漫画ネタバレ

金田一37歳の事件簿95話ネタバレ!ついに殺人二十面相から過去が語られる!

2021年12月28日発売のイブニング2号掲載の「金田一37歳の事件簿」のネタバレについてまとめました。

金田一37歳の事件簿の最新刊9巻を無料で読む驚愕の方法とは?

金田一37歳の事件簿の最新刊11巻を無料で読む驚愕の方法とは?イブニングで連載中の「金田一37歳の事件簿」最新刊11巻を無料で読む方法をまとめました。 金田一37歳の事件簿を無料で読むならコミ...

【前回のあらすじ】

金田一は億野を殺人二十面相だと推理。

これまでの事件の謎を解き明かしていきました。

金田一37歳の事件簿94話ネタバレはこちら

金田一37歳の事件簿95話ネタバレ

金田一は蔵のトリックを再現する準備のため、一同にここで待つよう指示しつつ、葉山と一緒に蔵に入っていきました。

その間、青鬼は金田一の指示通り億野に銃を向け、見張りをします。

そしてしばらく経つと蔵の中から金田一が姿を現し、島咲殺しの密室トリックを今から自分の部下の葉山に再現してもらうと一同に話しました。

まずあの時の状況を再現するため、金田一は鹿倉と赤峰に蔵の中を確認してほしいと要求します。

そこで鹿倉と赤峰は蔵の中を隅々まで確認しましたが、葉山の姿はどこにもありませんでした。

次に金田一は事件の時と同じように魚森に蔵の中に入るよう指示します。

そして魚森が蔵の中に入ると、扉付近に葉山が現れました。

その姿を見て鹿倉と赤峰も驚きます。

すると金田一は葉山は2枚の扉の間、わずか50~60センチのくぼみに隠れていたのだと説明しました。

しかしそこに挟まっていたら、さすがに気が付くという鹿倉。

そんな彼女に対し、金田一はある物を使うと分からなくなるのだと言います。

そのある物とはタペストリーでした。

そのタペストリーは死体が見つかった時から床に落ちていたものです。

タペストリーは裏返すと真っ黒になっており、葉山がそれを両手で上に持ち上げると、扉のくぼみにピッタリはまり、彼女の姿は見えなくなりました。

暗い所に黒い布でふさがれたら、ここに人が隠れているとは気づきません。

そして金田一は島咲殺害の流れを説明し始めます。

 

葉狩殺害後、ホールの一つ下の脱出口を求めて階段を降りる前、億野は何かしら言いくるめて島咲を一人で乱歩の蔵に向かわせました。

金田一は恐らく億野は島咲に、今までのことは全部お芝居で、葉狩もちゃんと生きている、次は島咲がいなくなってみんなを”驚かす番だと言ったんだろうと推測します。

そして億野は例の毒ガス騒ぎのどさくさにまぎれ、島咲の待つ蔵へ向かい、アイスピックのようなもので彼女を殺害。

乱歩の「D坂」に見立てるために、死体の首に紐を巻きつけて口にメッセージカードをくわえさせた後、急いで鍵をかけ、電気を消して扉のくぼみに入ってタペストリーで身を隠しました。

そして金田一たちが蔵の中に入っていく音を聞いた億野は、タペストリーをその場に捨て、今来たかのように装って彼らの前に現れたのです。

さらに金田一は、億野がみんなで黄金仮面の前を通った時、「さっき合流する前にここを通ったけど、その時この仮面は何もくわえてなかった」と言っていたことについて、あれはおかしいと指摘します。

なぜならあの黄金仮面は、合流する時に廊下の反対側から歩いて行った時には、ニッチの奥に隠れて見えないのです。

そんな金田一の話を聞き、ハッとすると億野。

殺人二十面相に行動を監視されてると思わせるための発言でしたが、億野はここでも墓穴を掘ってしまいました。

金田一は、億野が黄金仮面の口にメッセージをくわえさせた張本人だから、集合する前に仮面が何もくわえていなかったことを誰よりよく知っていたのだと推理します。

さらに金田一は億野に、これでもまだだというなら、自分は警察にあなたの身体検査を依頼すると言います。

どんなに姿形を変えても遺伝子までは変えられない、あなたの性別はもちろん、あなたの親類に重大な犯罪歴があることなど一発でわかるという金田一。

すると億野は笑いだし、やられたよ!僕は自分が天才だって自覚はあるけど、あんたもなかなかのもんだぜ?と金田一に言います。

そして億野は自分が天才アーティスト亜良木豪であり、他にいくつも顔を持ち、今回の事件を仕組んだ殺人二十面相だということを認めました。

急に億野の声が変わり、鹿野は驚きます。

すると億野は赤峰にあの時、人生をめちゃくちゃにされた藤堂誠也だと名乗り、先に殺した島咲と葉狩も自分に似たようなことをしてくれた連中だと語り始めます。

島咲蘭は億野がパーソナルトレーナーだった頃の客で、彼にしつこく言い寄ってきたようです。

しかし客とはそういう関係は持てないと億野が突っぱねたところ、島咲が逆ギレ。

島咲は億野が元カリスマ美容師の藤堂誠也だと調べ上げ、その本当の正体もSNSでバラしてしまいました。

億野は似たようなことはこれまでもあったけど、あの女のやり方は酷かったと振り返ります。

美しすぎる男はロクな目に合わないと反省した彼は、男の姿をやめてインテリアデザイナーの水樹玲奈としてデビューし、成功しました。

しかし何かの取材で葉狩京士郎が事務所に来た時、億野がうっかり便座を上げたままにしたのを葉狩に気づかれて、マークされ、裸の写真を盗撮されてしまいました。

その写真は雑誌にリークされ、億野のキャリアはまたパーになったのです。

それどころか億野の大元の素性までバレそうになったので、彼は海外に脱出するしかなかったのだとか。

今度という今度は自分の美貌がトラブルを引き起こしていることに嫌気がさした億野は、美容師だった頃に撮りためた顧客の髪型写真の中から、地味で目立たない女の顔を選んで整形してもらい、帰国しました。

それからまた色んな職業を転々とする中で、億野は自分の美的センスとカリスマ性を確信するようになります。

そこで今度は最初から顔のない謎のアーティストとして、さまざまなゲリラ的パフォーマンスを駆使し、覆面アーティスト亜良木豪の名前を売ったのです。

仕事は順調でした。

完全に匿名でどうしても現場に行ったり人と会うときは、カツラやマスク、サングラス、時には覆面を被ったりもして、絶対素顔は晒さず、ギャラの支払いは匿名性の高い仮装通貨を使いました。

そこまで徹底的に正体を隠しながら、彼は数々の賞を手にし、多くの美術や芸術ジャンル、そして空間プロデューサーとしても評価されていきました。

しかしそんな平和な日々を壊したのは、1億4千万分の1の偶然でした。

あるイベントの空間プロデュースの設営現場で、億野はほんのちょっとしたミスで薬品を被ってしまい、目に入った薬を洗い流すため、慌てて女子トイレに駆け込みました。

そこで一人の女性が、顔を洗う億野に「大丈夫ですか?亜良木先生ですよね?」と声をかけてきました。

億野が構わないで向こうに行っててほしいと言いながら、顔をあげると、そこには自分と全く同じ顔をした女性が立っていました。

金田一37歳の事件簿の最新刊9巻を無料で読む驚愕の方法とは?

金田一37歳の事件簿の最新刊11巻を無料で読む驚愕の方法とは?イブニングで連載中の「金田一37歳の事件簿」最新刊11巻を無料で読む方法をまとめました。 金田一37歳の事件簿を無料で読むならコミ...

金田一37歳の事件簿95話感想

ついに億野が殺人二十面相だと認めましたね。

そしてたまたま整形で顔を変えた女とバッタリ遭遇してしまったわけですが、どんな行動に出るのでしょうか。

次回の金田一37歳の事件簿96話が掲載されるイブニング3号は1月11日に発売されます。

金田一37歳の事件簿96話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍