漫画ネタバレ

吸血鬼すぐ死ぬ214話ネタバレ!人気投票第4位のスピンオフ回!

2020年7月9日発売のチャンピオン32号掲載の「吸血鬼すぐ死ぬ」についてネタバレをまとめました。

吸血鬼すぐ死ぬ最新話を無料で読む方法は?

吸血鬼すぐ死ぬ最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、吸血鬼すぐ死ぬ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
吸血鬼すぐ死ぬ最新話を読む

【前回のあらすじ】

人気投票1位はドラルクでした。

さて、第4位の人物メインのスピンオフ回をやるという公約を掲げていたこの人気投票でしたが……。

なんと第4位は、作者の盆ノ木至だったのです。

吸血鬼すぐ死ぬ213話のネタバレはこちら

吸血鬼すぐ死ぬ214話のネタバレ

作者の盆ノ木至が、最悪だと呟きながら立っています。

羽虫と書かれた白Tシャツを着ており、短髪の黒髪です。

顔のパーツは、両目が「へ」で鼻が「分」で口が「皿」になっており、鼻と口を合わせると盆ノ木至の「盆」になります。

しかし次のコマでは人間の形をとっておらず、スライム状になりました。

描くことがなにもなく、ネーム作りが難航したと言いましたが、そもそもネームが難航しなかった回はないそうです。

 

担当のTさんは、打ち合わせの電話で、作者の日常を描いたらどうかと勧めてきたそうです。

しかし、何が悲しくて読者は引きこもり虚弱オタクの根暗の日常を読まなくてはいけないのかとスライムは言います。

作者・盆ノ木至の日常はもちろん作画です。

作業机は窓に面しており、作業用PCの奥には水玉模様のカーテンがあります。

PCでユーチューブを見る時に、ユーチューブ広告に対して喋ったり、カーテンにカテ次郎と名づけて会話したりしています。

または、部屋に蛾が入って来た時、コードレス掃除機を抱えて大暴れした程度です。

ダダダダと足音をたてて分裂した作者が、空中に浮遊している我を追いかけています。

 

次にT氏は、盆ノ木流マンガの描き方回をやればいいのではと勧めてきました。

しかし、大作家先生ならともかく、作者がそんなものを描いたら痛くて寒くてウ〇コだと盆ノ木至は思います。

まぁとりあえずマンガの描き方を描いてみました。

スライム状の作者が、ペンタブの上に乗ってペンタブ用ペンを持ち、反対側にはスマフォを持っています。

担当が電話で「ネームどうですか」と聞いても、作者はペンタブに向かいながらまだですと言います。

また電話がかかってきます。

まだですといいます。

また電話がかかっ(略です。

熱が出たといいます。

ネームはと聞かれると、まだと言います。

また電話(略です。

俺はウンコだと言います。

頑張って下さいと言われます。

こうしてやっと作画にたどりついたとき、電話がかかってきます。

熱が出たと言います。

やばいですねと言われ、やばいですと答えます。

そして締め切り寸前には修羅場となります。

間に合わないと叫びながら、スライム液を飛び散らせて作画します。

アシスタントさんが叱咤激励してくれます。

こうして、ほぼアシスタントさんのおかげで、締め切りギリギリに原稿が完成するのを繰り返しているのです。

最後に誰も幸せにならないと作者は呟きます。

 

すると担当が今度は、作者が「吸血鬼すぐ死ぬ」の世界に行くという話を描いたらどうかと勧めてきました。

しかし、どう描いても絶望的に痛くなるのでやめたそうです。

こうして結局担当からの提案はすべて却下し、描くことがなくなってしまいました。

 

なので今回は、作者のなけなしの経験から、肛門科に行くルポタージュ漫画となりました。

 

事件は仕事場の現場トイレで起きました。

ゼラチンと書かれたTシャツを着ている盆ノ木至は、トイレで用を済ませました。

立ち上がって便器内部をのぞきこむと、出血で真っ赤に染まっています。

作者は思わず写真を撮りました。

その時は驚きましたが、特に痛みが無かったため、机に座って作業を続けました。

ところが翌日、血が出たことを知った当時の担当Kさんから電話がかかってきました。

Kさんは肛門科に行けと電話口で怒鳴ります。

痛いわけではないと言う作者に、担当Kはなおも怒鳴ります。

痔は放っておいたらダメなのです。

放っておくと最悪の場合「痔ろう」に進化するのだそうです。

K氏は力説します。

肛門の中に炎症が起きて膿が溜まると、悪化して肛門の穴が増えるらしいのです。

その治療方法まで聞いて、作者は震えあがりました。

電話後、作者は肛門科に行く決意をかためます。

 

なんとなく気恥ずかしく、作者は家から遠い病院を選びました。

そのため、予約当日に道に迷ってしまいます。

スマホのナビでたどり着いたのはラーメン屋でした。

ラーメンの暖簾に、家系味玉の看板が立てかけられています。

一瞬、ラーメン屋っぽい肛門科なのかと戸惑う作者でしたが、本物の病院はラーメン屋の裏手の路地にありました。

病院内は清潔で落ち着いた雰囲気です。

頭が薄くて四角いメガネをかけたヒゲの医者が診察してくれました。

お尻をリラックスしてくださいと言われても、作者はどこをどうしたらリラックスするのか分かりません。

とりあえず必死にお花畑をイメージしました。

そして突然入れられる指……。

絶望して死にゆく老人のようなか細いうめき声を出して、触診が終わりました。

いつの間にか撮られていた肛門内部の写真を見ながら、先生が説明していきます。

診断の結果は、軽い切れ痔で心配ないとのことでした。

更に長々と説明を受け、その日は軟膏を処方されて終わりました。

先端が細長いチューブ状の軟膏で、肛門に直接挿入するタイプのものです。

使い捨ての手袋を使い、独特の臭いがする軟膏を塗ったそうです。

色々あって痔は治りました。

 

今回はルポタージュという形をとりましたが、元々は別の構想があったそうです。

上記の体験を「吸血鬼すぐ死ぬに」に活かそうという構想です。

盆ノ木至からロナルド・ヂニナール構想をきいた担当Tさんは、はっきりと

「やめましょう」

と言いました。

やめてよかったそうです。

完。

 

吸血鬼すぐ死ぬ最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、吸血鬼すぐ死ぬ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
吸血鬼すぐ死ぬ最新話を読む

吸血鬼すぐ死ぬ214話の感想

今回は制作の裏話なども垣間見れて、普段とは別の面白さがありました。

次回も楽しみです。

次回の吸血鬼すぐ死ぬが掲載されるチャンピオン33号は7月16日発売です。

吸血鬼すぐ死ぬ215話のネタバレはこちら

まんが王国で無料キャンペーン実施中!

まんが王国で人気作品が無料で読めるお得過ぎるキャンペーンを実施中です!

この機会に絶対無料登録!期間限定のお得情報はこちらから↓
まんが王国