漫画ネタバレ

キングダム662話ネタバレ!飛信隊が苦戦!迫る人影とは!?

2020年11月26日発売の週刊ヤングジャンプ52号掲載の「キングダム」についてネタバレをまとめました。

キングダム最新話を無料で読む方法は?

キングダム最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、キングダム最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
キングダム最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

【前回のあらすじ】

寿胡王を捕虜にした秦軍は、什虎城へとむかい魏軍と挑発合戦を繰り広げました。

一方、敗北を知った楚ではカリンが激昂しながらも楚へと退却してきたという満羽に興味を抱いたようで・・・?

キングダム661話のネタバレはこちら!

キングダム662話苦戦の理由のネタバレ

魏軍と3年のみの同盟を組んだ条件でもあった什虎城を渡すという条件を利用し、魏は什虎より西にある韓へと進軍します。

領土拡大を目的としたこの進軍を理解しながらも、秦はこれを静観していました。

秦はといえば、この3年魏からの攻撃がないため趙への攻撃に全力を賭するように・・・

秦側は、3年で邯鄲をおとし趙を得ようという目的のために動き出していたのです。

もちろん趙も無策ではなく、秦と魏の同盟の噂を耳に入れてからというもの、秦との前線地帯に大軍を送り込みます。

このことで趙と秦の戦いは激戦となり、両軍ともに譲らないという状態になっていました・・・

この戦いの中で秦軍のなかでもめざましい活躍をみせる軍が二つあります。

一つは楽華軍。

モウテンが将となってからというもの、彼は才覚を遺憾なく発揮し兵の力を余すところなく発揮させていたのです!

楽華軍の強みはモウテンの指揮の巧みさだけではなく、蒙武軍から移籍してきた剛将愛閃(あいせん)にもありました。

愛らしいともいえる見た目とは裏腹に、愛閃はとんでもない武闘派であり、戦局を切り開き、前線を押し上げる一助となっていたのです。

もう一つの活躍している軍が玉鳳軍でした。

亜光軍から移籍してきた男、亜花錦(あかきん)がほとんど単騎で突撃を行い戦場を撹乱。

混乱する敵兵を的確な指示でほふるという戦略が功をそうし、玉鳳軍も前線を押し上げることに成功していたのです。

この二つの軍の勢いが凄まじいため、趙軍は増援をその二つに送らざるを得なくなっていました。

快進撃を続けているかに見える秦軍でしたが、一軍だけ苦戦を強いられている軍もあります。

それが飛信隊でした・・・!

飛信隊の本陣では、戦況の悪化をどうにかしようと会議が開かれています。

松左が抜けた今、飛信隊の歩兵達の力は格段に下がってしまい、戦場で最も多い歩兵を捌けないという状態が続いていたのです。

「死んだやつのこと今更いってもどーにもなんねーだろーがよ・・・うちの今の不調はもう一つあるだろ・・・」

そう、歩兵団の弱体化は一朝一夕でどうにかなるものではありません。

これは致し方ないものとしても、もう一つ、飛信隊には急激に弱体化してしまった場所があったのです。

「キョウカイだ」

信が仮死状態となった時、彼を助けたのがキョウカイでした。

ところが、その一件以降キョウカイはひどく消耗してしまったようで、1日のほとんどを寝て過ごすようになっていたのです。

出陣してもキョウカイ自身は本陣で休むばかりで戦場には出ないため、キョウカイ隊は以前とは違うただの五千人隊となってしまっていました・・・

信は会議のあと、いてもたってもいられずキョウカイの元へと向かうことに・・・

キョウカイの部下たちに「誰も入れるなと言われています」といわれても、信は強引にそれを押しのけてキョウカイのいる本陣へと押し入ったのです。

中央で横になるキョウカイは、そばに信がきたことを感じて目を開きました。

「キョウカイ、お前どうなっちまったんだよ」

心配そうにつぶやく信は、キョウカイの手を握ります。

「もう少しだ、大丈夫」

そういって再び目を閉じようとしたキョウカイに、信は大丈夫じゃねーだろ!と怒鳴りました!

「お前は・・・俺のせいで・・・!」

そういって顔を歪める信に、キョウカイは静かにうなずきます。

「禁術を使って、気の流れを伝える大事な線がいくつか切れた・・・、瞑想をしてそれをつなぎ合わせているところだ」

キョウカイはゆっくりと、信に説明を続けます。

「もうすぐ終わる、ちゃんと・・・戻ってみせる」

そう苦し気につぶやいたキョウカイに信は何かを言おうとしましたが・・・

本陣に敵が迫ってきたという伝令がかけてきたのです。

信はキョウカイに寝ているようにいうと、慌てて出陣していくのでした・・・

キョウカイはその言葉通り体を横たえると、再び瞑想を行います。

海の中を揺蕩うイメージの中、キョウカイはあともう少しで瞑想も終わると確信していましたが・・・

イメージの中に突如巨大な人影が現れたのです!

「な、なんだ!?今のは!?」

驚きのあまり飛び起きたキョウカイは、何かが迫ってきていることを察知したのでした・・・!

キングダム最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、キングダム最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
キングダム最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

キングダム662話苦戦の理由の感想

飛信隊が苦戦を強いられている様子は見ていて辛いですね・・・

そしてキョウカイが見た謎の人影!一体誰なのでしょうか!?

次回のキングダム663話が掲載される週間ヤングジャンプは53号は12月3日の発売です!

キングダム663話ネタバレはこちら!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍