漫画ネタバレ

ここからはオトナの時間です。9話ネタバレ!きみに救われたんだ。

ここからはオトナの時間です。9話のネタバレについてまとめました。

【前回のあらすじ】

バレンタインの朝、部長亜久津にチョコを受け取ってもらえなかった佐々木みかん。

私のきもちは、うけとってもらえないの?

出社時間が迫り慌てて準備していると、霊除けのお守りが壊れてしまいました。

お守りを繋ぎ合わせて出社しましたが、力が小さくなってしまい、みかんの頭は重くなっていきます。

廊下を歩いていると、亜久津に声をかけられたみかん。

大丈夫か?体調悪いか?

大丈夫です!と力を入れた時、くらっとして倒れそうになります。

今日はもう帰りなさい。俺が(佐々木のことが)心配だから。

家に戻ったみかんはベッドに横になりました。

今朝、亜久津に渡せなかったチョコの袋が目に留まります。

どうしてチョコをうけとってくれないのに、キスをするんだろう。私失恋したのかな…。

涙が溢れるみかんでした。

夜、亜久津はみかんの家を訪ねます。

ドアを開けて出てきたのは、あくつぶちょおー!とはしゃぐ酔っぱらった姿のみかんでした。

亜久津をベッドにひっぱり、みかんは亜久津を強く抱きしめて放しません。

体調悪いのに、酒飲んだのか?

お酒なんて飲んでないですよ!ぶちょおがチョコをたべてくれないから、私が食べたたんですよ。

チョコの入っていた箱を確認すると、原材料の欄にウィスキーの文字が。

なんで食べてくれないんですか?私がきらいですか?

嫌いじゃないよ…。

みかんを優しく抱きしめ、亜久津は自身が抱えていることを話し始めました。

佐々木が入社する前に、俺結婚していたんだよ…。

でも4年前の今日(2月14日)奥さんが交通事故で死んだんだ。

奥さんとデートの約束をしていたその日、仕事でトラブルが起きてしまいます。

約束の時間に遅れるという連絡もできない状態でした。

奥さんが亜久津にメッセージを打っていると、そこに向かって車が突っ込んできたそうです。

すべて、俺のせいなんだ。佐々木に惹かれているけどでも、だめなんだ。

話を聞いていたみかんは涙を流していました。

こんなに大切な人が、こんなにも傷ついていたなんて、私はどうしたらいいんだろう。

みかんは亜久津を抱きしめます。

部長は悪くないです。そんなに自分を責めないで…。

私は部長がすきです。だいすきです。

そう言って、みかんは亜久津にキスをしました。

亜久津は、佐々木につけ込んでるみたいで良くないと言います。

みかんは私が良いんだからいいんです!

だ…抱っこしてください、部長。

ここからはオトナの時間です。8話ネタバレ!部長が抱えているもの

ここからはオトナの時間です。9話ネタバレ!

抱っこしてください、部長…。

それは、何を言ってるかわかってるか?

俺はそんなに、理性的じゃないよ。

亜久津はみかんにキスをします。

そっと自分の舌をみかんの舌と絡めます。

キスだけでこうなのに、大丈夫?

顔が赤くなり、とろんとした表情のみかん。

亜久津はみかんを抱え、キスを続けます。

震えているみかんに気づいて、ぎゅっと抱きしめました。

怖いよね、やっぱりやめておこうか。

亜久津の言葉に、武者震いです!と言うみかん。

亜久津は、みかんが用意していたチョコを思い出します。

俺がもらってもいいの?

チョコを一つ食べ、美味しいよと微笑む亜久津につい泣き出してしまうみかん。

受け取ってあげられなくて、傷つけたよね。

いいんです。私は奥さんを大切に想う部長を好きになったんですから。

佐々木は…強くて、優しいね。

俺はそのまっすぐさに救われたんだから…亜久津はみかんに惹かれていたことを改めて実感しました。

佐々木ありがとう。好きだよ。

亜久津の突然の告白に、私もだいすきです。とまた泣いてしまうみかんでした。

本当に大丈夫?なんか悪い事してる気分になるな…

みかんを後ろから抱きしめ、顔を覗き込みました。

亜久津はみかんの胸にそっと手を這わせます。

服の上から胸の突起をくすぐり、胸全体を揉まれ甘い声が漏れるみかん。

下着の上から突起を舌でいじったり吸ったあと、勃って貼りついてる突起を指でこすりました。

みかんの服をめくり、直接舌であそぶ亜久津。

恥ずかしいからあまり見ないで…というみかんに、大丈夫だよ可愛いからと優しく声をかけます。

これ、脱がしてもいい?もう少しだけ、触ってもいい?

みかんのズボンを脱がせ、下着の上から濡れた秘部をさすります。

キスをしながら、強くこすり、固くなった部分を何度も刺激して、みかんの声は高くなっていきます。

イきそう?そのままイっていいよ。

そう言われるまま、みかんは達し力がぬけとろんとしていました。

お風呂入る?と聞かれるものの、そんな余裕がないみかん。

一緒に寝よ?

今までにない笑顔で、ベッドにふたり横になり、亜久津はみかんをぎゅうっと抱きしめました。

亜久津は、ふと思い出したように、みかんが職場の先輩三宅になぜよく怒られているか尋ねます。

みかんが説明していると、亜久津は眠ってしまいました。

亜久津を見つめながら、部長をしあわせにしたいな、できるかな。と考えるみかん。

その時、ぐっと腕が強く握られ亜久津に組み敷かれたみかん。

ずいぶん楽しそうな事してたじゃん。続きはオレとしよう?みかんちゃん。

亜久津の周りをうろついていた霊が再び現れ、亜久津の体に乗りうつったのでした。

ここからはオトナの時間です。9話感想

ついにお互いの想いを確認することが出来ましたね!

今回もドキドキの展開でした。

みかんは再び霊と闘うことになってしまうのでしょうか。

次回ここからはオトナの時間です。10話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍