漫画ネタバレ

九条の大罪23話のネタバレ!【自殺の心境】その1

2021年6月7日に発売されたビッグコミックスピリッツ27号に掲載された「九条の大罪」23話のあらすじとネタバレを紹介します。

九条の大罪の漫画が無料で読めてしまう方法!

九条の大罪の最新刊2巻が無料で読めてしまう方法!ビッグコミックスピリッツで連載している「九条の大罪」最新刊2巻(5/31発売)を無料で読む方法をまとめました。 九条の大罪を無料で...

大人気長期連載だった「闇金ウシジマくん」の作者である真鍋昌平が、とうとう新作をスタートさせました!そのタイトルは「九条の大罪」。

前作の連載は漫画も人気、映画化もされたウシジマくんで、その内容は現実社会で内容であるような【裏側の闇】を具現化していましたが・・・今回の連載「九条の大罪」は、弁護士が主人公です!

現実に起こりそうな事件を弁護士、九条がどんなふうに解決するのか・・・または、どんなふうに切り抜けるのか。

第1シリーズでは「ひき逃げ事故」をめぐって加害者側から見たストーリーになっていました。

第2シリーズでは「弱者の人生」を描き、衝撃のラストを迎え、第3シリーズでは「家族と介護施設」に巡っての在り方を描いていました。

そしてとうとう、そんな【法の裏側】を描いた漫画、「九条の大罪」の最新シリーズが始まります!

今回は「九条の大罪」23話のあらすじとネタバレを紹介します。

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\月額ポイント全額返還あり/
半額クーポンもらえる

コミックシーモアで漫画を読む

前回の九条の大罪のあらすじは?

前回は、第3シリーズである「家族との距離」シリーズの最終回でした。

ある劣悪な介護施設とは知らずに、認知症になってしまった父親をその介護施設に預けた家守さん。

父親が亡くなり、遺書を偽造した介護施設の経営者である菅原と顧問弁護士である山城弁護士相手に、遺産をすべてとられてしまったのです。

そこで九条弁護士の顧客である壬生(みぶ)から紹介をうけ、家守さんは遺産を返還要求の裁判を起こすことになりましたが・・・。

裁判をする前に、壬生や九条弁護士の作戦によって、遺産は全額返還されることになったのでした!

しかしこの作戦がかなり用意周到であり、戦う両側の人間の心の闇やが見え隠れしていました。

そして解決した家守さんはスッキリとした表情で、弟と携帯電話で会話をしています。

「九条弁護士は有能だ」

そんな会話をしながら、姉である家守さんと弟との会話は続きます。

その会話から、家守さんの亡くなった父親は、母親と離婚していたこと。

長女である家守さんが父親の面倒を1人で見て、母親は弟を連れて出て行った・・・ということでした。

弟は結婚をし、その妻から「生前贈与の分のお金を分けてほしい」と、遺族同士でももめていた家守さん。

遺産の全額の返還があり、家守さんはほかの遺族にも生前分与のお金を分けることにしました。

帰ってきた遺産は約4億円。

九条弁護士へ渡すお金は4000万円が相場ですが、九条弁護士の意向からその金額も半額でいいということになったようだったのです。

そして最後の領収書を受け取るために家守さんは、九条弁護士のもとに向かいました。

最後の会話をする九条弁護士と家守さんでしたが、ここで意外なラストを迎えることになります。

そして今まで孤独に戦っていた九条弁護士にも家族ができることになる、前回の「家族との距離」シリーズの完結でした。

九条の大罪22話のあらすじはこちら

九条の大罪23話のネタバレ

廃屋のような手入れができていない家が今回の舞台のようです。

その室内も、ゴミ屋敷のようで片付けが全くできておらず、食べ残しや調理器具、さまざまなゴミがまき散らされた様子でした。

そんな汚い中で、1人の中年男性がため息をつきます。

整理されていない乱雑におかれた郵便物の向こう側には、家族の写真がありました。

ロープを首にかけて、うつろな表情をする男性は、いったい何をするつもりなのか・・・。

後日、その家の前には九条弁護士のもとにいるイソベンである烏丸(からすま)と顧客である壬生(みぶ)が立っていました。

壬生は自動車整備工場の社長をしていますが、こんな1件屋にどんな用事があるのでしょうか?

壬生の話では、この家に恋人からもらった指輪を忘れてきた・・・ということでした。

なんでも幽霊が怖いので、信じなさそうな烏丸先生に指輪をとってきてもらいたい・・・と、壬生は言うのです。

お礼に高価なスイーツをごちそうする!という取引で、か甘いもの好きの烏丸は指輪探しを手伝うことにしたようでした。

そこに家の鍵を持ってきた九条弁護士が現れます。

3人であの中年男性が住んでいた家に入り込みましたが、壬生の最初の話から「幽霊」というワードが出てきたので、違和感満載の指輪探しが始まるのです。

烏丸が不思議に思い九条弁護士にこの家の事情を聞きました。

この家は、植田篤彦(うえたあつひこ)という男性が自殺した物件だったのです!

なんでも植田さんは金融会社から借金が風かさみ、壬生の助けで家を買い取り、賃貸にして植田さんに貸していたのでした。

しかしその家賃も滞納してしまい、植田さんは家を立ち退くことになったのですが・・・。

結局、窓を割って不法侵入した形になり、そのまま植田さんは自殺をした・・・という流れのようでした。

部屋には車いすがあり、もういない家族の誰かを看護していた形跡がありました。

その部屋に残っているものの形跡から、烏丸が「奥さんが亡くなったのか・・・」と、推理。

そのほかにも、壁にかかっている競輪のカレンダーから」借金の原因が分かったようでした。

無宗教の国は自殺者が多い・・・という情報を語りながら、烏丸は植田さんがなぜ自殺したのかを予想しましたが・・・。

わざわざ自殺するために帰ってきて、家の値段が下がる、と壬生はぶつぶつ言っていました。

そう言いながら、自分のなくした棒かな指輪を散乱するゴミの中から見つけ出した壬生。

次回は植田さんの過去が暴かれるようです。

九条の大罪の漫画が無料で読めてしまう方法!

九条の大罪の最新刊2巻が無料で読めてしまう方法!ビッグコミックスピリッツで連載している「九条の大罪」最新刊2巻(5/31発売)を無料で読む方法をまとめました。 九条の大罪を無料で...

九条の大罪23話の感想

今回から始まった「自殺の心境」シリーズ。

今のコロナの流行がおさまらない日本の状況にも、リンクするようなテーマになっていますよね。

自動車工場の社長である壬生が、なぜこの自殺物件に用事があるのかが謎でしたが、借金苦を救うために協力していたことがわかりました。

前回のシリーズでも、悪徳介護施設の経営者である菅原から、新しく買ったビルを安い値で買い取ったり、と不動産業にも壬生は手を出していたんですね!

今回は自殺がテーマということですが、九条弁護士は今回の問題にどうかかわってくるのでしょうか?

次回の九条の大罪も楽しみです!

次回の「九条の大罪」は2021年6月21日似発売されるビックコミックスピリッツ29号に掲載される予定です。

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\1万7000冊以上まるごと無料!/

初回登録50%OFFクーポンで有料作品も
半額
で読めます!

bookliveで半額で漫画を読む

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍