漫画ネタバレ

声なきものの唄66話ネタバレ!巴太夫の胸にくすぶる、久米への想い…。

2021年9月29日発売のまんがグリム童話2021年11月号掲載「声なきものの唄」66話についてネタバレです。

声なきものの唄を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

声なきものの唄
声なきものの唄を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ月刊まんがグリム童話で連載中の「声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋」1巻のネタバレと感想をまとめました。完全無料で最新巻を読む方法もお伝えします!...

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~を無料で読む方法を徹底調査!

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~を無料で読む方法を徹底調査!ストーリーな女たちで連載中の「声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~」を無料で読む方法をまとめました。 声なきものの唄を無料で読むなら...

【前回のあらすじ】

酒宴の約束を断り、立ち去ろうとする久米。

巴太夫は我を忘れ、彼を必死に引き留めました…。

 

「声なきものの唄」65話のネタバレはこちら

声なきものの唄66話 ネタバレ

立ち去る久米を必死に引き留める、巴太夫。

待って…と縋るその姿に商売女の面影はなく、まるで普通の恋する女のようです。

巴太夫は久米に、次の春が来て年季が明けた後…幼馴染との結婚が決まっていると打ち明けました。

それを聞いて、巴太夫が見受け話を受けなかった理由がわかった久米。

巴太夫は久米の袖を引き、久米様相手を勤められるのは…ここにいる間なのです!と切なげな顔で訴えたのです。

潤んだ瞳に溢れた涙を優しく拭い、巴太夫の扇子に手を伸ばす久米。

客として貴方を抱けるほど、あなたへの想いは軽くないと言い、立ち去るのでした…。

 

未だ入院中のチヌは、おクマのおかげで賑やかな毎日を過ごしていました。

チヌの旦那候補たちや公三郎の差し入れにより、美味しいはちみつ入りミルクを堪能するチヌ。

しかし…早みどりの元に帰らない公三郎が、チヌは心配な様子です。

早みどりと夫婦なのに、私が死んだら僕も死のうと思っていた…と言った公三郎。

あの言葉の意味は…?と考えていると、早みどりは自由廃業したとおクマが言ったのです。

チヌは驚きを隠せず、なぜ?と呟くと…。

ちょうど部屋に入ってきた公三郎の口から、セツに愛想を尽かされたと聞かされます。

寿子の事は覚えている?とチヌに聞く公三郎。

祭りの浜で、公三郎を庇うようにしていたのを見たと、チヌは言いました。

公三郎はそれを聞き、驚いた顔をして…自分の過去を話します。

寿子が亡くなったという現実が受け入れられず、セツを寿子の身代わりとして愛していた公三郎。

それに気づいた早みどりは、自分の恋心を隠し…彼から離れる決断をします。

体を売る仕事を辞め…自分の足で生きていく覚悟を決めた早みどりを、チヌは立派だ…と思います。

公三郎は、チヌの旦那になる事は出来ないけれど…傷の回復のためなら尽力する!と誓うのでした…。

 

席を外したおクマが帰ってきて、初めて淹れたコーヒーについて話していると…。

突然病室に少年がやってきて、コップに入ったミルクを突き返してきました。

チヌも飲んでいたミルクが余った為、他の患者におすそ分けしていたというおクマ。

少年は、士族の出だから女郎から物はもらえない!と偉そうに言い…コップを置いて立ち去ります。

事の成り行きを呆然と見つめていたチヌは、息を吐いたかと思うと…ベッドに倒れ込んでしまうのでした…。

 

久しぶりに遊郭の中にある、下駄屋を訪ねた巴太夫。

そこは結婚相手である、徳次が勤めている場所でした。

奥から姿を現した徳次は巴の傍に跪き、新しい下駄を足に合わせます。

自分のために牧場を捨て…命を懸けて愛してくれている徳次に、巴は自分から結婚を申し込んだのです。

お勤めが終われば、優しい徳次とともに下駄屋を営むことが決まっていて幸せなはずなのに…巴は久米を忘れることが出来ません。

去り際、心に引っ掛かっているものがあるのですか…?と徳次に聞かれた巴。

心を見透かされたことに驚き、巴は目を見開いて立ち尽くすのでした。

 

あっという間に師走半ばを過ぎ、遊廓は大掃除で大忙しです。

おクマも久々に戻って、大掃除の〆に食べるくじら汁を作るために腕を振るいます。

美緒も入院しているチヌの部屋を、丹念に掃除をしていました。

どうせしばらく入院なんやろ…とぼやく女たちを、叱り飛ばす美緒。

おクマがそれに気づき、張り切りすぎだと止めると…美緒はおクマに抱きついて泣いてしまうのでした…。

 

そのころ、違う場所で掃除をしていたおイト。

足を滑らせ転びそうになった所を、栄太が助けてくれました。

そのまま重い荷物を運んだり、手伝ってくれる栄太にときめきを覚えるおイト。

しばらくして大掃除が終わり、クジラ汁の周りに集まる人々。

疲れた体にホカホカのクジラ汁が沁み渡り、栄太はあっという間に平らげてしまいます。

その後、チヌの元に帰るといって忙しそうに去っていくおクマ。

栄太はおクマにチヌへ言伝も頼めず、悶々としています。

雇人の分際で、娼妓衆に手をだすつもりか?と怒られたのを思い出し、沈んでいると…。

番頭が現れ、おイトと所帯を持つ気はないか?と聞かれます。

突然の申し出に、唖然とする栄太なのでした…。

声なきものの唄66話 感想

久米は巴太夫の誘いを断りましたが、まだ未練がありそうな巴…。

このまま何事もなく、徳次と結婚するのでしょうか?

そして栄太のほうにも、突然の結婚話が舞い込みますが…。

チヌへの想いがくすぶっている栄太が、どんな決断をするのかが気になりますね!

次回の「声なきものの唄」67話が掲載されるまんがグリム童話2021年12月号は10月29日発売です。

声なきものの唄67話ネタバレはこちら

 

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍