漫画ネタバレ

鬼滅の刃8巻のネタバレ!炎柱・煉獄杏寿郎の最期の戦い

週刊少年ジャンプで連載していた鬼滅の刃の8巻のネタバレをまとめました。

鬼滅の刃を全巻無料で読めるか調査した結果はこちら↓

鬼滅の刃
鬼滅の刃は全巻無料で読める?最短最速安全に読む方法まとめ【2021最新版】大人気の漫画「鬼滅の刃」を無料で読みたい!そんな思いを多くの方が持っているのではないでしょうか。 2020年12月04日、ついに最...

鬼滅の刃アニメ特別編集版の違いや見逃し動画配信を無料で見る方法!

鬼滅の刃
鬼滅の刃アニメ特別編集版の違いや見逃し動画配信を無料で見る方法!アニメ「鬼滅の刃」特別編集版!!”柱合会議・蝶屋敷編”が全国放送決定しました! 多くの鬼滅ファンの声から実現された劇場版に繋がるス...

【前回(7巻)のあらすじ】

新たな戦いの地、「無限列車」に乗り込んだ炭治郎・伊之助・善逸の3人組。

車内で炎柱・煉獄と合流し、一行は無限列車内に出るという鬼を退治しようと試みます。

しかし彼らは鬼の血鬼術によって眠らされてしまい、危うく命を奪われかけました。

禰豆子のおかげで目を覚ました炭治郎を筆頭に、伊之助や善逸も目を覚まします。

炭治郎たちを眠らせていた鬼は「下弦の一・魘夢(えんむ)」という鬼。

一度は炭治郎が魘夢の首を切るものの、彼は首を切られてもまだ生きていました。

どうやら魘夢は炭治郎たちが眠っていた間に汽車と合体し、汽車全体を自分の体にしていようです。

そんな中でも煉獄や善逸、伊之助や禰豆子のおかげもあって、炭治郎は汽車の先頭に「首の骨」を見つけます。

そして彼はやっとの思いで、その首の骨を絶ち切ったのでした。

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\全巻無料でお試し読みはこちら/
今なら600円分無料ポイントGET!

U-NEXTで無料で漫画を読む

鬼滅の刃8巻ネタバレ

第62話 悪夢に終わる

首を切られた魘夢はすさまじい叫び声をあげて車両ごと脱線し、汽車は地面に倒れ込む形で投げ出されました。

魘夢は最期の最期まで鬼狩りたちを恨み続け「悪夢だ」と言って消えていきました。

彼が消えていったところで、炎柱・煉獄が、けが人は出ているがみんな無事だ、と炭治郎に声を掛けます。

そこへ突如、物凄い轟音とともに、何かが現れました。

第63話 猗窩座

轟音とともに現れた者のその正体は、「上弦の三・猗窩座(あかざ)」

瞳には「上弦」「三」と刻まれており、身体中に入れ墨のような線が入っている鬼でした。

猗窩座は煉獄に向かって言いました。

「お前は確かに強いが、まだ至高の領域に達していない」

「もっと強くなるために、人間を辞めて鬼にならないか?」

その質問に煉獄は凛とした表情で答えます。

「どんな理由があろうとも、自分は鬼にはならない」

それを聞いた猗窩座は血鬼術を展開し、煉獄と猗窩座は激しい戦いを繰り広げます。

加勢しようとする炭治郎に、煉獄は「傷が開いてはいけないから待機しろ」と命じました。

話64話 上弦の力・柱の力

猗窩座との戦いで、煉獄は深い傷を負います。

近くにいた伊之助も、

「自分が助太刀したところで足手まといになってしまう」

と肌で感じるほど、非常にハイレベルな戦闘でした。

猗窩座は、怪我を負いながらも必死に戦う煉獄にいいます。

「人間は鬼には勝てない、だからお前も鬼になれ」と。

彼らはそれぞれ大技を繰り出し、その2つは激しく衝突します。

衝突後、体を右腕で貫かれた煉獄は、そこで昔の記憶が蘇りました。

病気で亡くなった母が、死ぬ前に言い残した言葉。

それは、「強い人は、弱い人を守らなければいけない」というもの。

彼女は、煉獄に「あなたのような強い子を産めてよかった」と涙ながらに言い残していました。

煉獄は、自分こそあなたのような母親に産んでもらえてよかった、と思いつつ剣を振るいます。

そんな中で夜明けが薄っすらと迫り、猗窩座は日の光から逃げなければと焦ります。

けれど煉獄はそんな猗窩座を、逃しません。

猗窩座に貫かれた右腕を、逆に自分の体に固定させ、猗窩座を引き留めたのです。

第65話 誰の勝ちか

日の光を浴びてしまう前にここから逃げなければ、と思う猗窩座。

何が何でも首を切り落としてやる、と思う煉獄。

しかし猗窩座は自分の両腕を引きちぎって、その場から逃走します。

炭治郎は、逃げていく彼の心臓めがけて日輪刀を投げつけました。

そして炭治郎は叫びます。

「馬鹿野郎、俺たちはいつも不利な夜に戦っているのに、今ここで逃げるお前は卑怯者だ」

「煉獄さんは皆を守り抜いた、だからお前の負けで、煉獄さんの勝ちだ!!!」

そう言って炭治郎は泣き崩れます。

そんな彼を、煉獄はあたたかい瞳でみつめ、ふっと微笑みました。

それから最期に話しておきたいことがある、と言って炭治郎を自分の元へ呼びました。

第66話 黎明に散る

煉獄は、炭治郎に、

「煉獄の実家に行くこと」

「かつての炎柱達が書いてきた書物に、ヒノカミ神楽について書いてあるかもしれないのでそれを読むこと」

「弟の千寿郎に「ただしい道を進みなさい」と伝えてほしいこと」

「父には「体に大事にして欲しい」と伝えてほしいこと」

それから、禰豆子のことも炭治郎のことも鬼殺隊の一員であることを認める、と笑って言いました。

自分に代わって、次は君たちが柱になって鬼殺隊の中心となる番だ、と煉獄は言います。

ふと、死に際の彼に、自身の母親の姿が見えました。

「立派に、やるべきことを全うできましたよ」

と煉獄の母は優しく言います。

煉獄は最期にそれを聞いて、ただ安心したように嬉しそうに、満面の笑みを浮かべたのでした。

残された炭治郎たちは、煉獄の死に涙をこぼします。

彼が亡くなったことは各柱たちに告げられ、お館様の耳にも入ることとなります。

お館様は煉獄が乗客を守り切ったことを褒め、

「近いうちに、自分も煉獄と同じ場所に行くだろう」

と言いました。

第67話 さがしもの

無惨の元に、猗窩座が煉獄を倒したことを報告にやってきます。

そして無惨が「青い彼岸花」をさがしており、それに関しては見つからなかったとも言いました。

前とは違い、無惨は小さな子供の姿をしています。

無惨は、険しい顔つきになり、

「柱一人殺せるぐらいは当たり前」

「自分が命じたのは、鬼殺隊そのものを殺すことだ」

「何故殺せない?単純なことだろう?」

と言いました。

猗窩座は無惨から叱責を受けたのちに、腹いせに炭治郎の日輪刀を粉々に砕きます。

炭治郎が言い放った「卑怯者」という言葉に心底腹を立てた猗窩座。

次会った時は必ず殺してやる、と怒りに顔を歪めました。

一方、炭治郎たちは蝶屋敷で怪我の療養をしていました。

煉獄が死に、ひどく落ち込んでいる炭治郎と伊之助。

気を利かせてお菓子を持ってきた善逸は、炭治郎がいなくなっていることに気が付きます。

いなくなった炭治郎は、煉獄の実家に行っていました。

門の外で掃除をしていた煉獄の弟・千寿郎と話していると、家の中から煉獄の父らしき人物が出て来ます。

そして出てくるなり彼は死んだ煉獄のことを、

「杏寿郎、あいつは、愚かでくだらない生き方をした息子だ」

とののしりました。

第68話 使い手

煉獄の父は言います。

「杏寿郎は大した才能がなかった、だから死んだ。」

「そうなることは分かり切っていた」

それから、彼は炭治郎の耳飾りを見るなり、「日の呼吸の継承者だ」と大声で言って、炭治郎にとびかかりました。

千寿郎が止めに入りますが、父は千寿郎を容赦なく殴り飛ばします。

それを見て炭治郎は本気で怒りました。

しかし煉獄の父は「お前は俺たちを馬鹿にしている」との一点張りです。

炭治郎には、本当になんのことだかさっぱり分かりません。

それは、こういう話でした。

炭治郎の使っているヒノカミ神楽は、「日の呼吸」というもので、それは全部の呼吸の「始まりの呼吸」でした。

水の呼吸も雷の呼吸も、全て「日の呼吸」を元に生まれた呼吸たちだったのでした。

煉獄の父は、

「日の呼吸以外は、いわば劣化版に過ぎない」

と言い、「日の呼吸を使えるからって調子に乗るな」と炭治郎に言います。

炭治郎はそれを聞いて思います。

自分がそんな強い呼吸を使えるのなら、どうして煉獄さんを助けられなかったのだろう、と。

気が付いたらその怒りを煉獄の父にぶつけており、炭治郎の頭突きで煉獄の父は倒れてしまいました。

やり過ぎてしまった、と炭治郎はすぐに落ち込みます。

けれど千寿郎は「すっきりしました」と微笑みました。

炭治郎はそのあと、煉獄の最期を千寿郎に語って聞かせました。

語り終えた後、千寿郎は杏寿郎の言っていた「ヒノカミ神楽についてかいてあるかもしれない本」を持ってきます。

それを開いて、炭治郎たちは驚いた顔をしました。

第69話 前へ進もう少しずつでも構わないから

本の中身は、煉獄の父によってボロボロに破かれていました。

読めなくてすみません、と申し訳なさそうに謝る千寿郎に、炭治郎は言います。

これが今読めなくても、今自分が何をするべきか分かっている。

今自分は、鍛錬をひたすらしなければいけない。

そうして辛くても苦しくても、一生懸命頑張って、いつかは煉獄さんのような立派な柱になる。

その言葉を聞いて、千寿郎は涙を瞳にためたまま、笑いました。

煉獄杏寿郎には、継ぐ子が一人もいませんでした。

弟の千寿郎がなる予定でしたが、彼には剣の才能が無く、日輪刀の色が変わらなかったのです。

自分は剣士は諦めて、他のことで人の役に立てるよう頑張る、と彼は泣きながら笑いました。

見送りの時に千寿郎は炭治郎に、煉獄の使っていた日輪刀の鍔(つば)を渡しました。

お守りとして炭治郎はそれを受け取り、煉獄家を去りました。

千寿郎は、不機嫌なままの父親に杏寿郎からの遺言を伝えます。

身体を大事にして欲しい、というその一言に、煉獄の父は「杏寿郎…」と名前を呼び、声を震わせて泣きました。

炭治郎が蝶屋敷につくと、カンカンに起こった鋼塚が待ち伏せをしていました。

炭治郎は夜が明けるまで、包丁を持った鋼塚に追い掛け回されてしまいました。

第70話 人攫い

煉獄の死から4か月経過し、炭治郎たちはそれぞれ任務をこなしていました。

ある日炭治郎が任務から帰っていると、蝶屋敷から悲鳴が聞こえてきました。

アオイとすみが音柱・宇随天元に連れて行かれそうになっていて、それを必死にカナヲ達が止めていたところでした。

そこへ炭治郎がやって来て、彼女らを離すように言います。

言っても聞かないので頭突きをくらわせようとしますが、宇随はひょいとかわしてしまいます。

そして、自分は「元・忍(しのび)」であると言います。

彼は、任務で女の隊員が必要になったから、アオイを連れて行かせてもらう、と言いました。

炭治郎は、それならアオイさんの代わりに自分を連れて行け、と言います。

そこへ、善逸と伊之助もやってきました。

宇随は3人を見てあっさりとアオイを返し、彼らを連れて蝶屋敷を去っていきました。

どこに行くんですか?と炭治郎が聞くと、

「鬼が住んでいる『遊郭(ゆうかく)』へ向かう」

と宇随はニッと笑って言いました。

鬼滅の刃最終23巻を無料で読む方法とコミックを紙で全巻揃える方法を紹介!

鬼滅の刃
鬼滅の刃最終23巻を無料で読む方法とコミックを紙で全巻揃える方法を紹介!『鬼滅の刃』と言えば!今や、社会現象になるほど吾峠呼世晴先生による漫画作品で、シリーズでの累計発行部数はなんと!1億部突破という快挙を達...

鬼滅の刃8巻のネタバレ!炎柱・煉獄杏寿郎の最期の戦いの感想

「黎明」に散っていった煉獄さん、見事な最期でした。

彼の死によって影響を受けた人物は多く、今後の展開にも深く関わってくることとなります。

そして、余韻をわずかに残したかと思いきや、早速新しいお話が始まりました!

次巻から始まる「遊郭編」もぜひぜひチェックしてみてください♪

鬼滅の刃9巻のネタバレはこちら

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\1万7000冊以上まるごと無料!/

初回登録50%OFFクーポンで有料作品も
半額
で読めます!

bookliveで半額で漫画を読む

鬼滅の刃を無料で読む方法は?

鬼滅の刃を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、鬼滅の刃の1巻分を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
鬼滅の刃を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...
漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍