漫画ネタバレ

ここからはオトナの時間です。6話ネタバレ!初めてのキスとあの日

ここからはオトナの時間です。6話のネタバレについてまとめました。

【前回のあらすじ】

会社の繁忙期、眠れず疲れた様子を見せる亜久津。

上司、亜久津の姿を佐々木みかんは心配していました。

ようやくお互いに話すことができ、みかんは亜久津と一緒に眠ることになります。

夕食の前、お風呂に入るみかん。

ぼーっとしていると、亜久津の周りをうろついている浮遊霊が現れます。

お風呂からあがったみかんに呼ばれ、振り向く亜久津。

そこには髪も体も濡れたままのバスタオルをまいたみかんの姿が。

バスタオルが落ち、裸のまま亜久津にせまるみかん。

その様子を、暗闇の中からみかん本人が見ています。

浮遊霊がみかんの体を乗っ取り、亜久津にせまっていたのでした。

どうにか体から霊を追いだしたいみかん。

いいかげんにしろー!!

みかんが大声をだして霊を追い出し、自分の体に戻ることができました。

部長に変なことしないでって言ったでしょう!

亜久津はみかんが誰と話しているのかわからない状態でした。

みかんの霊が見える体質から、亜久津に霊が寄ってきていること。

みかんがなぜお守りを持っているのか。

ひととおりの説明をして、やっと納得がいった亜久津。

みかんは亜久津を守りたい一心で、お守りを亜久津に持っていてほしいと頼みます。

ですが亜久津は、みかんが持っているべきだと断りました。

もう頼りにしてもらえないのではないかと、みかんは寂しさを感じました。

仕事の繁忙期も終わり、飲み会が開かれました。

その後亜久津とうまく言葉を交わせず、距離を感じていたみかん。

ぼーっとしているところに他の人が注文したウーロンハイが運ばれてきます。

みかんはぐびっと飲んでしまいます。

まもなくして、だっこしてくださーあい!という声が響きわたりました。

隣席の先輩にぎゅーっとされ満足しているみかん。

男性社員たちは、みかんの普段とちがう姿をみてひそひそと話し始めます。

かわいいな。隣に行ったら俺もぎゅーってもらえんのかな。

男性社員たちのことばを耳にした亜久津は表情を曇らせました。

ここからはオトナの時間です。5話ネタバレはこちら

ここからはオトナの時間です。6話ネタバレ!

酔いつぶれてるみかんは、先輩にもたれかかって動く気配がありません。

それを見た亜久津は近寄り声をかけます。

先輩は亜久津にみかんの住所を教え、あと頼んだ!と足早に去っていきます。

亜久津に預けられたみかんは、しあわせそうに抱き着いていました。

家に着き、ようやく目を覚ましたみかん。

すみません先輩家まで送ってもらって…。

ふりかえると亜久津の姿があることに驚きます。

先輩ではなく、亜久津に送ってもらったと悟ったみかん。

迷惑をかけてしまってすみませんでした。

頭を下げるみかんですが、亜久津の不機嫌な様子が気になりました。

帰ろうとする亜久津の腕を掴み引き留めるみかん。

私またなにかしてしまったんでしょうか!?

そうじゃなくて会社の奴らが好き勝手言ってて。

佐々木も隙だらけだし…そういうの見てたらなんだか、不機嫌を顔にだしてしまった。

すまない。と言う亜久津。

みかんは亜久津のことばに顔を赤らめます。

それって、やきもちですか…。もしそれが本当なら…私はうれしい。

顔を赤らめ、恥ずかしそうに伝えるみかん。

亜久津はみかんの頬に手を添え、背中に手をまわし、そっと口づけました。

みかんは驚きのあまり、亜久津の胸元をどんっと押して引き離します。

びっくりして…というみかんのことばも聞かず、亜久津はみかんを引き寄せ再び唇を重ねます。

驚きながらも、亜久津のキスを受け止めるみかん。

薄目を開け、みかんの様子を確認した亜久津。

そっと自分の舌先をみかんの口へいれます。

突然舌が入ってきたことに驚き姿勢を崩すみかん。

みかんを支え、亜久津はみかんの舌と自分の舌を絡めます。

くちゅくちゅと音を立て、息があがるふたり。

みかんは頭がふわふわして、何も考えられなくなっていきました。

唇をはなして、大丈夫か。と声をかける亜久津。

はい。と返事をして亜久津を見上げたみかんの顔がとろんと熱を帯びていました。

もう他の奴の前で酒は飲むな。

みかんが何かを言いたそうな表情をしていることに気づきます。

今日は、一緒に…。

はっきりと泊まっていくのか聞けないみかん。

今日は帰るよ。俺、今なにするかわからないし。

みかんの髪を愛おしそうに撫で、帰っていきました。

ひとりになったみかんに、恥ずかしさがどっと押し寄せてきます。

私ほんとうに部長とキスしたの?幻?

確かにした!と思いだすみかん。

や、やだ…。自分の中からとろっと溢れ、濡れていることに戸惑いました。

翌朝出社すると、飲み会にいた女性社員たちがみかんをからかいはじめます。

隣の席の先輩、西がささっと守ってくれました。

昨日、亜久津に預けたけどその後大丈夫だった?

はい…というみかんは顔を真っ赤にして焦っているような表情です。

これは何かあったのね…。

悟った西はみかんに飲んで落ち着きなさい。とスティックココアを渡しました。

うれしそうにココアを淹れに行くみかんを見て、佐々木ならもしかしたら亜久津を…そう何か考えていました。

亜久津が近くにいることに気づき、驚いたみかん。

男性社員とぶつかり服にココアがかかってしまいました。

服を洗ってきな!と言われているみかんを見ていた亜久津。

ふっと笑みがこぼれた自分に、こんな感情は許されるのだろうか。表情が曇りました。

帰宅していると、バレンタインチョコが目にはいりました。

亜久津に渡そうと勢いで買ってしまったみかん。

その時亜久津は、医師の元を受診していました。

もし明日、なにかつらいならば…いつでもいらしてください。

ありがとうございます。と返事をする亜久津。

病院が入っているビルを出ると、向こうから歩いてくるみかんの姿がありました。

ここからはオトナの時間です。6話感想!

すこしずつ進展していく二人。

今回霊の部分よりも、亜久津がなにか抱えていることが気になりました。

西先輩にも愛されるみかんの姿は見ていて癒されました。

次回、ここからはオトナの時間です。7話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍