漫画最新話ネタバレ

【毎月更新】こはる日和とアニマルボイス最新話20話ネタバレと感想!

月刊ASUKA11月号(9月24日発売)、こはる日和とアニマルボイス【第20話】のネタバレ・感想をまとめました。

こはる日和とアニマルボイスの最新話を無料で読む方法は?

こはる日和とアニマルボイスの最新話を無料で読む方法はmusic.jpでできます!

今なら30日間無料体験実施中に加え、新規加入で961円分のポイントをゲットできますので、こはる日和とアニマルボイスの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐmusic.jpに登録して
こはる日和とアニマルボイスの最新話を読む

前回のあらすじ

スコを連れて朝比奈の元に定期検診に訪れた小陽。

すると、小さな命が亡くなってしなった直後のようだったのです。

亡くなったのは子犬で、煙草の吸殻を誤飲してしまったことが原因。

そういった悲しい事故を減らすために、小陽は朝比奈と共にパピー教室を開催したのでした。

しかし、近所のお祭りで大きな花火の音が。

パニックになってしまった子犬たちが一斉に脱走してしまうピンチが起こります。

が、それを救ったのはやはり真樹さんなのでした。

こはる日和とアニマルボイス【Voice20・ネコ★ネコ楽園】ネタバレ

小陽は騎士と共に週末に勉強のご褒美としてスイーツ男子会を楽しんでいました。

話の中で新しくコーンスネークが加わったことを報告します。

そんな時、道端で体調を崩しているおばあさんがいました。

すぐさま駆け寄る小陽と騎士。

すると、おばあさんは騎士の知り合いだったことが判明します。

騎士は「小陽はとらねこ邸って知らないよな」と言いました。

 

小陽が騎士とおばあさんに付いていくと、そのお家にはたくさんの猫たちが穏やかに暮らしていました。

中には小陽の近所によく来る黒猫も。

所謂、猫の多頭飼いをしているお家だったのです。

おばあさんは元々60匹くらいいたけれど貰われたりしていって今は15匹なのよと笑いながら言います。

そこで、騎士が「小さいころよく遊びに来ていた」「児童館みたいな感じで近所の子供が集まって世話になっててシャルロッテを譲って貰ったのもここからで」と話します。

そんな中、おばあさんが料理をごちそうしてくれて、話の流れでおじいさんが二年前に亡くなってしまったことが分かります。

おばあさんもおばあさんで持病があるようで、終活を始めてるのと言いました。

家のことなどは目途がたっているものの、猫たちのことはまだだとおばあさんは話します。

最後の15匹は人に預けても逃げ出して戻ってきてしまう、と。

子供同然な猫たちが幸せに暮らせるように手を尽くしたいものの、どうすればいいのか悩んでいるのでした。

小陽は内心で、多頭飼い崩壊のニュースをよく見かけるものの、このおばあさんは真剣で責任感のある人だ、と力になれるように考えます。

「ネットを使えばもっと貰い手の候補の方を探せるかもしれないけれど、私は分からなくて」とぼやくおばあさん。

そこで、小陽も騎士も俺たちで募集してみますと提案します。

しかし、おばあさんは「この子たちの気持ちがわかればいいのに」と呟きます。

そんな呟きに、騎士はやる気を見せ、任せて! と力強く言ったのでした。

 

そして、電車に乗っているときに騎士は小陽に言いました。

真樹さんにお願いしようと。

小陽は仕方なくわかった、と承諾し、その後騎士と共に飼い主さん探しを開始します。

色んな条件を基にネットでアカウントを作り、準備を進めていく小陽達。

その夜、小陽は真樹に相談を持ち掛けました。

すると真樹もとらねこ邸を知っていたようで、おじいさんが亡くなったことやおばあさんは終活を初めて猫たちの里親が見つからない、と相談。

後日、真樹も小陽と共にとらねこ邸を訪れました。

真樹はおじいさんにも軽く挨拶をして、猫たちに言います。

安心させてやるためにも新しい住処を見つけよう、と。

 

そうしてまた後日、真樹主催、という形で猫の譲渡会が開かれることに。

譲渡会に訪れた人々はそれぞれ真樹に猫の気持ちを聞いていきます。

男性が苦手だという猫や、水浴びが好きな猫、猫同士で既に伴侶になっている猫や野菜好きな猫、と様々な子がいて、真樹が猫の声を伝えてくれたおかげでみんな里親が決まったのです。

安堵するおばあさんは、猫たちにたくさんの幸せをくれてありがとう、と言いました。

その後、譲渡会の片づけを済ませて小陽と騎士はおばあさんの元へ。

おばあさんは将来の心配事がなくなって安心したけどやっぱり寂しいわね、と吐露。

そこで、小陽たちはいつでも遊びに来てください、それにまたお邪魔させてください、と励ましたのでした。

その後、というと、近所の主婦の方も呼んでみんなでおばあさんに郷土料理を教わる会が開かれたりして、おばあさんも賑やかな日々を過ごせるようになったのでした。

こはる日和とアニマルボイス【第20話】感想

今回はまた切なくもほっこりするお話でした。

多頭飼育で崩壊、というニュースは本当によく見ます。

見る度に、なんでそうなっちゃったの・・・と悲しくなります。

私自身も猫を飼っているのですが、真樹さんみたいに動物の声聞ける力欲しい~!ってつくづく思いますね。

おばあさんも猫たちも幸せになれて素敵でした!

次回はどんなエピソードなんでしょうか?

こはる日和とアニマルボイスの最新話を無料で読む方法はmusic.jpでできます!

今なら30日間無料体験実施中に加え、新規加入で961円分のポイントをゲットできますので、こはる日和とアニマルボイスの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐmusic.jpに登録して
こはる日和とアニマルボイスの最新話を読む