漫画ネタバレ

キングダム652話ネタバレ!蒙武のピンチにかけつけたあの男!

2020年9月3日発売の週刊ヤングジャンプ40号掲載の「キングダム」についてネタバレをまとめました。

キングダム最新話を無料で読む方法は?

キングダム最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、キングダム最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
キングダム最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

【前回までのあらすじ】

蒙武率いる部隊は果敢に攻め入りますが、満羽のすさまじい力に圧倒され身動きが取れなくなってしまいました。

このままでは・・・!と歯噛みする蒙武の息子でしたが、そこに援軍部隊がかけつけました!

騰軍が2万の兵士をかき集め助太刀に来てくれたのです!

ところが、さらに楚から送られてきた援軍まであらわれ、戦況は蒙武にとって厳しいものへとかわっていきます・・・

キングダム651話のネタバレはこちら!

キングダム652話主からの言葉のネタバレ

楚から送られてきた援軍に、蒙武たちも驚きましたが、彼ら以上にそれにがっかりしたのは什虎城の面々たちでした。

「はあ?!どこのどいつだジャマしにくんのは!」

王都からの援軍なんて頼んでもいないのにくるんじゃない!と怒る千斗雲・・・

一方、楚からきた援軍に気が付いた騰軍もその場に停止し、相手を見極めます。

「何かあるから力業でねじ伏せて来いって送り出されたがあっちはあれっぽっちかよ」

「だが騰が来ている、油断は禁物だ」

楚から送られてきた援軍を率いていたのは、白麗と項翼の二人です・・・

臨武君の仇だ!と怒りを燃やす二人は騰軍にむけて兵を大挙させていきます!

千斗雲は迫りくる楚の援軍に取り乱し、くるんじゃねえ!と叫びながら周囲の敵兵をなぎ倒していきました・・・

「くそ!どうすればいいんだ!蒙武を急いでとりにいくか、邪魔しにきた友軍をぶっ殺してから蒙武をやるか・・・!」

早々に終わってしまいそうな戦に什虎城の者たちが焦る中、援軍に来ていた騰軍もまた困った状態になっています。

「まずいな、このままでは録嗚未が死ぬ」

その言葉通り、白麗率いる遠弓部隊が録嗚未にむけて矢を放ちました。

あきらかに届くとは思えない距離から飛来した攻撃でしたが、その矢は正確に録嗚未の部隊を襲い多数の犠牲が出てしまいます・・・!

さらに、弓のせいで崩れた部隊に項翼の騎馬部隊が突撃を仕掛けてきていました!

「全軍反転!一度離脱する!」

録嗚未はそう叫ぶと、撤退を宣言しその場から離脱しようと動き出しました。

その戦況を見つめていた蒙武の息子は、すぐに指示を出します。

「全軍退却の指示を!あおの援軍3万の出現でもはや戦にならなくなった、全体で立て直しを図らないと・・・」

今すぐ蒙武を前線から離脱させなければ、このままでは全滅してしまう!

そう危惧し、蒙武軍の本陣は退却のドラを鳴り響かせます。

騰軍はそのドラの音をきき、蒙武の離脱を手助けしようと中央にむかって攻め込みに動こうとしますが・・・!

それを阻むように右翼に控えていた楚の軍が騰軍を阻んできました!

退却を指示した本陣の命令にはほとんどの部隊が敵の妨害行動のせいで従えていません・・・

「まずい・・・このままでは一刻ももたずに・・・父上・・・」

あせる蒙武軍をよそに、什虎城の軍師は物見台の上からがっかりした様子で戦況を眺めていました。

「またしても十のうち一の力しか出さずに勝ってしまう、つまらんのー」

そういいながら優雅にお茶を飲もうとしたとき、その場にいた全員がある異変に気が付きます。

「何か来る・・・」

その言葉通り、すさまじい土煙と轟音をたてて、ある軍が什虎城めがけて迫ってきていました!

そう!魏が援軍にかけつけてくれたのです!

その数は数万以上!驚く蒙武軍と楚軍でしたが、什虎城の面々は相手が歯ごたえのある状態になったと誰もが大喜びです!

「やればできるじゃんかよ、やーっと面白くなってきたな」

そういってニヤリと笑った軍師は、千斗雲に右に回りこみ魏軍とぶつかるようにと指示を出しました。

蒙武軍の本陣では、全員が歓声をあげています!

「来た!本当に魏軍がきてくれた!一気に形勢逆転したやもしれぬ!」

そういって興奮する家臣たちに、蒙武の息子蒙毅は1人冷静にこう発言しました。

「我々はまだ魏が同盟をうけたという正式な言葉を聞いていません、急ぎ魏軍に使者を送って友軍か確認を!」

そう、この魏軍は楚ではなく蒙武に牙をむきに来たという可能性もあるからです。

急ぎ使者を出そうとしたくを始めた本陣に、その前に魏軍から使者が現れます!

「魏軍総大将呉鳳明が側近の一人、将軍荀詠(じゅんえい)だ」

なんと、わざわざ使者として呉鳳明は自らの側近ともいえる実力者をよこしてきました!

驚く蒙毅に彼はこうつげました。

「秦軍・魏軍で共闘し楚軍を打ち倒す」

そういうとその場を後にしようとした荀詠(じゅんえい)に蒙毅はあわててこう尋ねます。

「本当に魏国は同盟を受け入れたのですね?!」

その言葉に、荀詠(じゅんえい)は微笑むと、3年だけな、とつぶやいたのでした。

一方、呉鳳明は魏軍に号令をだしています。

「死ぬほど不本意だが、秦軍と共闘し、楚軍をすりつぶす!展開しろ!」

キングダム最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、キングダム最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
キングダム最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

キングダム652話主からの言葉の感想

魏軍はきてくれたんですね!これは大きく戦況が動きそうな展開です!

喜んでいる什虎軍ですが、敗戦の色が濃厚になった気もしますが・・・どうなるのでしょうか・・・?

次回のキングダム653話が掲載される週間ヤングジャンプは41号、9月10日の発売です!

キングダム653話ネタバレはこちら!

まんが王国で無料キャンペーン実施中!

まんが王国で人気作品が無料で読めるお得過ぎるキャンペーンを実施中です!

この機会に絶対無料登録!期間限定のお得情報はこちらから↓
まんが王国