漫画ネタバレ

小悪魔教師サイコ4話ネタバレ!タクトの正体が判明!?

コミックシーモアで連載している「小悪魔教師サイコ」のネタバレです。

【前回のあらすじ】

金沢たちにいじめられている冬川を救った葛西。

その夜、葛西は金沢の家に行き、彼女をボコボコにしました。

そして次の日、葛西はクラスメイトに金沢が昨日亡くなったと伝えるのでした。

小悪魔教師サイコ4話ネタバレ

金沢が昨日亡くなったという葛西の報告に、生徒たちは騒然とします。

葛西によると犯行には鋭利な刃物が使用されたらしく、犯人はまだ捕まっていないとのこと。

しかし秋月は激しく動揺し「嘘だ!俺が昨日いった時には・・・」と話そうとしますが、そんな彼の言葉に生徒たちはどよめきます。

すると秋月はカバンを持って、教室を出ていきました。

一方冬川は金沢が死んでしまったことで、呆然としていました。

昨日金沢に怯えていた冬川ですが、葛西の「大丈夫ですよ」という言葉を信じて学校に来たのです。

まさか葛西はこうなることを知っていたのではないかと、一瞬疑ってしまう冬川ですが、生徒の幸せを第一に考えて教師になった人だから、そんなことはあるわけがないと考え直しました。

 

一方、金沢が殺されたことにショックを受けた秋月は、学校を出て電車に乗り込み、自宅に帰りました。

そして金沢の家に取りに行ったダウンジャケットを紙袋から取り出す秋月。

するとそのダウンジャケットは下半分が、真っ赤に血で染まっていました。

 

その頃、学校では1限目の葛西の授業が始まりましたが、教室は静まり返っており、金沢の友人は泣いています。

冬川は着任早々自分の生徒がこんなことになって、葛西の方がショックを受けているのではないかと心配していました。

しかし葛西は黒板に文字をかきながら、薄っすら笑みを浮かべていました。

 

昨日の夜、葛西が金沢のことをボコボコにした後のこと。

葛西は意識を失った金沢を拘束し、彼女が意識を取り戻した瞬間、顔認証でスマホのロックを解除しました。

そして金沢のメールをチェックした葛西は、両親への憎まれ口が酷いと気づきます。

葛西は金沢がどうして冬川をいじめているのかというと、彼女が羨ましいのではないかと指摘します。

冬川の父親は、仕事が忙しくても彼女のためにとても尽くしてくれますが、金沢の両親はいつも仕事で家を開けっぱなしなのです。

金沢は親なんて関係ないとムキになって否定しますが、葛西は、あなたはご両親に愛されていない、あなたが生きていようが死んでいようが、彼らには全く興味がないのだと言い放ちました。

すると金沢は「嘘だ・・・違う・・・!」と涙を流し始めます。

しかし葛西はこれは「気づき」で、喜ぶべきことなのだと金沢に語りかけます。

冬川をいじめても満たされない、いじめで心は救われない、なぜならあなた自身の問題が解決していないからだという葛西。

そして葛西は、親から愛されていない金沢が救われるたった一つの方法があると言います。

それは死ぬこと。

こんなに愛を求めているのに叶わないなら、生きていたってつらいだけだという葛西。

「なら死にましょうよ。その方が絶対いいです!」

葛西はそういってニッコリと微笑みました。

しかし金沢はブルブル震えながら、嫌に決まってると叫びます。

試してみたら気持ちいいかもしれないという葛西に、アンタ頭おかしいんじゃない!?と声を荒げる金沢。

すると葛西は例えばセックスは、未経験の場合怖がる人もいるものの、経験して初めて「気持ちいい」と分かると言います。

あなたも秋月と気持ちよくなったから、こんなに恥ずかしい写真をいっぱい撮っているのだろうという葛西。

金沢のスマホには秋月との行為中の写真がたくさん保存されていました。

金沢は「あたしは竜斗に愛されてる!必要とされてる!」と泣き叫びます。

すると葛西は秋月のダウンジャケットを返すために彼にメッセージを送った後、ポケットから秋月のナイフを取り出しました。

それは葛西が体育の時間に、こっそり秋月の制服から没収していたようです。

「愛する人のナイフで刺されるってどんな気持ちなんでしょう?」

そう問いかけながら、葛西は金沢の目玉にナイフを突き刺しました。

金沢は叫び声をあげますが、葛西は落ち着いた様子で、今度は彼女の服をナイフで切り裂きます。

すると金沢の上半身が露わになりました。

葛西はこの中がどうなっているのか、前から気になっていたのだとつぶやき、ドキドキしながら、金沢の体をナイフで突き刺したのでした。

 

一方、秋月は金沢の部屋にあったダウンジャケットが血まみれなうえ、自分のナイフも見つからず、動揺していました。

俺は何もやってないと言い聞かせ、警察に連絡しようとする秋月。

しかし社会的信用度が違うという葛西の言葉を思い出して躊躇し、どうすればいいのかと写真の中の兄に語りかけます。

 

その頃、あやめ池病院では葛西がタクトの病室を訪れていました。

葛西は小学校の頃、いつもタクトにちょっかいをかけられ、毎日毎日本当にウザかったと喋りかけます。

しかしタクトは喋ることができず、ただただ震えていました。

その時、タクトの母が病室にやってきました。

母は葛西のことを覚えており、すっかり綺麗になったと喜びます。

そして葛西から教師になったことを聞いた母は、この子はこのままなのに、みんな大人になっていくと寂しそうにつぶやきます。

どうやらタクトは小学校の時、階段からうっかり足を滑らせて、今の状態になってしまったらしく、今も会いに来てくれるのは葛西だけなのだとか。

すると葛西はタクトには学校での話を聞いてもらっており、今日はクラスのとある女子生徒のおかげで、とても素敵な一日を過ごすことができたことを話したのだと言います。

以前は問題行動ばかりの子だったものの、実はすごく寂しがり屋で一緒に解決策を模索したら、とても大人しくなったと話す葛西。

一生徒の問題に寄り添えるなんて、教師の鑑だと褒める母に、葛西は自分なんてまだまだ未熟だと謙遜しつつも、今日は教師になってよかったと思えたのだと嬉しそうに言いました。

その時、病室に突然秋月が入ってきました。

実は秋月はタクトの弟だったようです。

葛西の姿を見た秋月は驚き、震えながら、どうしてここにいるのかと問いかけます。

母は何を言うのかと秋月を怒り、葛西に初対面なのにごめんなさいと謝ります。

しかし葛西は自分たちは初めてじゃないと否定し、秋月に「ね?竜斗くん」とニコッと笑いかけるのでした。

小悪魔教師サイコ4話感想

葛西は平然とした顔で金沢を無残に殺していましたが、とんでもないサイコパスですね。

タクトは階段から足を滑らせたのではなく、恐らく彼女に突き落とされたのだと思います。

秋月がタクトの弟だったのも、葛西は驚いていなかったので偶然ではないような気がします。

葛西の目的は何なのか気になりますね。

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍