漫画ネタバレ

この凶愛は天災です7話ネタバレ!四凶の更正は前途多難!

令和2年7月21日発売の月刊LaLa9月号「この凶愛は天災です」についてネタバレをまとめました。

この凶愛は天災ですを無料で読む方法は?

今ならまんが王国にて期間限定で「この凶愛は天災です」の1巻を大増量で読むことができます。

この凶愛は天災です

通常価格450ptがなんと大増量で読めるこの機会にぜひ試し読みしてみてください!

また2巻以降も会員登録でもらえる半額クーポンでお得に読むことができますので、ぜひ活用してください!

今すぐまんが王国に登録して
この凶愛は天災ですを読む

【前回のあらすじ】

巻物に吸い込まれてしまった猫美は千年前の世界だと気付きます。

四凶たちが残虐な行いをしているのを目の当たりにして、思わず呆然としてしまいます。

そこに、混沌さんがやってきて猫美に怪我がないか案じます。

混沌さん自身が結界を破るために怪我をしており、猫美はただ酷いだけの悪神だったら良かったのにと思いました。

そして現実の世界に戻ってきた猫美は協力できませんとハッキリ言いました。

この凶愛は天災です6話ネタバレはこちら

この凶愛は天災です7話ネタバレ!四凶の更正は前途多難!

玲々さんに、過去の四凶は確かに恐かったけれど、目の前の混沌さんは傷を負ってまで私を助けてくれたと訴えました。

そんな方を封印したら私が罪悪感に苛まれてしまうじゃないですかと言う猫美に玲々さんは驚きます。

平穏な生活を送るために別の方法で彼らを私から引き離してくださいと言いました。

混沌さんが助けてやったのに結局は自分は一番かと言い出すと、紅さんなど皆が口々に文句を言いだします。

その光景を見ながら、君たちって仲良しなんだねと玲々さんは言いました。

そして四凶の封印が嫌なら君が彼らを更正してよと言い、一緒に暮らして善良になったら封印する理由もなくなるからと笑顔で言いました。

ひとまず期間はもう一つの勾玉が見つかるまでで、生活の支援はするからと言われ、嫌に決まっていると猫美は言い返しました。

力を奪われたらと言うと、さっきみたいに抑え込みなよと言い、奪える力も少しみたいだからと言いました。

まだ文句を言おうとする猫美に玲々さんは君を助けるために破られた絵巻、国宝なんだけどどう弁償するのかなといいました。

結局、猫美は四凶と共に暮らすことになり、用意してもらった服を見て四凶たちは喜んでいました。

橈扤は服を選んで着せてと言い、饕餮は最低五食は作れと言い、窮奇は貴方がどう躾けてくださるのかと興奮していると、混沌がなぜ提案を受けたんだと言い出しました。

破った絵巻のせいだと内心思いながら、できるだけ四凶とは関わり合いたくないと思っていました。

猫美の肩をそっと抱き、四凶が恐ろしいのではないか?絵巻の中で震えていただろうと優しく言いました。

助けに来てくれた混沌さんは何だか少し違うと感じており、よく分からないけど体が動いた理由は分かりませんか?と尋ねました。

勾玉を所持していなかったら見殺しにしただろうなと言う混沌さんの言葉に、猫美は固まってしまいました。

力を寄越せと言いながら、皆で猫美の唇を奪おうと大騒ぎしていると、窮奇さんの服を猫美は脱がせました。

恍惚の表情を浮かべている窮奇を気にせず、全員脱ぎなさいと言いました。

望み通り、役目を務めさせて頂きます。

おじいちゃんの作業着を着せ、皆さんに足りないのは思いやりの精神だと伝えました。

それを養う為に力を合わせて大漁を目指しましょうと言う猫美に、紅さんはこれのどこが世話なんだよと文句を言いました。

終わったらご飯もちゃんと準備するのでと言う猫美に、文句を言った紅さんと混沌さんに釣りなさいと命令しました。

小娘、命令をやめ…と言いかけた混沌さんは猫美の表情が沈んでいることに気付きました。

混沌さんも皆さんも絵巻の中で見た残酷なことを繰り返せば、また封印されるかもしれないのにと考えていました。

自分が四凶を変えるしかないと考えていると、橈扤が流されていきました。

紅さんに助けを求めると、猫美だけ助け、橈扤は蹴り飛ばしてしまいました。

そして混沌にも助けを求めますが、さらに遠くへ飛ばしてしまいます。

そして魚を捕まえ、猫美に構ってもらえるなんて羨ましいといっている窮奇に、橈扤を助けて欲しいと頼みます。

すると、私のことも追いかけてくださいと一緒に流されてしまいました。

猫美はいい加減にしてくださいと怒り、貴方たちには良心のかけらもないんですかと橈扤を拭いていました。

ぼくは平気だよと橈扤は言い、猫美さえ僕を愛してくれるならそれで…と言いました。

愛しませんよと軽く否定し、お名前なんでしたっけ?と尋ねると、猫美のばかぁと走り去っていきました。

混沌がそっと見つめていることに気付き、猫美は視線を外し、彼らは何のためにああも残酷になったのかと考えていました。

橈扤は猫美が愛してくれないならもういいや、力が欲しい時だけ戻ればいいしと呟きました。

木の上から街を見て、あそこへ行ったら僕を愛してくれる人が見つかるかなぁと微笑みました。

 

今ならまんが王国にて期間限定で「この凶愛は天災です」の1巻を大増量で読むことができます。

この凶愛は天災です

通常価格450ptがなんと大増量で読めるこの機会にぜひ試し読みしてみてください!

また2巻以降も会員登録でもらえる半額クーポンでお得に読むことができますので、ぜひ活用してください!

今すぐまんが王国に登録して
この凶愛は天災ですを読む

この凶愛は天災です7話四凶の更正は前途多難!の感想

さてさて、一筋縄ではいかないようですね。

確かに、穏やかそうに見える四凶が残酷になったきっかけはあるのでしょうか?

家出した橈扤の目的も気になりますね!

次回のこの凶愛は天災です8話が掲載される月刊LaLa12月号は10月24日に発売です。

この凶愛は天災です8話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍