漫画ネタバレ

国民ボタン10話ネタバレ!黒ボタン狩りの被害が拡大

めちゃコミックで配信中の「国民ボタン」のネタバレについてまとめました。

【前回のあらすじ】

ボタンを押した人はボタンが黒く変色することが判明し、黒ボタン狩りが始まりました。

女でも子供でも黒ボタンは容赦なく狩られ、黒ボタン名簿に情報が書き込まれていきました。

国民ボタン10話ネタバレ

4人家族がご飯を食べ終えたとき、父のスマホが鳴りました。

相手は知り合いの古賀からでした。

古賀は父が電話に出るなり、ヤバいぞ!お前んちの情報が黒ボタン名簿に出てる!早く逃げろ!と言います。

そんな彼の言葉に青ざめる父。

その直後、家のインターホンが鳴りました。

玄関のモニターには黒いマスクをつけた黒ボタン狩りの集団が映っていました。

マンションの下には黒ボタン狩りの男たちが、かなり集まってきています。

すると一人の男がしびれを切らして、バットでマンションのガラス扉を叩き割り、強引に中に進入しました。

その瞬間、非常ベルがマンションに鳴り響き、マンション内は騒然とします。

そして黒ボタン狩りの集団は4人家族の家の前にやってきて「開けろよ非国民!いるのは分かってるんだぞ!」と叫びながら、扉を叩きました。

家族は家から出てくる気配がありませんでしたが、鍵が開いていたため、彼らは勝手にドアを開けて、ズカズカと土足で家に入ります。

しかしそこには誰もいませんでした。

黒ボタン狩りの集団は下には逃げられないのでマンションのどこかにいるはずだと考え、しらみつぶしに全ての部屋を探し始めます。

それでも家族はどこにもいなかったため、彼らは屋上に向かいました。

するとそこには黒ボタン狩りのTシャツを着た男たちが6人ほど集まっていました。

彼らも黒ボタン名簿を見て、このマンションに来たようです。

4人家族は?と尋ねると屋上にいた男が「あそこ」と言って、どこかを指します。

彼が指さした場所には、男物の靴と女物の靴、さらに子供の小さな靴2足が屋上の端に並んで置かれていました。

それを見た黒ボタン狩りは「あーあ。自殺するくらいならボタン押すなっての」とつぶやきます。

そして黒ボタン狩りの集団は、マンションから撤収していきました。

 

黒ボタン狩りが撮影した動画はネット上に溢れかえっていました。

国民ボタン対策本部で動画を削除しているものの、次から次にアップされるため、追いつかない状況でした。

黒ボタン狩りの一斉取り締まりが始まりましたが、今度は黒ボタン狩りを狩る輩も出てきているとのこと。

そのため政府は、ついに国民ボタンの期日までインターネットを使用不能にすることを決断しました。

そんな中、梅鉢は一人何かのグラフを見ていました。

すると梅鉢は柳対策本部長に、インターネットを使用不能にすることを待ってもらえないかと頼みます。

どうやら梅鉢は何か考えがあるようです。

 

その後も黒ボタン狩りによる犯行は収まらず、マンションに押し入って一家5人を惨殺するという事件も発生しました。

黒ボタン狩りの動画はどんどん増え、SNSもその動画だらけになりました。

しかし突然ネットに制限がかからなくなり、動画も削除されなくなりました。

期日までは10日となり、国民の半数がボタンを押すまで残りは18%に。

 

そんな中、黒ボタン狩りの集団はワゴンに乗り込み、押下者を見つけるためのパトロールを行っていました。

すると黒ボタン名簿に新しい押下者の情報が書き込まれます。

新しい押下者は60代夫婦二人暮らしの一軒家のようです。

それを見た彼らはすぐに車で一軒家に向かいました。

まだ家の前には誰も来ておらず一番乗りだと喜びながら、車を降りる黒ボタン狩り。

動画サイトに投稿するため、カメラを回し始めます。

そして彼らは家のインターホンを押しました。

しかし誰も出て来ず、家の電気もついていない様子。

黒ボタン狩りの1人は家の裏に回り、窓のカーテンの隙間から部屋の中を覗き込みます。

その窓の下では60代の夫婦が震えながら、息をひそめて隠れていました。

国民ボタン10話感想

インターネットを使用不能にすれば、ここまで被害が拡大するのは防げたと思いますが、梅鉢がインターネットの規制を止めたのはなぜなのでしょうか。

もしかしたら黒ボタン名簿を利用して、黒ボタン狩りの集団を捕まえようという作戦なのではないかと思いましたが、梅鉢が何を考えているのか気になりますね。

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍