漫画最終回ネタバレ

鬼滅の刃23巻【最終回】ネタバレ!日本一慈しい鬼退治、これにて完結!

週刊少年ジャンプで連載していた、鬼滅の刃の23巻のネタバレをまとめました。

鬼滅の刃を全巻無料で読めるか調査した結果はこちら↓

鬼滅の刃を無料で読む方法を徹底調査しました!【完結作品】全23巻で完結した「鬼滅の刃」を無料で読む方法まとめました。 ↓↓「鬼滅の刃」の最終回ネタバレはこちら↓↓ https://...

鬼滅の刃アニメ特別編集版の違いや見逃し動画配信を無料で見る方法!

鬼滅の刃
鬼滅の刃アニメ特別編集版の違いや見逃し動画配信を無料で見る方法!アニメ「鬼滅の刃」特別編集版!!”柱合会議・蝶屋敷編”が全国放送決定しました! 多くの鬼滅ファンの声から実現された劇場版に繋がるス...

【前回(22巻)のあらすじ】

甘露寺が深手を負ってしまい、伊黒に抱えられ彼女は戦線離脱します。

走っていく伊黒に、「待って!お願い死なないで!!!」と手を伸ばす甘露寺。

伊黒は彼女の声を聴きながら、悲惨な幼少時代のことを思い出します。

そして、伊黒は思います。

(無惨を倒して、また新しい人生で「君」と出会えたら、今度は絶対に好きだと伝える)

伊黒が刃を赤くして見せると、それに続いて悲鳴嶼、不死川、冨岡も武器を赤くしました。

そしてさらに、善逸、伊之助、カナヲの三人も到着し、応戦します。

しかし無惨は、その場にいた鬼殺隊士全員に致命傷を負わせます。

そこへ現れた炭治郎。

縁壱が炭治郎の記憶の中で、全ての型を見せてくれたことで、炭治郎は格段に強くなっていました。

「日の呼吸の12の型を繰り返すことで、13個目の型が完成するんだ」

という考えへたどり着いた炭治郎は、日の呼吸の技を連続で繰り出し始めます。

さらに伊黒も復活し、二人がかりで無惨をどんどん追い詰めていきました。

けれど彼はいきなりそこで逃亡し始め、かつて1800個の肉片に分かれたように、その場から分裂して逃げようとします。

けれど珠世が、

「人に戻す薬」「老化する薬」「分裂阻害の薬」「細胞破壊の薬」

の4つを打ち込んでいたために、無惨はその場から逃げられなくなっていました。

その一方で禰豆子は、完全に記憶と自我を取り戻し、人間の姿に戻っていました。

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\月額ポイント全額返還あり/
半額クーポンもらえる

コミックシーモアで漫画を読む

鬼滅の刃23巻のネタバレ!

第197話 執念

珠世のおかげで、無意味とも思われた攻撃も無惨に効き始めます。

しかし無惨は神経系を狂わす大技を放ち、炭治郎はその場に倒れて激しく痙攣をおこしました。

そこへやって来た伊之助。

「失った手足や、仲間たちの命を返せ」

「それが出来ないなら、何度でも死んで償え」

彼はそう言って無惨に攻撃をし、そこへ善逸も加勢しに来ました。

善逸は倒れている炭治郎に言います。

「生きることだけ考えろ」

「お前は帰るんだ、禰豆子ちゃんと2人で、家族が待ってる家に帰るんだ」

その言葉は、しっかり炭治郎に届きました。

そして命を振り絞るように他の鬼殺隊士たちも立ち上がり、無惨に向けて刀を握るのでした。

第198話 気付けば

善逸と伊之助は、連携して無惨に攻撃を繰り出します。

けれど、善逸は負傷により最大限の威力で技を出せず、伊之助も何度も攻撃を食らって体はすっかりズタボロです。

そこで炭治郎が何とか復活し、再び日の呼吸の13の型を繰り出し始めました。

共に戦い抜く炭治郎、善逸、伊之助の3人。

3人が攻撃をつないでいき、無惨に休む暇を与えないよう攻めていきます。

炭治郎は

「もうこれ以上は技を出せない」

と判断し、無惨を壁にめり込ませ固定させました。

そこへ蜜璃が来て、無惨の腕を素手で引きちぎります。

実弥も到着し、炭治郎に降りかかる無惨の腕を斬り落としました。

炭治郎を食おうと顔が半分に裂け、顔全体が恐竜の口のようになった無惨。

避けまいと踏ん張る炭治郎でしたが、彼を伊黒が庇います。

皆が死力を尽くしたおかげで、夜明けがすぐそこまでやってきました。

第199話 千年の夜明け

無惨の目に、昇る太陽が映ります。

無惨は周囲の建物を全壊させる勢いで衝撃を出し、炭治郎以外の隊員は吹き飛ばされます。

この衝撃で、炭治郎は片腕を失いました。

けれど片腕でも刀を赤くしなければ、と力いっぱい日輪刀を握る炭治郎。

ここで義勇が一緒に、炭治郎の刀を目いっぱい握ります。

二人が刀を一緒に握って、日輪刀は赤く染まりました。

無惨は太陽の光を直接受けまい、と身体を何倍にも膨れ上がらせ、炭治郎はその中に取り込まれます。

一緒にいた義勇まで無惨に取り込まれないように、炭治郎は義勇を突き飛ばしました。

「無惨を日陰に入らせてはいけない」と輝利哉が命令をします。

その命を聞き、一般隊士たちは巨大化した無惨に瓦礫を落としたり、車で突っ込んでいったりして、日なたにとどまらせました。

実弥と悲鳴嶼も、隊士たちと一緒になって無惨を日なたへとどめます。

しかしそこからさらに、地面へ潜ろうとする無惨。

しぶとく隠れようとする彼を、水柱、風柱、蛇柱がそれぞれ死ぬ思いで技を繰り出します。

ここでようやくやっと、無惨の体は崩れ落ち始めたのでした。

第200話 勝利の代償

無惨の体は、塵一つ残さず消えていきました。

隊士たちは歓喜の叫びをあげ、涙を流し合いながら無惨の死を喜びます。

幼いながらにも指揮を取った輝利哉は、消耗しきって意識を失ってしまっていました。

そして隊員たちは、負傷者の治療にあたります。

悲鳴嶋は、自分はもういいから他の隊員に薬を回してくれ、と隊員に頼み込みます。

そんな彼の目に映ったのは、寺で一緒に暮らしていた子供たちの姿でした。

鬼が来た時、悲鳴嶋の言うことを聞かずに外に飛び出していったのは、外にある農具を持って戦おうとしていたからなのだと。

彼らはずっと黄泉の道で、悲鳴嶋を待っていたのだと。

真実を打ち明け、泣きながら謝る子供たちに手を握られて、悲鳴嶋は優しくほほえみを浮かべます。

「……じゃあ、一緒に行こうか…」

そう言って亡くなった悲鳴嶋の手を握り、鬼殺隊士たちもまた涙を浮かべました。

一方蜜璃は、伊黒の腕の中に抱かれ、無惨の死をしずかに喜んでいました。

蜜璃は自身の死を悟り、伊黒もまた自分が死ぬことを悟っているようです。

伊黒は、蜜璃に初めて会った日の話をします。

「君があまりにも普通の女の子だったから、俺は救われたんだ」

「君と過ごした時間は、幸せで仕方なかった」

「その眩しい笑顔に、多くの人の心が救われた」

「だから、胸を張れ」

伊黒の優しい言葉を聞いて、蜜璃はわんわん泣きだしました。

「私、伊黒さんが好き」

「伊黒さんは、私のことすっごく優しい目で見ててくれるから」

「ねえ、また人間に生まれ変われたら今度は、私をお嫁さんにしてくれる?」

その言葉に伊黒は、もちろん、と彼女をぎゅっと抱き寄せました。

その頃、実弥は黄泉の道を彷徨っていました。

母親の手を引いて、母親が寂しくないようにと地獄の方へ進む実弥。

けれどそこで父親に強引に腕をつかまれ、突き飛ばされます。

父親は、「お前はまだ来る時じゃねえよ」と言い捨て、実弥は現実で意識を取り戻します。

善逸も伊之助も何とか生きていました。

その頃「炭治郎はどこだ、生きているのか」と探し回っていた義勇。

そこで彼は、すでに脈が無い炭治郎を見つけます。

明るく笑う炭治郎の顔を思い浮かべ、義勇は炭治郎に手を添えて悔しそうに涙を流します。

第201話 鬼の王

無惨は体が崩れたその時にようやく、産屋敷の言った「思いこそが永遠」という言葉を理解します。

けれどその理解は邪悪な方向へ歪んでおり、無惨はこう解釈していました。

「自分が死んでも、炭治郎という存在が私の想いを受け継いでくれる」

「この男が、鬼殺隊を滅ぼしてくれる」

そして死に際、無惨は自身の全てを炭治郎に注ぎ込んだのです。

炭治郎は「鬼」になって、目を覚ましました。

その体は鬼のものとなっており、目を覚ましてすぐ、近くにいた隠を殺して食おうとします。

ギリギリで義勇が止め、彼は叫びました。

「動けるものは今すぐ武器を取って集まれ、炭治郎が鬼にされた」と。

炭治郎は、鬼の弱点である日光を克服してしまっていました。

そこへ善逸がやって来て、こんなのあんまりだ、と力なく言います。

伊之助は応戦しますが、炭治郎との温かい思い出ばかりが浮かんで、首を斬ることなど出来ません。

第202話 帰ろう

そこへ走ってやって来た禰豆子。

炭治郎は禰豆子に噛みつきますが、禰豆子は言いました。

「今までずっと、お兄ちゃんに苦しい思いをさせてごめんね」

「もう帰ろう、おうちに帰ろうよ」

それでも禰豆子に容赦なく爪を立てる炭治郎に、善逸が叫びながら止めに入ります。

「もう禰豆子ちゃんは人間に戻ってるんだ、こんなことしたら死んじゃうよ!!」

「お兄ちゃんて、呼ばれてるだろ!!!」

伊之助も、根限り炭治郎に叫びます。

「お前こんなことするやつじゃないだろ!!」

「元に戻ってくれよ、優しい炭治郎に戻ってくれよ!!」

炭治郎はそれでも意識を戻すことはなく、暴れ続けました。

義勇の水の呼吸の技も効かず、日の光も効かず、仲間の声も届かない、完全にお手上げ状態です。

そこへ、ふらふらとカナヲがやってきました。

彼女は決戦前にしのぶから、禰豆子が人間に戻る薬の予備をもらっていたのです。

カナヲは最終奥義を使い動体視力を上げ、戦っている炭治郎に「戻っておいで」と薬を打ち込みました。

薬を打ち込まれ、炭治郎の心臓は、ドクン、と鳴り響きます。

第203話 数多の呼び水

家へ、帰りたい。

そう一心に想う炭治郎を、無惨が引き留めようと絡みつきます。

「家には家族の死骸しか無いのに?」と言う無惨。

「家にはいっぱい思い出がある」という炭治郎。

「お前は仲間を傷つけたのにか?」

「はやく戻って、謝りたい」

「永遠の命を手にすることができるぞ?」

「少しもいらない、人間として死にたい」

「死んだ者に、お前だけ生き残ったのかと恨まれるぞ!?」

「そういうこと、言う人達じゃない」

惑わそうと必死になる無惨の言葉も、もう炭治郎には届きません。

あたたかい仲間たちの手が、炭治郎を無惨の元から引き上げます。

無惨は、置いて行かないでくれ、と悲痛な叫びをあげながら、ひとりぼっちになりました。

目を開けた炭治郎の元には、多くの鬼殺隊士たちが集まっていました。

目覚めてすぐ、怪我をさせてしまったことを詫びた炭治郎に、隊員たちは狂喜乱舞します。

禰豆子と抱き合って笑いあい、カナヲと目を合わせて微笑みあいました。

愈史郎は、珠世のかんざしをぎゅっと手に握って、泣きながら笑って見せました。

全部が終わりましたよ、と。

第204話 鬼のいない世界

決戦から3か月後、蝶屋敷で炭治郎たちはのんびり傷を癒していました。

世界から、鬼がいなくなりました。

炭治郎の左腕は使えなくなっており、右目も全く見えなくなっていました。

それでも禰豆子と炭治郎は、二人で楽しそうに話をしています。

少し前に炭治郎の元へ愈史郎がやって来て、炭治郎に「よく頑張った」と伝えてくれました。

珠世のことを覚えていられるのはあなただけだから、どうか死なないで、と炭治郎は愈史郎に言います。

その日、産屋敷邸では最後の柱合会議が行われていました。

生き残った柱は、水柱・冨岡義勇と、風柱・不死川実弥の2人のみ。

鬼殺隊は、この日を持って1000年の歴史に幕を閉じました。

炭治郎の元へ、たくさんのお見舞客がやってきます。

宇随とその嫁たち、煉獄親子、刀匠さんたちに元・隠の人々。

炭治郎は一人ずつ丁寧に言葉を交わし合います。

その頃、伊之助はお腹を空かせて盗み食いをしていました。

それをアオイが注意し、伊之助専用の食べ物置き場を作ってくれました。

伊之助は料理をする彼女の後ろ姿を見て、嬉しそうにほほえみます。

炭治郎は、カナヲと2人で桜の樹を眺めていました。

二人は会話はぽんぽん弾んでいき、楽しそうに話をしています。

その頃、禰豆子は初めて人間の状態で風柱・不死川とばったり会っていました。

禰豆子の優しい笑顔と言葉で、玄弥のことを思い出した実弥は、禰豆子の顔に優しく手を添えます。

実弥に「達者でなァ」と言われた禰豆子は、ちょっぴり顔を赤くしました。

その後ろでは善逸が恨めしそうに二人を見ていました。

義勇や鱗滝とも、禰豆子と炭治郎は相変わらず仲良くしているようです。

蝶屋敷から出て、炭治郎、禰豆子、善逸、伊之助の4人は亡くなった隊員のお墓参りに行きました。

全員分花をそえた後、4人が向かったのは炭治郎たちの家。

炭治郎たちの家族が埋まっている土の上には、たくさんの花が咲き誇っていました。

手を合わせていると、炭治郎と禰豆子は、後ろで家族が「おかえり」と言ったように感じます。

二人は顔を見合わせてボロボロ涙をこぼし、ただいま、と何度も繰り返しました。

それから4人は、炭治郎の家で目いっぱい幸せに暮らしました。

こんな毎日がいつまでもいつまでも、どうか続きますように、と願いながら。

第205話 幾星霜も煌めく命

時は巡り、時代は現代へ。

炭治郎が戦ったという確かな事実は、この時代まで語り継がれていました。

炭治郎とカナヲが結婚し、引き継がれた竈門一族。

今日も、竈門家に生まれた二人の兄弟は元気に暮らしています。

禰豆子と善逸が結婚し、我妻の一族が引き継がれていました。

また、伊之助とアオイも結婚し、嘴平の一族も引き継がれています。

胡蝶姉妹、時透兄弟、蜜璃と伊黒、その他色々多くの人物の面影を残した人物が登場します。

そしてこの世でも愈史郎は生き延びており、彼は珠世の絵をひたすら描き続けている画家になっていました。

竈門家には炭治郎の日輪刀、耳飾り、そして生き残った仲間たちと撮った集合写真が、今でも残っていました。

終章 「生まれてくることができて幸せでした」

作者の言葉と共に、たくさんのキャラクターたちが描かれます。

命尽きるまで戦った戦士たち、懸命に生き残った戦士たち。

最後の最後は、この言葉で締めくくられました。

「精一杯生きて下さい 最愛の仲間たちよ」

 

鬼滅の刃最終23巻を無料で読む方法とコミックを紙で全巻揃える方法を紹介!

鬼滅の刃
鬼滅の刃最終23巻を無料で読む方法とコミックを紙で全巻揃える方法を紹介!『鬼滅の刃』と言えば!今や、社会現象になるほど吾峠呼世晴先生による漫画作品で、シリーズでの累計発行部数はなんと!1億部突破という快挙を達...

鬼滅の刃23巻のネタバレの感想

手に汗握る最終決戦、1000年続く連鎖についに終止符を打った炭治郎たち。

本当に、格好よかったですね。

最終巻を読んだ後は、しばらく余韻に浸りたい気分になります…。

ということで、鬼滅の刃、これにて完結致しました。

最後までご閲覧くださり、本当にありがとうございました!!

鬼滅の刃煉獄杏寿郎編外伝前編ネタバレ!炎柱となるまでの軌跡2020年10月12日発売の週刊少年ジャンプ45号掲載の「鬼滅の刃外伝」についてネタバレをまとめました。 鬼滅の刃を無料で読む方法は?...
鬼滅の刃煉獄杏寿郎外伝後編ネタバレ!アカザとのあのシーンも!2020年10月17日発売の週刊少年ジャンプ46号掲載の「鬼滅の刃外伝」についてネタバレをまとめました。 鬼滅の刃を無料で読む方法は?...

鬼滅の刃を無料で読む方法は?

鬼滅の刃を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、鬼滅の刃の1巻分を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
鬼滅の刃を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...
ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\1万7000冊以上まるごと無料!/

初回登録50%OFFクーポンで有料作品も
半額
で読めます!

bookliveで半額で漫画を読む

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍