漫画ネタバレ

パンメーカーのコムギくん2話ネタバレ!発注してない、その真意は

めちゃコミックで配信中の「パンメーカーのコムギくん」2話のネタバレです。

【前回のあらすじ】

中々担当者とうまくコミュニケーションが取れない営業・コムギ。

売り上げが厳しい所に、かなり無茶を言う大口受注の話が舞い込みます。

なんとか受注を取り付けたいコムギは…!?

パンメーカーのコムギくん1話のネタバレはこちら!

パンメーカーのコムギくん2話ネタバレ

上司に確認を取り、1500斤にするなら受注できると言う事になり、あっさりとそれを了承した米谷。

晴れて売り上げ目標を達成し、コムギにも気合が入ります。

しかし、販売内容を相談しても、あー任せるよ、それでいいよと適当な挙句、ついでにパン棚整理していってよと言う米谷。

注文書のサインさえ面倒くさいと言われてしまいますが、決まりだからときちんと書いてもらい、キャンセルの旨も説明します。

サインと日付を確認し、無事受注が決まって頼まれた売り場の整理をするコムギ。

いつも通りぐちゃぐちゃで汚い売り場、コンテナは丸出しでパンは潰れています。

おまけに菓子パンと総菜パンはごちゃまぜで、メロンパンを買いに来たお客さんもメロンパンが見つけられない状態です。

綺麗に並べ終わり、米谷に報告し、ついで新しいにポップも付けておきました、と言うとポップを掴んでぐしゃぐしゃにする米谷。

あのねえ、勝手にこういうの付けられると困るんだよね、と言われコムギはポップがあった方がお客様の目につきやすいと説明します。

しかしその言葉に、必要があればこっちでやるから、余り勝手な事するならさっきの注文をキャンセルする、と怒る米谷。

コムギはしゅんとなり、すみません…と言いつつ、売り場についても進言します。

あれだとお客様も商品が探しにくいと言うか…例えば菓子パンは菓子パンでまとめたりした方がその…。

あと潰れてるパンも多かったので余り重ね過ぎない方が、とコムギが言うと米谷は怒り、たかが営業が陳列に口出しするなと言われます。

相変わらず嫌な担当だと思いつつ、広い売り場が勿体ない…と考えますが、ひとまず大きい注文を取れたと喜ぶコムギ。

売り上げ目標を余裕でクリアし上機嫌で帰社すると、先輩たちからも大きな注文を取れたことをちやほや褒められます。

浮かれるコムギに何浮かれてるんだ?と呼び出す課長。

特売は値引きをしているんだから注文が取れて当たり前、定番発注を増やすのが営業の仕事、と窘められてしまいます。

長い目で見れば売り上げを作るのは値引きの無い定番発注、しかしコムギは今日もかなり値引きしていました。

定番発注を増やす方法は考えてるのか、と言われオリジナルのポップを作って配ったりしてますと答えるコムギ。

しかし課長からはこんなもので効果があるのか知らんがちゃんと数字で示してくれ、と言われてしまいます。

そして訪れた、スーパーゲキヤスの周年祭当日。

米谷から電話が入ると、注文してないパンが届いた、と言われてしまったコムギ。

発注ミスどころか、そもそもそんなの注文してないと米谷は言い張っていました。

お前ちゃんと確認したのか?と課長はコムギに尋ねますが、前日にも確認の電話を入れ、発注書もきちんと貰っています。

じゃあなんで発注してないって言ってるんだと問い詰められますが、それは解らないと言うコムギ。

しかし課長は日頃から担当者と信頼関係が築けていないからこういうことが起こるんじゃないのか、と返します。

これが無駄になったら売り上げ達成どころか、どうなるかわかるよなと言われ、コムギは冷や汗をかくのでした。

パンメーカーのコムギくん2話感想

ああー、やっぱり米谷は曲者でしたね。

中々のピンチですが、どう切り抜けるのでしょうか?

続きもきになりますね!

パンメーカーのコムギくん3話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍