漫画ネタバレ

かつて神だった獣たちへ63話ネタバレ!幽囚の聖女③!

2020年9月9日に発売の別冊少年マガジン10月号掲載の「かつて神だった獣たちへ」

について、ネタバレをまとめました。

かつて神だった獣たちへ最新話を無料で読む方法は?

かつて神だった獣たちへ最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、かつて神だった獣たちへ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
かつて神だった獣たちへ最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

【前回のあらすじ】

ミリエリアによって街を案内されるシャールでした。

想像以上に豊かで住み心地が良さそうな人々に驚くシャールでした。

しかしミリエリアがとある酔っぱらいに絡まれ、ためらうことなく殺そうとします。

慌てて止めに入ったシャールは、どうにか男を救い出します。

シャールに咎められたことをミリエリアは不愉快に感じていました。

かつて神だった獣たちへ62話のネタバレはこちら

 

かつて神だった獣たちへ63話ネタバレ!

シャールはケインの夕食に招待されていました。

「遠慮せず、食べなさい」

優しくもてなしてくれるケインでしたが、シャールは別のことで戸惑っています。

夕食をいただこうとする部屋は広く、テーブルも驚くほど大きいのです。

その中に、ケイン、ミリエリア、シャールの3人だけという光景に戸惑います。

「シャールってば、マナーを知らないの?」

食べ方がわからず固まっていると思ったミリエリアが、くすくす笑っています。

「ミリエリア、知らぬことを恥じる者を嘲笑うのは、レディとして恥ずかしいぞ」

ケインにたしなめられたミリエリアは、顔を赤らめ素直に謝りました。

「失礼なことをいって申し訳ない。マナーなど気にせず食事を楽しんでくれたまえ」

そうは言われても、何をどうすればいいのかわからないシャールでした。。

「シャール、私のやり方をみてて」

ミリエリアが、こそっとマナーを教えてくれました。

「少し騒ぎがあったらしいが、大事にはならなくて何よりだ。この地はどうだい?」

街を見た感想を聞かれ、シャールはスープのスプーンを止めたままです。

「美味しいから、安心して食べなさい」

優しく声をかけられ、シャールはおそるおそるスープを口に運びます。

スープは驚くほど美味しく、シャールは感動してしまいます。

思わずミリエリアに伝えようと横を向くと、ミリエリアは緊張した面持ちです。

口元にはスープがこぼれ落ち、マナーが苦手なのはミリエリアも同じようでした。

微笑ましく思ったシャールは、布巾でミリエリアの口元を拭いてあげました。

「あ、ありがと……。ってそれぐらい自分でできるわよ!」

真っ赤になって叫ぶミリエリアを、シャールはニマニマしながら見つめています。

ふたりの様子を、ケインはまるで自らの娘を見るような目で見守っています。

「そんな目をされる方とは思いませんでした……」

「どうやら、私はとんでもない極悪人と思われているようだな」

そう思っているシャールは、少し不気味そうにケインを見ています。

「そんな君に、ひとつだけ良い事を教えてあげよう。ハンクはしばらく来れないよ」

その言葉に、ハンクが生きていることを知るシャールでした。

「良かった。彼は生きているんですね」

「ハンクは死なない。けれどしばらくは会えないよ。時間はあるから考えなさい。

街の人々のこと、擬神兵のことなどをね。君だからこそできる決断を待っている」

シャールはその後、ケインの言う通り、存分に食事を楽しんだようでした。

思わぬごちそうにほくほくしながら、ひとり歩いていました。

「失礼。少しお話をさせてもらっていいかしら」

声をかけてきたのは、蜘蛛の姿をしたアラクネでした。

アラクネに捕えられ、ここにいるシャールは、緊張した様子で返事をします。

「な、何の御用ですか?」

「街であったことよ。ミリエリアを守ってくれたでしょ」

「ご覧になっていたんですか?」

シャールはアラクネが秘かに二人を見張っていたことを知りません。

「礼を言うわ。ミリエリアを守ってくれてありがとう。あなたならきっと……」

アラクネの意味深な言葉に、不思議そうな顔をするシャールです。

「いえ、いいの。お礼を伝えたかっただけ。あなたは優しくて、うらやましい……」

去って行くアラクネの顔は、なぜか寂しそうでした。

その頃、ケインは鏡を見つめていました。

そこにはなぜか、エレインの姿が写っています。

エレインは優しく微笑んでいるように見えます。

鏡に映るケインも、エレインのような姿になっていました。

ケインは鏡のエレインを見つめながら、語りかけます。

(エレイン。君の考えは正しかったのかもしれないな。でも僕は信じるよ。

僕に流れる君の血を。君が探し出せなかった答えを見つけてみせる……)

振り返ったときには、エレインの姿はケインに変わっていました。

その顔は夕食の時の優しい表情とは真逆の、怖ろしい形相でした。

「これで全てそろった。必ず見つけて見せるさ……!」

何かを決意している様子の、ケインでした。

その頃、パトリア軍のクロードがライザと共に山道を歩いていました。

クロードはケインの弟であり、ケインをなんとか止めたいと思っているのです。

ライザはクロードに協力しながら、ハンクを助けるつもりです。

またファーガソン神父の行方を追っていました。

「ちょっと、クロード。どこへ行くの?あそこには何もないわよ!」

「約束してあるから、行くよ」

力強く言うクロードでした。

そして同じように山道と思われる地をひとり進むのは、ハンクでした。

その背には棺桶らしきものを背負い、決意を秘めた目で突き進んでいました。

 

かつて神だった獣たちへ最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、かつて神だった獣たちへ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
かつて神だった獣たちへ最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

かつて神だった獣たちへ63話感想!

ケインの二面性が露わになる回でしたね。

ミリエリアとシャールを優しく見守る一方で、不気味に笑うケイン。

エレインと血が流れているという言葉も気になります。

ケインとハンクの対決は、再びやってくるのでしょうか?

次回のかつて神だった獣たちへ64話が掲載される別冊少年マガジン11月号は

10月9日に発売されます。

かつて神だった獣たちへ64話のネタバレはこちら

まんが王国で無料キャンペーン実施中!

まんが王国で人気作品が無料で読めるお得過ぎるキャンペーンを実施中です!

この機会に絶対無料登録!期間限定のお得情報はこちらから↓
まんが王国