漫画ネタバレ

ここからはオトナの時間です。7話ネタバレ!久しぶりの『特別』

ここからはオトナの時間です。7話のネタバレについてまとめました。

【前回のあらすじ】

職場の飲み会が開かれ、お酒を呑んでしまった佐々木みかん。

だっこしてくださぁーい!

とはしゃぐみかんを見た男性社員たちは俺もぎゅーしてほしいと小さな声で話ていました。

近くに座っていたみかんの上司、亜久津の耳に入ってしまいます。

おひらきになりみんな帰っていく中、眠ってしまったみかんは先輩の西にもたれかかっていました。

西は亜久津にみかんを家まで送り届けるよう任せます。

家に着いたみかんは、亜久津が送ってくれたことに驚きました。

酔っぱらったことの経緯を聞く中、亜久津が男性社員に嫉妬したことを知ったみかん。

そうだったら私はうれしいです。

恥ずかしそうにするみかんの腕をひっぱり、亜久津はみかんにキスをしました。

驚きのあまり亜久津の胸元を押してはなれるみかん。

それでも亜久津は止まらず、みかんに再び唇を重ねました。

緊張しているみかんの様子を薄目で確認しながら、舌をいれる亜久津。

音をたてお互いの舌を絡ませながら、キスは続きます。

みかんはぼーっとして頭の中がふわふわとしていました。

熱を帯びたみかんの顔をみて、ドキッとする亜久津。

今夜は泊っていかないのか、うまく聞き出せないみかんに、

今日は帰る。俺今なにするかわからないから。

亜久津が家を出たあと、恥ずかしさがこみあげてきました。

え?え?部長とキスした!幻?ほんとうにした!

部長のキスすっごいえっちだった…。

まくらに顔をうずめながら思い出していたみかん。

あ…、とろっと溢れたものに気づきどうしたらいいのとわからなくなるみかんでした。

翌日出社すると、昨夜の酔ったみかんを真似して茶化す同僚たち。

西先輩(隣の席)が出社し、すかさず守ってくれました。

昨日、帰り亜久津に任せたけど大丈夫だった?

はい。と小声で返事をするけど顔があかくなるみかんをみて悟った西。

落ち着くようにと、スティックココアをみかんに渡しました。

うれしそうにココアを淹れにいくみかんの後ろ姿を見ながら、西は考えていました。

佐々木ならもしかしたら亜阿久津を…。

亜久津の姿をみて驚き、社員とぶつかって服が汚れてしまったみかん。

あわてて服を洗いに行くみかんをみていた亜久津は、ふっと笑みがこみ上げます。

俺のせいだな。と思いつつ、こんな気持ち許されるのだろうか。

亜久津の表情は暗くなりました。

帰り道、バレンタインデーのチョコの売り出しを見つけたみかん。

亜久津に渡そうと勢いで購入。

うれしそうに歩いていると、ビルから出てきた亜久津と遭遇しました。

ここからはオトナの時間です。6話ネタバレはこちら

ここからはオトナの時間です。7話ネタバレ!

ビルからでてきた亜久津と偶然会ったみかん。

偶然ですね。部長も今帰りですか?

うれしそうに声をかけます。

ふと亜久津の手元を見ると内服薬と書かれた袋がありました。

もしかして、部長また眠れないんですか!?

大丈夫ですか!私の家、行きましょう!

また霊のせいだと思い込んでいるみかんは亜久津を必死に説得します。

一方の亜久津は、何を言っているかわかってるのか…と冷静です。

家に着くと、ごはんは食べましたか?作っている間にお風呂に…と落ち着かないみかん。

一度深呼吸して!

みかんを落ち着かせて、夕飯を一緒につくろうと声をかけました。

みかんは、亜久津と一緒にごはんを食べる、久しぶりの『特別』に表情が明るくなりました。

ふたりで夕食を済ませ、お風呂に入る亜久津。

これ着てください。兄のなんですが。

男物のスウェットが出てきたことに一瞬焦ってしまった亜久津。

それが兄のものだと知り、なんでほっとしてるんだ…と考えていました。

ふと、湯船に手作りの入浴剤が目に入ります。

お風呂から上り、あれは手作り?とみかんにたずねます。

実家の母が作っていたんです。と伝え亜久津に実家から届いたみかんを渡します。

これ食べて、のんびりしててください!

みかんの明るい笑顔をみて、亜久津は手をのばし、

佐々木は、あたたかい子だね。

やわらかい笑顔でみかんの頬をそっと撫でました。

今日はなにもないのかな。これから一緒に寝るんだよね。

いろいろと考えているうちに疲れてきたみかん。

リビングに戻ると、はんてんを着てみかんを食べる亜久津の姿が。

いつもスーツで仕事をこなしている亜久津が、はんてんを着ているギャップに笑ってしまいます。

ふたりでこたつに入り、一緒にみかんを食べます。

話ているうちに、亜久津のたんこぶは治ったかと尋ねたみかん。

触ってみる?

笑顔で言われ、みかんは亜久津の髪を触りながら頭をなでます。

そろそろ一緒に寝よう。

ベットに入るふたり。

みかんはいつになく緊張したままです。

みかんの緊張をほぐすために冗談を言って笑いあいます。

ほら寝るよ。久しぶりにゆっくり眠れる。ありがとう佐々木。

みかんは、あっという間に眠ってしまった亜久津を眺めます。

もう少し話したかったな。どうしてキスしたんですか?

すっと眠りに落ちたみかん。

目を覚ました亜久津はみかんの髪を撫でます。

その表情は、切そうで、苦しくも見えました。

家に戻る亜久津を送り出すみかん。

昨日買ったチョコレートを、亜久津に差し出します。

顔をあげると、気まずい顔をした亜久津が。

すまない。受け取れない。

ここからはオトナの時間です。7話感想!

キスをされた急展開から一転、部長への想いがみかんを動かします。

亜久津がふと見せる表情に、何が秘められているのか、2月14日に何かあるのか。

とても気になります。

次回ここからはオトナの時間です。8話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍