漫画ネタバレ

九龍ジェネリックロマンス22話ネタバレ!お面の男の正体が判明!

2020年7月2日発売の週刊ヤングジャンプ31号掲載の「九龍ジェネリックロマンス」についてネタバレをまとめました。

九龍ジェネリックロマンス最新話を無料で読む方法は?

九龍ジェネリックロマンス最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、九龍ジェネリックロマンス最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
九龍ジェネリックロマンス最新話を読む

【前回のあらすじ】

小黒(しゃおへい)の家探しを担当した鯨井ですが、彼女の要望を満たす部屋はどれも拒否されてしまいます。

こまりはてた鯨井に助け舟を出してくれたのは工藤でした。

彼が選んだ部屋は小黒(しゃおへい)の要望を満たさない狭いアパートの一室でしたが、収納の多いその部屋を気に入った小黒(しゃおへい)。

そのアパートの下にはびっしりと生えた向日葵があり、それを見た工藤の表情はかたいものでした・・・

九龍ジェネリックロマンス21話ネタバレはこちら!

九龍ジェネリックロマンス22話のネタバレ

いつもの場所で麻雀をしているおじいさんたち。

見慣れない男が座って自分たちをみてくるため、ヒソヒソと小さな声で話し合っています。

「あいつはだれじゃ?みない顔じゃ」

「妙なお面をつけてからに・・・」

「不気味じゃ」

おじいさんたちをみていたのは、ジェネテラちゃんのお面をつけた長髪の男です。

彼はぴくりとも動かずにおじいさんたちを眺めている様子・・・

そんなお面の男に1人のおじいさんが近寄って行きました。

彼は持参している大量の茹で卵を彼に差し出し、くうか?好きなだけとっていいぞと笑顔で話しかけます。

そんなおじいさんに対し、お面の男は少しだけ考えたあとに茹で卵を3つとりました。

そして、食べるでもなくいきなりそのたまごをジャグリングのボールのように投げ出したのです!

その素晴らしい手技におじいさん一同はおおー!と感嘆の声をあげるのでした・・・

場所はかわり、九龍の迷路のような道を工藤がずんずんと突き進んでいます。

何かを探しているのか迷わず歩き続けている工藤でしたが、目的の場所まで行こうとすると目の前には「禁止入内」とかかれた板壁がありました。

その壁をみた工藤は後ろ頭をかいて少し考えを巡らせ・・・

不機嫌そうな顔になって帰っていくのでした。

一方、九龍の商店街に鯨井はいます。

彼女はフルーツジュース屋に立ち寄ると、スイカジュースを頼みました。

20HK $(ホンコンドル)といわれた鯨井はお金を支払おうと財布をあけますが、うっかり小銭を床に落としてしまいます。

拾おうとした先には、あやしいお面をつけた男がいました。

男は鯨井がおとしたコインを拾うと、コインをじっとみつめています・・・

あまりの異様な光景にギョッとした鯨井でしたが、すぐにお金を返してもらおうと「ありがとうございます!」と男に話しかけました。

すると、お面の男は拾ったコインをゆびのうえで器用にクルクルと回します。

そして手品のような動きでコインをつまみあげたお面の男は、きつねのような形をした手でコインをつかんで鯨井にさしだしました。

今度は笑顔でありがとうございます、とお礼を言いコインを返してもらえると思った鯨井でしたが、男はうなずくばかりでコインを離しません・・・

「あの・・・」

思わずそう鯨井が問いかけると、男はようやくコインを手放すとうやうやしくお辞儀をして去っていったのでした。

鯨井と別れたお面の男は、あの金魚が窓に泳いでいた喫茶店へと向かいます。

彼はカウンターにいる店員に「タオ・グエンって男知ってる?」と尋ねました。

それを聞かれた店員はよく知らないという反応を返します・・・

そんな彼に、お面の男はスマホを使って写真を見せました。

スマートフォンの画面にうつっていた男は、かつて鯨井と工藤が喫茶店に来たときに親しげに話してくれたあの店員です。

「ここで働いてたと思うんだけど」

そう言われた店員ですが、彼は「前任のことは何も知らないんです」と答えました。

それを聞いたお面の男は納得したのか帰っていったのでした。

一方、工藤はあのあと九龍の住民に、ある男について聞き込みを行なっています。

「グエン!金魚茶館の!あの店におろしてただろ?」

工藤にそう聞かれた卸問屋の男は、グエンについては何も知らないようでした。

店をやめたことは知っていたようですが、それ以外はよくわからないといいます。

困った表情の工藤に男は「あんた不動産屋なんだからグエンの隣人にでも話を聞いたらどうだ」というのですが・・・

「それが、あいつの部屋まで辿り着けなくて・・・」

この辺区画整理でもしたか?と尋ねる工藤に男はなんだそりゃ、と笑って見せました。

九龍にいるやつなんてみんな訳ありなのだから、急に消えたっておかしくはないといわれた工藤。

彼はグエンを探して九龍を歩き回りながら、部屋へと続くはずの通路をふさぐ木の板を睨みつけるのでした・・・

その頃、お面の男はなんと蛇沼のそばで和やかに話しています。

「驚いたよ、確かに彼女だった」

そういうお面の男に蛇沼は嬉しそうに微笑みました。

「それで君の見解は?」

そう聞かれたお面の男は答えます。

「少し違和感はあるけど、色も匂いも感触もほぼ同じだね」

「例の店へは行ったんですか?」

蛇沼の問いかけに、お面の男はいったよ、といいました。

ただ、2週間前までしかそのお店では働いておらず、今は行方不明であると彼は語ります。

お面の男は、もっとみて回りたかったけどあまり悪目立ちしてもよくないから・・・蛇沼に伝えました。

それをきいた蛇沼は、すでにそのジェネテラちゃんのお面のせいで目立っている気がしないでもないと考えつつも、つけたままでいてくださいといいます。

蛇沼は席をたつとお面の男の膝に腰掛けました。

「迷信であるでしょう、ドッペルゲンガーにあうと命をおとすって」

そういって蛇沼がはずしたお面の下には、グエンとうりふたつの顔をした男がいたのです!

蛇沼はそのお面の男を”グエン”と呼んだのでした・・・

 

九龍ジェネリックロマンス最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、九龍ジェネリックロマンス最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
九龍ジェネリックロマンス最新話を読む

九龍ジェネリックロマンス22話の感想

グエン!お面の男の顔がグエンとそっくりです!

だんだんと核心へとせまってきた九龍ジェネリックロマンス・・・

鯨井の記憶の謎、工藤のしる昔の鯨井、そして新たにでてきたグエンの瓜二つの別のグエン・・・

紐解かれていく謎が楽しみです!

次回の九龍ジェネリックロマンスは単行本作業のため2号休載となります。

23話が掲載される週間ヤングジャンプ合併号33・34号は7月16日の発売です!

九龍ジェネリックロマンス23話ネタバレはこちら!

まんが王国で無料キャンペーン実施中!

まんが王国で人気作品が無料で読めるお得過ぎるキャンペーンを実施中です!

この機会に絶対無料登録!期間限定のお得情報はこちらから↓
まんが王国