き締めるくらい許してよ、と言われ千蔭の手を優しく握り、頬を寄せる大彌。

千蔭はあーすっきりした、と言いますが、大彌は静かに千蔭に手を伸ばします。

チ、カケ、タイセツ、ナ、ヒト、スキ、そう言って千蔭を抱き締め、千蔭はうん、ありがとうと言って泣き出します。

貴方は私にとって、かけがえのない大切な人、ずっとそばにいるよ、そう聞こえたよ。

2人は静かにキスをして、思いを分かち合うのでした。

彼の耳には角がはえている6話【最終回】感想

ハッピーエンドでしたね。

これから色々あるのかもしれませんが、綺麗な終わり方でしたね!

皆さんも良かったら読んでみてくださいね!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍