漫画ネタバレ

九龍ジェネリックロマンス54話ネタバレ!九龍で再現された死人

2021年11月11日発売の週刊ヤングジャンプ50号掲載の「九龍ジェネリックロマンス」についてネタバレをまとめました。

九龍ジェネリックロマンスを無料で読む方法を徹底調査!

九龍ジェネリックロマンス最新刊6巻を無料で読む方法を徹底調査!週刊ヤングジャンプで連載中の「九龍ジェネリックロマンス」を無料で読む方法をまとめました。 九龍ジェネリックロマンスを無料で読むなら...

[前回のあらすじ]

蛇沼は汪先生を探しています。

聞いた住所に向かうも、そこにあるのは電話のみで汪先生はいません。

その時立ちくらみのようにフラつき、倒れてしまいます。

倒れた蛇沼を助けてくれたのはショーダンスのクラブのお姐さんです。

ゆっくりしていくようにと言われ、ソファに横になります。

その時鯨井が爆破の影響はないかと訪ねてきて、蛇沼と目が合います。

九龍ジェネリックロマンス53話ネタバレはこちら

九龍ジェネリックロマンス54話ネタバレ

鯨井が汪先生の診療所を訪れます。

今月から忙しくなり、診療所に来られないからその分の薬が欲しいと言う鯨井に先生は薬をだそうか、悩んでいます。

ふむと悩む先生に鯨井はお願い〜と掌を合わせます。

先生は九龍の取り壊しが決まったから、鯨井も忙しいだろうと言います。

当然、住人たちの移転手続きは忙しいですし早めに取り掛からないと間に合いません。

先生はまだ来て1年の工藤が災難だと言い、元気にしているか訪ねます。

工藤は丈夫なので、元気にしてると笑顔でケラケラと答えます。

その様子を見た先生は工藤が来てから鯨井は楽しそうだと思います。

そのついでに、長年付き合っているこの薬が不要になればいいと思いますが、鯨井は難しいと薬を辞める気はないようです。

先生はブツブツ言いながらも、結局鯨井に根負けし薬を処方してくれました。

病院の後、鯨井は広場でおじさんたちと麻雀を楽しんでいます。

ツモと声を上げると、周りからやっぱりかぁ、かなわないなぁと悔しそうな声が上がります。

すると、後ろから緑一色じゃねーかと工藤が麻雀牌を覗いてきます。

鯨井は嬉しそうに今年は初めて出したお言いますが、そうそう出せるものじゃないため工藤は少し引いています。

この鯨井の緑一色はこの麻雀会の名物のようなもので、工藤が初めて来た日にも出していました。

鯨井は自分のことを引きが強いと言います。

麻雀の帰り道で移転作業が進んでいる?半分以上ゴネててなかなか進まないと仕事の話をします。

その時鯨井のスカートのポケットから先ほど汪先生に出してもらった処方箋がヒラリと落ちました。

どこか悪いのかと聞くと、サラリと不眠症だと答えます。

毎晩導入剤を飲むほどの症状に工藤はまじかよと驚きます。

工藤が今まで知らなかったのは、工藤が寝たあとに薬を飲んでいたからです。

工藤はうーんと考え、薬なんて飲まなくても寝られるよう毎日クタクタになるまで楽しませてやると胸を叩きます。

鯨井はえー、薬飲めば寝れるからいいよと言いますがどこか嬉しそうです。

そして、工藤に今でも充分楽しいことを伝えます。

それでももっと楽しくすると胸を張っている工藤にツモと笑顔を向けます。

香港某所で三編みの男ユウロンは鯨井の情報を眺めていました。

本家は死亡…あの九龍には鯨井以外にも死んだ人間を再現しているのだろうかと呟きます。

いそうだけれども、九龍にちゃんと死亡届を出すような人はあまりいません。

汪先生のところでカルテを見せてもらえば…と呟き、急ぎ診療所へと向かいます。

診療所に着くと、先生はちょうどお昼で席を外していました。

ユウロンは先生がいないのをいいことに失礼するでぇと受付の静止も聞かずに診療所の中に入っていきます。

そして、最初からこうすれば良かったのだとカルテが入っているであろう棚を針金を使って開けます。

開けるとそこには大量の九龍のカルテが。

これだけあれば死んでいる人もみつかるはずです。

目ぼしいものを見つけたその時、何をしていると汪先生が帰ってきました。

どうやら外でご飯を食べずにテイクアウトして帰ってきたようです。

ユウロンに何をしているだ、悪ガキと聞くと、ビビリながら九龍のカルテをちょっとと答えます。

先生はため息を1つついて、自分は協力しないと念を押します。

ユウロンも分かっていると言うながら、見つけたカルテが気になってしまいます。

おずおずと先生にそのカルテを差し出すと、先生は息を呑みます。

そのカルテは鯨井のものでした。

ユウロンはこの前話した九龍にいる死んだ人は鯨井のことだと言い、先生は驚きます。

ユウロンは鯨井のことを蛇沼づてに亡くなっていることは知っていたので、参考資料として注目していました。

死因も何となく聞いているけど、先生が鯨井を看取ったのだと聞かれた先生は思い口を開きます。

先生は看取ることすら出来なかったと言います。

なぜなら、鯨井は先生が診たときにはもう自死で亡くなっていたのです。

修復作業を行っている工藤は皆に休憩の声掛けをし、タバコを吸いに行きます。

タバコに火をつけ、煙を吐き出しを繰り返しているうちにポケットに入っていた麻雀牌がポロッと落ちてきます。

麻雀牌を拾い、鯨井の顔を思い浮かべながらいっそイカサマなら良かったのにと呟きます。
九龍ジェネリックロマンスを無料で読む方法を徹底調査!

九龍ジェネリックロマンス最新刊6巻を無料で読む方法を徹底調査!週刊ヤングジャンプで連載中の「九龍ジェネリックロマンス」を無料で読む方法をまとめました。 九龍ジェネリックロマンスを無料で読むなら...

九龍ジェネリックロマンス54話感想

鯨井の死因は自死だったのですね。

過去に工藤と何かあったのでしょうか?

だから最後にイカサマなら良かったのにと呟いたのかなと思いました。

九龍ジェネリックロマンス55話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍