漫画ネタバレ

かつて神だった獣たちへ59話と60話ネタバレ!血の簒奪者!

別冊少年マガジン5月号(4月9日発売)と6,7月合併号(6月9日発売)

「かつて神だった獣たちへ」第59、60話【血の簒奪者】を読みましたので、ネタバレと

感想を書きました。

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\月額ポイント全額返還あり/
半額クーポンもらえる

コミックシーモアで漫画を読む

かつて神だった獣たちへ最新話を無料で読む方法は?

かつて神だった獣たちへ最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、かつて神だった獣たちへ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
かつて神だった獣たちへ最新話を読む

かつて神だった獣たちへ 第59,60話 【血の簒奪者】 ネタバレ!

一話が短いため、二話分まとめての記事となります。

ハンクとケインは、激しい一騎打ちを続けています。

ハンクの拳がケインの身体を貫き、優勢かと思われましたが、ケインは余裕です。

「もっと見せてくれ。無慈悲なほどの暴力を!私に無力感を感じさせるのだ!」

ハンクは容赦なくケインを蹴り飛ばし、その体は壁にぶつかり、レンガが壊れ落ちます。

すぐに起き上がることができないケインに、ハンクは銃をつきつけます。

ケインは少しも怯えていませんでした。

ケインが別のところを見ていることに気付き、ハンクは目線をそちらに向けます。

そこにはガラスケースに保存された、エレインの遺体が吊るされていました。

愛しい人と思わぬ再会を果たしたハンクは、激しく動揺します。

動揺したハンクを見たケインは、銃口の下からさらり抜け出してしまいます。

「どうだい、ハンク。美しいエレインだろう?この姿を保つのは苦労したのだよ」

そこへハンクの身を案じたシャールが飛び込んできます。

ケインはシャールに興味を示すことなく攻撃を続けようとしますが、その時、

ソラニウムが甲高い異音を響かせます。

「この音を聞いてはいけない、シャール!」

ハンクが叫び、シャールも耳をふさいで音を遮ります。

その様子に、シャールこそが探していた神の声を聞く者だとケインは気付きます。

「そういうことか……先生、うらみますよ……」

彼女の捕獲をアラクネに命じ、シャールはアラクネの糸で捕えらえてしまいました。

「ハンク、君はこの娘がエレインと同じように、ソラニウムの理解者であり、神の声を聞く

者だと知っていたな?」

図星のハンクは、否定することができません。

なす術なく捕らえられたシャールを救おうとハンクがとびかかりますが、アントニオ

が阻止します。

「隊長さん、本気を出さないのかい?」

ハンクが戸惑っていることを鋭く見抜くアントニオです。

その隙に、ハンクの背後からケインが自らの鋭く伸ばした指先で容赦なく攻撃します。

ケインの鋭い指先に体を貫かれたハンクは、致命傷を負ってしまいます。

「ハンク、ここまでにしよう。私は務めがあるのでね。ここでお別れだが、最後に君に

彼女をあげよう。今の私にとって、あのエレインはただの遺体にすぎないのだから」

ケインが指を鳴らすと同時に吊るされたガラスケースが落下し、エレインの遺体が

地上に飛び出てきてしまいます。

ケインの非情な行動に、怒りを露わにするハンクでした。

ハンクはあざけりながら笑います。

「エレインとの再会を喜んでもらえたようだな。その身体を好きにするといい!」

怒りが止まらないハンクの身体が獣へと変化していきます。

「もっと怒って、憎むがいい!私への憎悪は全て君の血肉となるのだから」

ハンクを心配するシャールの側に、ケインは歩み寄ります。

「囚われし姫君はここだ。ハンク、悔しければ獣の王となれ」

ケインはシャールの顔をわしづかみにします。

「泣き叫んで、助けを乞うのだ!」

ケインの表情に驚きつつも、シャールは動揺しませんでした。

「ハンクさん!自分を見失ってはいけないわ!わたしなら大丈夫だから」

ハンクが獣になってしまうことを心配したシャールの叫び声に、ケインは少し落ち着きを

取り戻します。

「以前みたいなことになったら、ハンクさんはもう戻れなくなるわ。近くの町だって

破壊してしまうかもしれない。だからお願い、自分を見失わないで!」

アラクネに囚われてることに恐怖を感じつつも、シャールはケインを睨みつけます。

「あなたについていきましょう。ケイン・マッドハウス」

毅然としたシャールの様子に驚くケインです。

「……ふん。やる気が失せたぞ。しかしこの小娘、あのハンクが手元に置く理由が

理解できるというものだ」

致命傷を負ったハンクは動くことができず、ケインを遠くから睨むことしかできません。

「ハンク、それだけのケガを負っているのだ。しばらくは動けまい。無理をするな。

今はエレインとの再会をゆるりと楽しむがいい。君も懐かしいだろうからな」

ケインはシャールを捕えたままのアラクネと、アントニオを連れ、静かに去っていきます。

ハンクは悔しさで唇をかみしめながらも、ケインの言う通り、動くことができません。

ハンクはエレインの身体の側に、にじり寄っていきます。

エレインの遺体は、かつての美しさを全く失っておらず、艶やかな黒髪も以前のままです。

ハンクは長い黒髪にそっとふれますが、反応はありません。

エレインの首の後ろに片手を回し、彼女の身体をゆっくりと抱き上げます。

「エレイン……エレイン……」

愛しい人の名を呼びますが、美しい裸身の恋人の遺体は、目を開けませんでした。

ハンクはエレインの身体を、愛おしげにそっと抱きしめることしかできませんでした。

 

かつて神だった獣たちへ最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、かつて神だった獣たちへ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
かつて神だった獣たちへ最新話を読む

かつて神だった獣たちへ 第59,60話 【血の簒奪者】 感想!

ケインと一騎打ちとなったハンクでしたが、美しい姿を保ったままのエレインの遺体に

再会してしまったことで、致命傷を負ってしまいます。

ハンクはエレインをとても大切にしていたのでしょうね。

エレインと同じようにシャールが神の声を聞くものだとケインに気付かれてしまいました。

今後シャールをどうやって取り戻すかが鍵となりそうですね。

次回、「かつて神だった獣たちへ」第61話は、7月9日(別冊少年マガジン8月号)

発売です!

かつて神だった獣たちへ61話のネタバレはこちら

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\1万7000冊以上まるごと無料!/

初回登録50%OFFクーポンで有料作品も
半額
で読めます!

bookliveで半額で漫画を読む

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍