漫画ネタバレ

ここからはオトナの時間です。5話ネタバレ!2人の間に生まれたもの

ここからはオトナの時間です。5話のネタバレについてまとめました。

【前回のあらすじ】

上司亜久津を浮遊してる霊から守りたい佐々木みかん。

亜久津と一緒に寝た日から一週間が経っていました。

会社の繁忙期であるため、亜久津の仕事量が増え顔色も悪くなっていきます。

眠れているか心配するみかんでしたが、うまく声をかけることができません。

残業分の仕事も終わり、帰宅しようとしたところに亜久津が現れます。

お互いの事が気になっていたものの、声をかけられずにいた二人。

今晩、時間があったら一緒に過ごせるかな?

という亜阿久津に、みかんは一緒にごはんを食べたいと伝えました。

一度帰宅することになったみかんは、いつも身に着けているお守りを部長に渡します。

意味が分からないと思うけど、これをつけててください!

みかんの必死さに亜久津は不思議に思いながらお守りをうけとりました。

亜久津の家に着き、みかんはお風呂をすませることに。

湯船につかりながらぼーっと考え事をしていると突然声が聞こえます。

久しぶりだなぁ、この間の借り返させろよ。

正体は以前亜久津に乗りうつった浮遊霊の声でした。

亜久津は夕食の準備を済ませ、みかんを待っています。

部長、と呼ばれ振り向くと、全身が濡れたままバスタオルを巻いただけのみかんの姿が。

とっさに背中を向け、はやく着替えてくるように言う亜久津。

その背中にギュッと抱き着き、まとっていたバスタオルは落ちてしまいます。

みかんは強引に亜久津を自分の方へ向かせます。

部長、もっときもちいい事しましょう?

裸をすりよせ、亜久津を誘惑するみかんでした。

ここからはオトナの時間です。4話ネタバレはこちら

ここからはオトナの時間です。5話ネタバレ!

ここどこ?さっきまでお風呂にはいってたのに。

暗闇のなかで立ち尽くすみかん。

光が入り込む穴をのぞくと、亜久津と裸のみかんの姿が見えました。

私、体乗っ取られたの!?と焦るみかん。

いい加減にしないと怒るよ。

と牽制する亜久津。

みかんが舌打ちをしたことに違和感を覚えます。

つづきしましょう、部長。

佐々木はこんなやつだったか?と疑いはじめます。

暗闇からその様子を見つめるみかん。

お願い、ここから出して!

必死に叫びますがどうすることもできません。

やっぱりおかしい。いつもと違いすぎると感じた亜久津。

みかんが帰り際、必死にお守りを預けてきたことを思い出します。

すこし強い力でみかんを引きはがし、お守りを置いた方へ向かう亜久津。

クソッと声をあげた霊は亜久津の腕をひっぱり床に押し倒しました。

こうしたかったならもっと早く言ってくださいよぉ。

いっぱいきもちよくなりましょう?ね?

みかんが亜久津に迫った瞬間。

いい加減にしろー!部長に変なことしないでって言ったでしょ!?

みかんは意識が戻り、霊を体から追い出すことができました。

ただ遊んでやっただけじゃねえか。

こんな嫌がらせしないで!あっち行って!

必死に叫び続けるみかんの姿に、誰と話しているんだ?とあっけにとられる亜久津。

大丈夫ですか、部長。

亜久津の顔を見たと同時に、裸で馬乗り状態なことにやっと気づきます。

焦って体を隠しうつむくみかん。

亜久津は冷静にスウェットを脱ぎみかんに着せました。

服を着たみかんはお守りのことを思い出します。

佐々木が向こうに置けって言ったから…。

みかんはお守りを走って取りに行き、部長の首にそっとかけました。

服を着替え、テーブルに向かい合って座るふたり。

みかんは幼い頃から霊が見え、いたずらされる体質であること。

そして亜久津にも霊が寄ってきていること。

隙ができる睡眠時間に強く霊が近寄っているせいで不眠が起きるのだろうと説明しました。

お守りがあれば大丈夫ですから部長が持っていてください!

そう言うみかんに、これは佐々木が持っていて。とお守りを返します。

みかんと寝ている時に、亜久津に霊が乗りうつりみかんに”何か”をした。

記憶がないけれど危険な目にあっているのは佐々木だからもっているべきだ。

俺は自分でなんとかするよ。

それはいやです!だって…。

ことばに詰まってしまうみかん。

困ったときは、言うから…ね。

はい。

返事をしたものの、部長はもう私を頼ってくれないかもしれない。

もう、一緒にいる必要もなくなってしまうかもしれない。

そんな思いが生まれ、さみしくうつむくみかんでした。

繁忙期が終わり、飲み会が開かれました。

先日の亜久津との会話が気にかかり、話せないままでいるみかん。

大丈夫?元気がないんじゃない?

と先輩に声をかけられます。

大丈夫です!と笑顔を見せるみかん。

ふと亜久津に視線を向けると仕事の難しそうな話をしていました。

自分にとって特別な日が続いたから、部長の特別になった気がしてた。

亜久津と距離が出来てしまったことにまた落ち込んでしまいます。

みかんの席にちがう人が注文したウーロンハイが置かれました。

注文したかな?と思いながらもぐいっと飲むみかん。

これがウーロンハイだと気づいた時にはもう遅く。

せんぱーい!だっこしてくださぁい!

ぱああとお花が飛んでいるかのように無邪気にだっこをせがむみかんの姿が。

隣の席の先輩にぎゅーとされ、だっこだぁとうれしそうなみかん。

みかんの姿を見た同僚たちは、佐々木やばくね?かわいすぎるぞ。

俺隣に行ったら抱きしめてもらえるかな。

大人しそうで従順そうでかわいいだろうな。

男性陣たちは小さな声でみかんのことを話はじめます。

同僚たちのことばを聞いていた亜久津は表情を曇らせました。

飲み会もお開きになり解散していくなか、みかんはふらふらして動けずにいました。

ここからはオトナの時間です。5話感想!

時間が駆け抜けていくように、いろんなことがあった5話。

みかんが想いを寄せる部長と距離が出来てしまったこと。

みかんが霊のこと、部長と一緒にいたいという恋心に悩む姿は切なくなります。

次回、ここからはオトナの時間です。6話ネタバレはこちら。

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍