漫画ネタバレ

この恋は期間限定41話ネタバレ!ようやく決心のついた凛花は・・・

ピッコマ漫画掲載「この恋は期間限定」41話についてネタバレをまとめました。

【前回のあらすじ】

この恋は期間限定40話ネタバレはこちら!

「そんな言葉スラスラと・・・あなた今まで何人の女性と恋愛したの?アメリカでたくさんの女性を泣かせたでしょ」とツッコむ凛花。

潤は、それを言うなら凛花さんだって中々じゃないですかと、飯田監督の例を挙げます。

凛花はあれはあまり気まずくならないようにある程度距離を保ってただけだったんだけど、変に何か言っても言い訳みたいに聞こえるかなと黙っている凛花。

少し余裕なそぶりで、「それは別に技術じゃなくて生まれ持った私の能力よ!」と自慢げに言うと・・・

バッと凛花を抱き寄せる潤。

「その生まれ持った能力で・・・俺のことも落としたんですか?凛花さん」と言って・・・!?

この恋は期間限定41話ネタバレ

凛花に顔を近づける潤。

思わず赤くなりながら顔を背け、口説いてるのはどっちよ!と思いながらドキドキする凛花。

そして、ケイトと瑠璃が潤の前で火花を飛び散らしてたでしょ、ライブ撮影じゃなく花火大会に来たのかと思ったわよと嫌味を言う凛花。

ずいぶんと人気者じゃないとムスッとしながら潤に言うと、

そんな人気自分には不要です、相手するのも面倒なんですよ?と言う潤。

凛花は、その割にケイトがくれたパンもしっかり食べてたし、スイートルームまで予約してあげてたじゃないとヤキモチの止まらない凛花。

それに、潤の助手席にも座らせたし・・・とまだ続ける凛花は、ハッとして自分の口をふさぎます。

そんな凛花を見て、潤はこの際もう正直になるのはどうですか?結婚を全治にっている理由で断るのはやめてと言います。

そして、結婚のことがあるから断ってはいるけど、自分のことはすごく好きってことですよねと言う潤。

凛花は、ダメだ完全に見抜かれてると思い、恥ずかしくて赤くなりながら下を向きます。

「・・・いったでしょ潤くん魅力的だって それも・・・激しすぎるくらいに・・・」そういって、下唇をキュッと噛む凛花を見て

その仕草やめてくださいと言い、凛花の口を指で押さえる潤。

我慢できなくなっちゃうので、と潤が言うと、凛花は「潤くんも・・・そんなこと言うのやめてよ」と言います。

潤「俺がやめると思いますか?」

凛花「・・・どうせやめないんでしょ?」

潤「正解です」

そういうと、バッと凛花の唇を奪う潤。

そして2人はなんどもキスをして・・・

潤が、ベッドに行きますか?と言うとハッとして「そ・・・それはダメッ!!」と潤から離れる凛花。

どうしてですか?と潤が聞くと、私たち、そんな仲じゃないでしょ?と言う凛花。

また断るんですか?もうそんなの通用しませんよ、俺のことが好きだってもう全部バレているのにと潤が言うと、

凛花はビックリして目の前の男性が本当にあの小さくて色白の優等生だった、「弟の友達の可愛い潤くん」なの!?と思います。

こういう時の純は別人みたいでドキドキが止まらなくなる凛花。

付き合うとは言ってないでしょ?付き合ってもない人とは・・・そういうことしないのと潤を見ながら言うと・・・

「凛花さん・・・結婚を前提に付き合いましょう」と言う潤。

凛花が驚いていると、「結婚のこと・・・真剣に考えてみます」といい、付き合いながら少しづつ感が手見るのでいいですか?と続ける潤。

凛花は、驚きながらもにこっとして、

もうごまかし切れないくらい自分は潤のことが好きえ、どうして好きって感情をそのまま素直に受け入れずに色んな言い訳を言ってたんだろう?

5歳も年下だから?

弟の友達だから?

それとも結婚相手としては考えられないから?

本当に一番大事なのは自分の気持ちだったのに・・・

いつか別れることがあっても

そう、心に決心の固まった凛花は

「もういいよ」と言います。

そして、

「結婚のことは気にせずに、普通に付き合おう 何も前提にでもなく 約束もいらない 好きっていう気持ちだけで十分だよ」

ようやく心からそう伝えられた凛花は、笑顔で

今は潤と一緒に過ごせる幸せな時間をあきらめたくないと思い、「私たち付き合おう!」と言うのでした・・・

この恋は期間限定41話ネタバレ感想

ああ、ようやく凛花が素直になりましたね・・・!

次回からはラブラブな2人が見れるのでしょうか?

待ちきれませんね!

この恋は期間限定42話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍