漫画ネタバレ

キングダム646話ネタバレ!李牧は諦めてしまうのか?!

2020年7月2日発売の週刊ヤングジャンプ31号掲載の「キングダム」についてネタバレをまとめました。

キングダム最新話を無料で読む方法は?

キングダム最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、キングダム最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
キングダム最新話を読む

【前回のあらすじ】

趙王(ちょうおう)亡き後、新たなる趙王(ちょうおう)となる者は嘉(か)であると誰もが考えていました。

ところが、実際に指名されたのは嘉(か)ではなく末子の遷(せん)・・・

優秀な嘉(か)ではなく前王よりも人格に問題のある遷(せん)が趙王(ちょうおう)となると聞いた嘉(か)と李牧(りぼく)は・・・!?

キングダム645話ネタバレはこちら!

キングダム646話雁門以来のネタバレ

突如あらわれた遷(せん)と逃げていたはずの郭開(かくかい)による、次代の趙王(ちょうおう)は”遷(せん)”であるという発言・・・

信じられないといいながらも、李牧(りぼく)は嘉(か)を逃すべく文官たちとともに廊下を急いでいましたが・・・

そこに矢の雨が降り注いできました!

李牧を狙った矢はカイネがなんとか剣ではじき返しますが、文官たちのほとんどは矢によって致命傷をおってしまいます・・・!

矢に対応する間もなく、李牧(りぼく)たちの目の前には暗殺者たちがかけてきていました・・・!

李牧(りぼく)はカイネに嘉(か)を守るようにつげると、迎えがきているのでそこまで強行突破する!とつげます!

そういうと李牧(りぼく)も自ら剣をふるい、目の前の暗殺者をきりふせるのでした・・・!

一方、邯鄲(かんたん)を囲うようにして展開していた王翦(おうせん)軍に新たなしらせが届いています。

「太子じゃなくて末子が王位についた!?」

驚く李信(りしん)に、蒙恬(もうてん)は間違いないと伝えます・・・

「再び荒れそうだから前線をもう一度あげるかもしれない」

その言葉に李信(りしん)は”荒れそう”って・・・、と不安な表情となります。

そんな李信(りしん)に蒙恬(もうてん)は「かつての政と成蜣(せいきょう)みたいに兄弟の争いが起こる」といいました・・・

今回は太子が王位をつぐと誰もが思っていたところを末子が趙王(ちょうおう)となってしまったため、太子側の一派が黙っていないだろうという蒙恬(もうてん)。

歴史的にも歪んだかたちでの王位継承は粛清(しゅくせい)の嵐がふくものだ、と語ります。

もしも遷(せん)の一派が先手を打っているのであれば、狙われるのは李牧(りぼく)と嘉(か)だろうとも・・・

その言葉をきいた李信(りしん)は李牧(りぼく)を思い顔を歪めるのでした・・・

その頃、邯鄲(かんたん)では読み通り、粛清(しゅくせい)のあらしが吹き荒れていました。

郭開(かくかい)率いる遷(せん)の一派は、余計な反乱の芽を根付かせないためにも、と牢屋に閉じ込められていた文官たちの一族を全て皆殺しにしていたのです!

遷(せん)の一派は敵である嘉(か)の側についている一族を殺した報告をきいてはニヤニヤといやらしい笑みをうかべます・・・

「気を緩めるな、嘉(か)の首を取らねば遷(せん)様の玉座は安らかではない」

そう言ったのは、遷(せん)の庇護者(ひごしゃ)となった郭開(かくかい)です!

郭開(かくかい)は、人気の高い李牧(りぼく)と人望のある嘉(か)が生き残っているのはよくないと考えていました。

「嘉(か)と李牧(りぼく)の首をとってこい!」

郭開(かくかい)はそう兵たちに命じたのでした・・・

一方、なんとかして逃げのびようとしている李牧(りぼく)たち嘉(か)一派は馬車と少数の騎馬のみで邯鄲(かんたん)を出ようとしています。

馬車の中で、李牧(りぼく)は嘉(か)にけんめいに語りかけていました。

「太子、邯鄲(かんたん)をでねば命はありません、法紹(ほうしょう)という小城まで走ります」

法紹(ほうしょう)には李牧(りぼく)の知人がいるため、そこまで逃げのびることができれば安全は保障されると考えたのです。

「とにかく生き延びるのです、嘉(か)様が死ねばこの国の光は消えてしまいます・・・」

どうか再起できる時まで生きてください、そう願う李牧(りぼく)に、強いショックを受けているのか嘉(か)はうつむき何も返しません。

なおも嘉(か)を元気付けようとした李牧(りぼく)でしたが、カイネが慌てた様子で馬車の外から声をかけてきました。

「李牧(りぼく)様!前方敵影(ぜんぽうてきえい)!」

馬車から出てきた李牧(りぼく)は前方の敵をみて、自分たちの5倍はいると判断します。

「一点突破です」

そう兵に命令した李牧(りぼく)はカイネの横に自分も馬にのってやってきました。

明らかに危険な戦いとなるため、李牧(りぼく)を馬車に下げさせようとするカイネでしたが、李牧(りぼく)は共に戦うつもりのようで下がりません・・・

それどころか、どこか遠くを見ながらカイネにこういいました。

「雁門(がんもん)以来ですね、カイネ」

とつぜん昔話をはじめた李牧(りぼく)に動揺したカイネでしたが、前方の騎馬隊と衝突し、混戦状態に・・・!

話す余裕もなく5倍の軍勢をなんとか切り抜けると、馬車を守るようにしながら李牧(りぼく)たちは必死で走り続けます。

そんな李牧(りぼく)をみかけた兵たちが「李牧(りぼく)を殺せば一生遊べる金が手に入るぞ!」と叫び襲いかかってきました・・・!

カイネは彼らを切り殺しながら「同じ趙人(ちょうひと)同士でなぜ殺しあわなければいけない!」と涙を流すのでした・・・

なんとか邯鄲(かんたん)から抜け出すことに成功した嘉(か)一派でしたが、兵の半数以上を失ってしまいます・・・

そんな彼らを邯鄲(かんたん)からの追手が狙ってきましたが、城外にて待機していた馬南慈(ばなんじ)の中隊が合流し追手を追い払いました!

ところが、城外にて同じく待機していた邯鄲(かんたん)軍が襲いかかってきたのです・・・

数で圧倒的に負けてしまっていた嘉(か)一派でしたが、馬南慈(ばなんじ)軍が嘉(か)や李牧(りぼく)の盾となるかたちでなんとか北へと逃げ延びました。

こうしてなんとか法紹(ほうしょう)へと到着することができた嘉(か)と李牧(りぼく)でしたが、李牧(りぼく)は来た道を戻るというのです!

「私は馬南慈(ばなんじ)のところへもどります」

なんとかまきかえしてみせる、舞台を整えるまでここで待っていてほしい、そう告げる李牧(りぼく)に嘉(か)は地面にうずくまってしまいました・・・

「もうこの国は終わった!」

そう叫んだ嘉(か)は涙を流しています・・・

「なんというおろかな王族か!許してくれ李牧(りぼく)!」

そう言って泣き続ける嘉(か)を、李牧は穏やかな表情でみつめていました・・・

その日の夜、道中で休んでいた李牧(りぼく)にカイネが報告をしています。

「馬南慈(ばなんじ)の無事が確認できました、近くの森に野営していると・・・」

その知らせをきいた李牧(りぼく)はほっとしたのかよかった、とつぶやきます。

まだ報告を続けようとするカイネに、李牧(りぼく)はもう休みましょう、といいます。

「カイネ、私たちが雁門を出て何年がたちましたか?」

とつぜんそんなことを聞いてきた李牧(りぼく)に困惑した様子のカイネ。

そんなカイネに李牧はこうつぶやきました・・・

「もう嘉(か)太子の王位継承は無理でしょう、こんな時期に私たちは一体何をしているのか・・・」

そう言った李牧(りぼく)はがっくりと肩をおとし、うつむいています。

「ちょっと疲れましたね」

そう言って落ち込んだ様子の李牧(りぼく)に、カイネはわなわなと震え涙しました・・・

涙が止められず、思わずその場を離れようとしたカイネでしたが、李牧(りぼく)にそばにいてくれませんか、といわれ、カイネは李牧(りぼく)にすがりつきます!

「もちろんです!カイネは李牧(りぼく)様のおそばにずっといます!何があっても!」

 

キングダム最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、キングダム最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
キングダム最新話を読む

キングダム646話雁門以来の感想

李牧がここまで打ちのめされた姿はこたえるものがあります・・・

カイネがそばにいてくれて本当によかったと、今はそれだけしか言えませんね・・・

これからの戦いがどうなるのか、邯鄲はどうなってしまうのか、気になります。

次回のキングダム647話が掲載される週間ヤングジャンプ32号は7月9日の発売です!

キングダム647話ネタバレはこちら!

まんが王国で無料キャンペーン実施中!

まんが王国で人気作品が無料で読めるお得過ぎるキャンペーンを実施中です!

この機会に絶対無料登録!期間限定のお得情報はこちらから↓
まんが王国