漫画ネタバレ

こはる日和とアニマルボイス最新話19話ネタバレと感想!

月刊ASUKA10月号(8月24日発売)、こはる日和とアニマルボイス【第19話】のネタバレ・感想をまとめました。

こはる日和とアニマルボイスの最新話を無料で読む方法は?

こはる日和とアニマルボイスの最新話を無料で読む方法はmusic.jpでできます!

今なら30日間無料体験実施中に加え、新規加入で961円分のポイントをゲットできますので、こはる日和とアニマルボイスの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐmusic.jpに登録して
こはる日和とアニマルボイスの最新話を読む

前回のあらすじ

士別からの帰り道、獣医である朝比奈が各動物園や牧場からひっぱりだこになり、色んな場所に寄っていました。

その中で、クマ牧場へと赴くことに。

クマに関する朝比奈と真樹の過去とクマと人間の悲しい問題が明らかになり、それでもクマのピリカが真樹の「幸せになってね」という約束を果たし、元気に暮らしていることが分かったのでした。

こはる日和とアニマルボイス【Voice19・Let’s パーティー★】ネタバレ

「ひより、スコ~、お出かけするよ」

ある日、小陽はスコを連れて病院へ行くことに。

それはスコの定期受診だからでした。

病院へ行ってみると、受付の所に火が灯ったロウソクが置かれていました。

【愛する家族に別れを告げている方がいます。

このロウソクに火が灯っている間はお静かにご協力お願いします】

小陽はスコに指を立てて静かに、というジェスチャーをします。

[朝比奈病院は患畜が亡くなるとロウソクを灯す。

欧米の動物病院では「追想のロウソク」と呼んでいるところもあって、家族と最後の別れを心穏やかに過ごせるようみんなで協力するんだ]

と、そこで朝比奈が診察室から顔を出して小陽を呼びました。

「小陽くん」

スコを触診しながら、朝比奈が言いました。

「あのロウソク、赤ちゃんチワワだったんだよ。

好奇心旺盛で元気な子だったけど、飼い主さんが一瞬目を離した隙に路上のポイ捨てタバコを誤飲してしまったんだ。

特別体の小さい赤ちゃんだったし治療が間に合わなくてね」

「ニコチン中毒ですよね。

5キロの犬が2~3本のタバコで中毒を起こすって聞いたことあります」

「そうだね…お散歩を始めてまだ2週間くらいだったから見るもの全部が珍しかったんだろうな。

特に小型犬は口元が地面から近いから誤飲をしやすい」

飼い主さんは気をつけていたんだよ、と悲し気に吐露する朝比奈。

「本当に運が悪かっただけなんだ。

残念だね…」

「そうでしたか…」

そこで、小陽が「子犬の誤飲をなくすにはどうすればいいんだろう」と呟きました。

すると、不意に朝比奈が言いました。

「パーティーだ!」

「え?」

「パピーパーティーに参加するよ!」

パピーパーティーというのは、病院や犬の幼稚園などが主催している子犬同士のふれあいを目的にしたイベントの事です。

数日後、朝比奈病院が犬の幼稚園と協力して、パピーパーティーを開催することに。

小陽もひよりと共にお手伝いで参加してしました。

以前会ったことのある犬がパパや叔父さんになっていることに喜ぶ小陽。

そして、何よりも可愛らしい子犬達を見て言いました。

「ああ…パピーパーティー最高だなぁ~…!」

ポメラニアンやブルテリアなど、たくさんの赤ちゃんが参加しており、その中で少し喧嘩も起きてしまいます。

そんな様子を見て、小陽が言いました。

「子犬もそれぞれですね…気の強い子、ビビリの子、のんびりな子…」

「やっぱり多頭飼いされてる子は度胸があるね」

と、そこで早速飼い主さんが子犬について色んな悩みを吐露し始めました。

するとすかさずフォローを始める幼稚園の先生。

小陽達も紹介され、相談会が始まりました。

「小陽くんはパピーパーティー初めてだっけ?」

「はい、飼い主の集まりは柴会くらいです。

今日は僕とひよりが役に立てることがあればいいな」

「先輩犬として子犬達と遊んでくれたらいいんだよ」

小陽に言うと、改めて朝比奈がでは! と飼い主さんたちに話し始めました。

「今日は子犬の誤飲防止のコツを紹介したいと思います。

赤ちゃん犬は好奇心旺盛でとにかくなんでも口に含みたがる…そこを無理やり奪わないのがポイントです。

そうしないと意地になって素早く食べようとしたり取り上げられないように隠す子もいる。

だから、誤飲をなくすためには自ら出してくれるようにお願いする」

サポートとして、子犬と共にお手本をしてみせる小陽。

「散歩中にほかのワンコと会って興奮状態になると急に制御不能になることもあります。

指示を聞かなかったらダメと言って素早く口に手を突っ込み取り出す。

ダメという命令をしっかり聞くように何度も教え込む」

朝比奈は続けます。

「ずっと子犬の口元を見ながら散歩をするのは大変です。

でも半年…それか一年…歩いたり色んなにおいを探す方が楽しいと気づいて、地面に落ちているものに興味がわかなくなる日がきっと来る。

そう信じて、ワンちゃんが未熟なうちは飼い主さんはお散歩中ひと時も目を離さないようにしましょう」

飼い主さんたちも真剣に頷きながら話を聞いています。

「子犬時代は本当に短い。

今は弾丸のようにはしゃぎ回っているけど、2~3歳になれば落ち着いてきて、時には飼い主に寄り添うパートナーになる。

犬は飼い主の気持ちとリンクするで気持ちを落ち着かせてゆっくり躾しましょう!」

その言葉を聞いて、うちの子とがんばります! という声を次々に上げる飼い主さんたち。

一旦休憩として、子犬達を触れ合わせてみる事に。

しかし、その際にも飼い主さんたちは朝比奈に質問を続けます。

「朝比奈先生! 気をつけた方がいいこともっと教えてください!」

「私達心配で心配で…」

うーん、と唸りつつ朝比奈は答えました。

「そうだな…今の時期、8月9月は犬の脱走や迷子が多くなる時期なんですよ。

花火や雷の爆音は小さな子犬の身体に響くから気を付けないとパニックになってーー」

と、その瞬間。

外からドン! という大きな音が次々響いてきました。

「今日って夏祭り…!」

案の定、驚いてしまってパニックを起こしてしまう子犬達。

やがて部屋から次々に脱走してしまいます。

「脱走だ~!」

慌てて探し始める一同。

その中で不安になって泣き出してしまう飼い主さんもいます。

あわただしい中、小陽が言いました。

「朝比奈先生! 僕達も捜しましょう!」

「待って小陽くん!

俺が探してももっと逃げるだけ! 真樹を召喚しよう!」

と言われ、小陽は真樹に電話をかけることに。

「あっ真樹さん? 今どこ?

え、近くにいるの!? お願い真樹さん助けて!

子犬達の危機なんだ! 真樹さん、子犬捜しを手伝って!」

「助けて欲しいのはこっちの方だ…」

その理由というのが。

 

「真樹さん~!」

一同が真樹の元へ着くと、真樹は子犬達に囲まれていました。

「こいつらまったく言葉が通じない…」

その子犬達は、脱走してしまった子達でした。

「みんな~! 無事で良かった~!

ありがとう真樹さん!」

 

言いながら、子犬を真樹から話して飼い主さんへと返す小陽。

「礼を言われる覚えはないが?」

その中で、飼い主さんの一人が言いました。

「何よりも拾い食いが好きだったうちの子が…他に楽しいことが見つかると本当に誤飲しなくなるんですね!

真樹さま…ありがとうございます!」

その間も、鳥や猫が真樹の元に集まってきていました。

「えっと…皆さん、子犬が脱走した時はまず真樹さんを捜しましょう」

というよく分からないアドバイスを施すと、飼い主さんたちが真樹さん窓口になってと小陽に言いました。

「小陽くん、新米ママ達でライングループ作ったから入って! 迷子の時は助けて!」

「はい!

みんな! 真樹さんのところに来るのはもうちょっと大人になってからね。

ママ達を心配させちゃだめだよ」

パーティーが終わり、小陽はひよりに言いました。

「ひより。

お散歩でみんなと会うの楽しみだね」

こはる日和とアニマルボイス【第19話】感想

今回はとっても可愛らしく微笑ましい回でした・・・!

しかし、同時に道端のゴミについて深く考えさせられました。

たばこのポイ捨てって残念ながらよくある事だ、と私も思っています。

ですが、単純に環境的に良くないだけでなく小さな命を簡単に奪ってしまう可能性があるのだと初めて知りました。

私個人としては喫煙者の事を非難するつもりはありませんが、悲しい事故に繋がらないようにせめてポイ捨てだけはやめるようにしてほしいですね・・・。

次回はどんなアニマルが登場するのでしょうか!

こはる日和とアニマルボイスの最新話を無料で読む方法はmusic.jpでできます!

今なら30日間無料体験実施中に加え、新規加入で961円分のポイントをゲットできますので、こはる日和とアニマルボイスの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐmusic.jpに登録して
こはる日和とアニマルボイスの最新話を読む